デジタル一眼レフ

Canon

EOS 70D

レビュー

キタムラでは「EOS kiss x6iとの違いを実感してから購入した方が良いです」と言われ、レンズもあると言うことで、24mmをEOS kiss x6iとEOS 70D両方に付けて、接写を繰り返しました。

さらに、「どんなカメラでも5000円で下取り」+「EOS kiss x6iを高額下取り」で、かなり金額が下がり、さらに「20回払いまで金利手数料無料」という、AppleStoreよりもナイスな分割払いが可能と言うことで、即決してきました。

「赤いラインが入った高級レンズ」ということで、通称「赤レンズ」と呼ばれるコイツは、レンズだけで10万を超える(笑)。

EOS 70Dを持ち歩くためのカメラバッグ「とれるカメラバッグ」もサンプル提供いただき、レビューさせていただきました。

- 【レビュー】EOS 70Dは素人でも素敵な写真が撮れるブロガーにオススメのナイスカメラだ! | 部長ナビのページ

一部、操作ボタンが増えてレイアウトが変更されているが、背面に搭載された3型バリアングル液晶モニターやマルチコントローラーを中心に操作ボタンが配置されているデザインは一緒だ(「EOS 70D」を「EOS 60D」と写真で見比べる)。

バリアングル液晶モニターがあることからボタンの配置が異なっており、7Dは再生やメニューボタンが液晶モニターの左側に配置してあるので、両手を使って操作する感覚なのだが、70Dは右手のみで操作するといった具合だ。

また、画像の選択やメニュー項目選びで使うマルチコントローラーとサブ電子ダイヤルが70Dは同じ位置にあるのに対し、7Dは独立した場所に配置されているので、ある程度の慣れが必要だ。

でも、7Dの光学ファインダーと同程度のものを求めるとなると厳しいと言えよう。

- 「EOS 70D」をEOS 7Dユーザ目線で評価する (1/5) - ITmedia デジカメプラス

「そろそろ新しいカメラが欲しい」という気持ちと「新しいミドルクラスのカメラがCanonから発売されるらしい」という情報だけで今回購入に至った訳である。

デュアルピクセルCMOS(DPC)センサーを搭載していることによって、動画撮影時は滑らかに被写体を追うことができる。

これは実際に使ってみると本当に感動的で、「あれ?一眼レフ買ったんだっけ?高性能ビデオカメラ買ったんだっけ?」と思うほど高速でピントを合わせてくれる。

Canon公式の動画を見るとどれほどピント合わせが早いかが一目瞭然なので、こちらも是非どうぞ!これは本当に、本当にすごい。

- 「Canon EOS 70D」を買った後に読んだ、買う前に読むべき記事10選 | gori.me(ゴリミー)

こうした反射面の多い被写体ではピントピークを掴むのに苦労するものですが、新搭載の『デュアルピクセルAF』のお陰か、意図したポイントにピントを持っていくにも実にスムーズ。

この特性は大口径の望遠レンズなどではより顕著に発揮されるポイントでしょう!暗所でのピント合わせも想像以上にしっかり止まり、迷わないのはさすがのものです。

また、こうした被写体ではファインダー内での電子水準器の表示がとても便利。

2ヒンジで自由度の高い液晶は、想像以上に使い勝手の良いものです。

- マップカメラ | KASYAPA | 147:新機能を詰め込んだ新世代EOS『CANON EOS 70D』 | Canon

それは確かにそうなのですが、デュアルピクセルCMOS AFは60Dからの進化という限定された狭い世界のことよりも、デジカメ全体を大きく底上げする機能と言えるほどの性能を持っています。

一眼レフのキヤノンが液晶モニターでの撮影を重視して、そのためのデュアルピクセルCMOS AFを大きく宣伝しているのは、光学ファインダーでの撮影の物理的限界をあらわしている事例でもあります。

APS-Cサイズ以上の大型撮像素子の機種を使う意味はクリアな画像が得られることが大きな魅力なので、そのレベルで行けば、70DのISO6400のノイズが気になります。

ソニーの一眼のαシリーズはEVFでも背面液晶のライブビューでも、70Dのライブビューより安心のバッテリー撮影枚数です。

- キヤノン EOS 70D レビュー 比較と評価 | デジカメレポート

レンズはキットレンズ2本と「蒔き餌レンズ」と評判の高い単焦点レンズと、私の写真の主となる風景がの為に超広角レンズを2本追加して4本となっております。

また、追加した2本のレンズはスノーフィルターとソフトフィルターを購入しました。

媒体への書き込み速度など単純にハード性能に起因していたり、販売時期の違いによる技術の進歩など「一眼レフだから」と言う理由では無い部分もありますが、メーカーサイドの「一眼レフ」の品質に対してのプライドも感じます。

これもLUMIX GF3(ミラーレス機) との比較になるのですが、小型化、軽量化が命題のミラーレス機は操作系もタッチパネルが主となっており、思った設定画面にたどり着くまでも結構なストレスになったりします。

- Canon EOS 70D購入から1か月経った感想

高感度(目安ISO1000以上)で撮影する場合は、画質に差が出てきます。

室内や暗い場所で高感度撮影を行った場合、EOS 70Dの方がノイズが目立つと思います。

運動会やスポーツイベントなど、動く被写体を撮影する機会が多い場合は、EOS 7D MarkⅡの65点フォーカスは魅力的です。

また、価格の面でもEOS 7D MarkⅡよりリーズナブルなので、趣味として写真を撮るのであれば、EOS 70Dでも画質に関しては十分満足できます。

- EOS 7D MarkⅡとEOS 70Dを6項目で比較

デュアルピクセルCMOS AFによる快適なAFに加えて、タッチセンサーとバリアングル液晶モニターを活用することで、撮影環境が大幅に向上。

今回のレンズレビューは、ほぼライブビュー+AFによるもの。

タッチ操作により複数の場所にピントを合わせて連続的に撮影したが、画面のほぼ中央に合わせたものが、もっとも被写界深度が有効に機能していた。

ライブビューなら100%の視野率で撮影ができるため画面の隅々まで見渡せ、広角レンズ特有の画角を活用できる。

- AT-X 12-28 PRO DX × EOS 70D で楽しむ “カメ高秘伝” 広角ズームライブビュー撮影術

このEOS 70Dの最大の特徴は、動画撮影時の連続オートフォーカスをスムーズに行える点。

でも、この70Dではセンサー上に位相差検出用画素を組み込むことにより、高速で連続フォーカスすることが可能になっています。

一眼レフカメラの場合、背景をぼかした印象的な動画を撮影できたり、レンズを交換して違った見え方の動画を撮影できたりしますが、オートフォーカス機能が弱点でした。

また7コマ/秒という高速連写が可能なので、動きの早い被写体を撮影するときに重宝すると思います。

- キヤノンEOS 70Dレビュー/デジタル一眼レフカメラ比較購入ガイド

70Dは19点AFだったのですが、ファインダーの中央にフォーカス部分が密集していているため、ど真ん中で捉えないとピントが合わせづらかったです。

しかし、80Dでは、45点AFとなりファインダーの広い範囲にフォーカス部分がちらばったため、速い動きの被写体にもピントが合わせやすくなりました。

45点AF+連写を使えば、カメラスキルの乏しい僕でも、空中ブランコの速い動きを捉えることはできました。

近日中にシャッター音の比較動画をアップできればと思います。

- Canon EOS 70Dから80Dに両方使って気付いた4つの進化 | ひなたぼっこ

ボタン・スイッチ類 ジョグダイヤルが2つ付いていて、露出補正とシャッター速度or絞り値をそれぞれに割り当てられるので、スムーズに数値を合わせて撮影に臨むことが可能だ。

他の機種で同じシチュエーションを試したことがないので、60Dの問題なのか一眼レフカメラの問題なのかは定かではない。

携帯の液晶はそんなことはないので、カメラも最新機種であれば改善されているのかも。

写真の写り具合 カメラ歴一年半の私からすると十分な写り具合だと思うし、メイン用途がWEBでの公開であるため、画素数・解像度的にもなんら問題はない。

- 中古で購入したカメラ EOS 60Dの使い心地レビュー | EASY REVIEW

以前、EOS M3の記事の際にも言及したが、デュアルピクセルが素子一つ一つで位相差AFも兼用しているのに対し、ハイブリッドAFは位相差AF用の素子が点在して存在する。

明るいレンズであるが故に晴天時に開放でボケを狙おうとすると、光量が多すぎて1/4000じゃ全然スピードが足らん!ハイキーになってしまう…って事もある。

連続して撮影出来る枚数はJPEG(L)だと8000Dはの方が多いが、瞬間的に枚数を稼ぎたい場合は70Dに分がある。

70Dがファインダー使用の場合2倍撮影出来る。

- Canon EOS 8000D かEOS 70D のどちらを選ぶか?スペックから考える | とるなら~写真道楽道中記~

動物と同じく2つの場所からピントを判断することにより、奥行きを一瞬で判断してピントを合わせられる位相差AFの採用により、この機能が可能となりました。

また、本体重量が675gと軽いので大型のプロフェッショナル一眼レフカメラを持っている人の普段使い用にも、満足できる十分な性能を持っています。

NikonD7100のAF測距点51点や1.3倍クロップ機能に惹かれて、しばらく使用しましたが…はじめに手にしたカメラがCanonだった事もあってか、操作性や写りに馴染めず、再びCanonに戻って来ました(笑)バリアングル液晶は、やはり便利です。

」「絞り値やシャッタースピード等は、頑張って勉強する」「youtubeや価格ドットコムなどで一眼レフカメラの情報ばっかり見てる」「カメラ見てるだけで良い!!」そんな貴方は、7Dを買うべきです。

- 【撮った写真で比較レビュー】CanonEOS 70D VS Canon EOS 7Dのレビュー | 一眼レフカメラ比較レビューサイト-Pict Fact-

別にF値の低い明るいレンズではなく、普通のキットレンズでもとろっとろのボケ写真が撮れるんです。

EOS70Dのキットレンズでも、手のひらサイズの商品紹介なら十分大きく写せますが、USBメモリーくらいのサイズの商品紹介では厳しくなってきます。

例えば、上の写真はUSBメモリーをEOS70Dで出来るだけ大きく撮影した写真で、これ以上近くに寄ると、ピントが合わなくなります。

片手持ちでも、ファイダーで覗きながら撮影すれば2点で支えられるので安定して撮影することはできるんですが、手がプルプル震えるほど重い。

- 【売却】EOS 70D 物撮りカメラとして良かった所・イマイチだった所 | ネタンク

今回は僕が使用しているCanon EOS 70D用に外でバッテリー充電をするためのUSB充電器と追加バッテリーを買ってみた。

それぞれ単体販売もしてるようなのでセットと言っても各商品をテーピングしている。

もちろんバッテリーは純正の充電器でも使うことができるし、カメラ側のバッテリー情報の表記もしっかりと表示されます。

あっそうそう、最初に注文したバッテリーがカメラにセットできず不良品のようだったんですがエーポケさんに問い合わせたところメールの返信や交換品の発送などもスムーズでした。

- 【レビュー】Canon EOS 70Dにエーポケの激安『LP-E6互換バッテリー&USB充電器』を購入してみた | MOOOII

最新の画像処理エンジンDIGIC5も搭載していますし、画質も一昔前の高級機並。

どちらもフォーカスポイントを画面右中央よりに固定して、そこに来た対象に対して、カメラが自動でフォーカスを合わせています。

おそらくたいていの人は70Dで十分なのですが「フルサイズのカメラで撮影したい」という希望に加えて「暗いところでもフラッシュ無しで撮影したい(=高感度でもキレイに撮影できるカメラがほしい」ということであれば、もはやこのカメラ以外を選ぶ理由がなくなります。

レンズはフルサイズ対応のものしか使えませんので、選択肢としては減りますが、レンズの性能を100%引き出せるのもまたフルサイズのみ。

- EOS Kiss X7 と 70D と 5D Mark III と 7D を比較。選ぶ参考にどうぞ! #canon [エアロプレイン]

良い点: 素晴らしい色再現、素晴らしい3インチ可動式タッチスクリーンモニタ、動画中のAF、レンズ補正機能、電子水準器、OVF使用時のバッテリーライフ、しっかりした使いやすいボディ、Qボタンによる素早い設定、大きく改善されたライブビュー時のAF。

EOS 70D は動画とライブビュー時のAFが従来よりも大幅に改善されており、動画をよく撮るEOSユーザーには、とても魅力的な選択肢になりそうです。

さて、EOS 70Dのスティルがそれほど進化していないということですが、確かにもう少し高感度に強くあってほしいとは思いますが、といって他社とそう大きな違いがあるとは思えません。

APS-Cで、OVFで、動画が優秀なカメラとしては唯一無二で・・・ 十分訴求力あると思いますが、EOS5DMK3が映画に使われ出している現状で、このカメラの出す動画に文句のある素人なんているはずないと思います。

- キヤノンEOS 70D は動画作家にとても訴求力のあるカメラ - デジカメinfo