デジタル一眼レフ

Canon

EOS 8000D

レビュー

今回、実際に「EOS 8000D」を使ってみたが、サブ液晶パネルとサブ電子ダイヤルがあることによって、快適に操作・撮影することができた。

「EOS 8000D」のように、ファインダー撮影とライブビュー撮影の両方を利用できるデジタル一眼レフの場合、機種によっては、オートフォーカスの遅さが理由で、ファインダーで撮影することが多いという方も少なくないはずだ。

このほか、標準露出とアンダー露出の画像を交互に撮影・合成して1フレームにすることで白とびを抑える「HDR動画」や、動画撮影中に約3〜10倍に拡大して撮影ができる「動画デジタルズーム」にも対応している。

「EOS 8000D」は、エントリーモデルながら、コンパクトボディにサブ液晶パネル&サブ電子ダイヤルを装備し、「EOS」シリーズの中級機以上のモデルに似た操作が可能なデジタル一眼レフだ。

- 価格.com - [PR企画]キヤノン「EOS 8000D」徹底レビュー

これはカメラボディの右肩の部分に付いた表示パネルであり、電池チェックや撮影可能枚数など以外にも、ISO・絞り・シャッタースピード・露出など撮影に必須の設定が表示されます。

(※詳細レビューではありませんが・・・)他の上位機種も迷いましたが、これ以上になると結構重く感じてしまうんですね・・・レンズが大きいので、この8000Dがちょうどよいと思います。

広角レンズの購入はまた後日としまずはキットレンズでの星空撮影を行う前に、ちょっと比較するのは可愛そうですが1型センサーのFZ1000と高感度、長秒露光ノイズがどれ位違うのか比較してみました。

f2.8通しで標準レンズより明るいのでiso3200で十分撮影でき、一段とノイズを抑えた撮影ができる様になりました。

- 【徹底レビュー】Canon EOS 8000Dでこんな写真が撮れるぞ!2420万画素のCMOSセンサーを搭載したデジタル一眼レフカメラ | 一眼レフカメラ比較レビューサイト-Pict Fact-

おなじくエントリー機 EOS kiss x8i やEOS kiss x7 があるが、もしエントリー機とはいえども操作になれて来たら積極的にマニュアルで一眼カメラを操作したいと考えているユーザーにEOS8000Dは最適だ。

この1本のレンズがもつ守備範囲の広さはCanon用レンズの中でも屈指の商品だ。

「【アマゾンオリジナル】 ETSUMI 液晶保護フィルム デジタルカメラ液晶ガードフィルム」はEOS8000Dに欠かせないマストアイテムだ。

EOS8000Dは、SD、SDHC、SDXCのメモリーカードが対応しているわけであるが、大事なのはメモリーカードの容量であるという意見がある。

- Canon EOS8000Dの評価と口コミ|カメラを持って出かけましょ。

それが搭載されている最近のエントリー一眼カメラってこのEOS 8000Dくらい。

1DXや7DMK2、EOS M3では露出調整が可能な様なのだがこの機種ではISOオートは使いにくい点は気をつけておこう。

操作して数秒置くと背面ホイールがロックされてしまい、シャッターボタンか何かでスリープ状態を解く必要がある。

個人的には今あるEFレンズ資産の活用も十分イケると思うし、8000D用に軽快なフットワークを物にできるAF-Sレンズを揃えても良いと感じる。

- 【実機レビュー】EOS8000Dの機能性とバッテリーグリップ | とるなら~写真道楽道中記~

その他の機能を比べてみても、EOS70Dと比べて連写枚数は劣るものの、AF測距点や他の性能面は同等、 さらに液晶パネルやサブ電子ダイヤルも搭載されているため、EOS8000Dは、軽量化されたEOS70Dという印象を受けました。

EOS8000Dに採用されたオールクロス19点AFはなかなかの優れもので、 画面の端の方にある被写体でもピントを合わせてくれます。

また、EOS8000Dには、KissX8iには未搭載の電子水準器も装備されているので、 ファインダーや液晶モニター上で、カメラが水平になっているかを確認することができます。

EOS8000Dを使用して、ダーク画像のテスト撮影を行ったときに気になったのが、 液晶モニターに映し出された縞模様です。

- キヤノンEOS8000D レビュー | 天体写真の世界

70Dのものと比較すると3/2ほどのサイズとなり、 「AFモード」「ドライブモード」「測光方式」が省略されました。

①背面サブ電子ダイヤル:各設定時の操作感UP ②マルチ電子ロックスイッチ:誤動作の防止 ③モードダイヤルロックスイッチ:モードダイヤルが不意に回らないようにする。

グリップも程よく深く、70D譲りのファインダー内表示と直感操作のダイヤルで ファインダーを除いたままの一眼レフらしい撮影が行えますし ライブビュー、タッチパネルを使ってのスマートな撮影も行えます。

8000Dというカメラは、70Dから機能を省いたのではなく Kiss系をベースに、上位機から使いやすい機能を厳選して詰め込んでいるのだと感じました。

- キヤノン EOS8000D レビュー in 嵐山|カメラ買取・販売専門店のナニワグループ

ライブビュー撮影で、コントラストAFと位相差AFの両方が使えるハイブリッド CMOS AF IIIが使えます。

4枚の高速連写の画像を合成してノイズを減らすマルチショットノイズ低減機能もあります。

フルHD時に約3から10倍のデジタルズームも使えて、動画撮影中に静止画撮影ができます。

カメラの右肩上部に設定が確認できる表示パネルもあって、自分が気に入った写真に★を5個まで付けられるレーティング機能、100枚の画像を一覧で確認できるインデックス表示機能もあります。

- Canon EOS 8000D レビュー 比較と評価 | デジカメレポート

「EOS 80D」よりも安い値段で購入が出来る「EOS 8000D」は充分な機能を備えていると言う事を書いていこうと思います。

重量欄の「CIPAガイドラインによる」と言うのはバッテリーとメモリーカードを搭載した状態の重量である事を示しています。

EOS8000Dを購入する場合、ダブルズームキットだとレンズの持ち運びでせっかくの軽量ボディを活かせません。

初めてデジタル一眼レフを買おうとしている方は、スペックばかりに目が行ってしまいますよね。

- 子供の写真にはキャノンEOS 8000Dで充分だった(EOS 80Dと比較) | ぱるログ

そのため、一眼レフカメラは必需品なのですが、あまりカメラが得意でない私は今でもCanon EOS Kiss X2を使い続けていました。

いままでデジタル一眼レフはEOS Kiss X2しか使ったことないので、X2との比較になります。

Kiss X2も液晶モニターは大きいとおもいますが、タッチパネルではなかったので、8000Dの操作のしやすさには驚きました。

シャッター音がちょっとださいような… 甲高い音のKiss X2の方が個人的には好きです。

- KissとおさらばCanon EOS 8000D | ブルーレディ

そこで今回は、 EOS 80DとEOS 8000Dの違いと、 EOS 8000Dに気持ちが揺れ動いた 理由をまとめておきます。

ここでEOS 80Dと、 EOS 8000Dの性能の違も 比較しておきます。

一眼レフカメラを購入するにあたり、 はじめて買う方は最初から、 10万円以上かけるのは躊躇するはずです。

このサイトの記事を書く際にもお世話になっています! レビュー記事はこちら サイトに掲載する画像はドロップボックスに保存! スマホはIIJのおかげで毎月2,000円ぐらいに節約できています。

- EOS 8000Dの価格はEOS 80dの半額?性能の違いとEOS 80Dの本当の真価とは? | PCナビゲーター&カメラナビゲーター

それに比べてEOS8000Dはと言うと、ボディーも大きく重い、さらに長時間の撮影は疲れるだろうと予測ができました。

と言いますか・・・kiss X7が軽いだけで、ほとんどの機種でこのサイズが普通です。

初心者にとっては多彩な撮影シーンを選択できたり、19点のオールクロスAFファインダーは写真を綺麗に撮影するにあたり嬉しい機能です。

いくら綺麗に撮影できると言っても実際どうなの?ということで私が実際にEOS8000Dで撮影した画像をシーン別に少しだけ紹介します。

- 一眼レフカメラ初心者がCanon「 EOS8000D」を選んだ3つのポイント | L.S.B.F

内容物はEOS 9000D本体、レンズ2本、バッテリー、充電器、カメラストラップ、説明書などとなっています。

EOS kiss X9iは電源ボタンや操作ダイヤルが右側に搭載されているので右手だけでも操作することができますが、EOS 9000Dはそれができず、どちらかというときちんと構えて写真作りをするスタイルになるでしょうか。

EOS kiss X7とは違う型式なので併用することはできませんが、EOS kiss X8i/8000D/EOS M3と同じなのでこれらのカメラを持っている人は併用することができますね。

だったらミラーレス機のEOS M5やEOS M6の方がいいのではとも思ってしまいますが、子供以外の写真を撮影するときは普通の光学式の一眼レフカメラのシャッターの方が圧倒的に扱いやすいですし、写真を撮ってて気持ち良いんですよね。

- Canon EOS 9000Dの実機レビューや使った感想!デュアルピクセルCMOSのライブビュー撮影が快適すぎる! - シンスペース

という事は、、、現在キャノンには同じような機能を搭載したエントリークラスのデジタル一眼レフカメラが二台発売されているという事になります。

左手側上面の操作部や右上面の液晶パネルなど、ミドルクラスのカメラに搭載されているデザインがこの機種にも使われています。

外観的には「液晶パネル」と「電子サブダイヤル」がポイントで操作感もEOS 7D Mark IIとかと近い感じだと思いました。

自分の周りだと富士フィルムのXシリーズを使っているカメラ仲間が意外と多いんですが、レンズ交換式モデルだと「FUJIFILM X-T1」を使っている人が数人います。

- キヤノンEOS 8000Dの外観や操作感はミドルクラスの一眼レフ!?

撮影は屋内のLEDモデリングライト(色温度3000K)下で行い、マニュアル露出で絞り値をF8に固定したうえで、シャッタースピードと感度を調整し、露出値をそろえました。

絞り値F8で撮影した感度別の作例でも、EOS 9000Dはディテールのコントラストが高く、EOS 80D/EOS 8000Dよりも細かいところで解像感の高い仕上がりになった。

以下に、同じ被写体を絞り値別に撮影したものを掲載するが、EOS 9000Dは、回折補正によってF8以上の絞り値で解像感の損失が抑えられている。

RAW現像ツール「Digital Photo Professional」の「デジタルレンズオプティマイザ」を使用すればEOS 80DでもRAWデータから回折を補正することができるが、JPEGの撮影データについては両モデルで仕上がりに違いが出る。

- キヤノンの一眼レフ、この春買うなら「EOS 80D」「EOS 9000D」どっちがいい?【画質・機能編】 - 価格.comマガジン

また、サブ電子ダイヤルが付いたので絞りの調整もこのサブ電子ダイヤルを回すことにより、上位機種と同じ操作で行えるようになったと思われます。

一見、「有効画素数と映像エンジン」で「EOS 8000D」の方が良さそうに見えますが、ファインダー、シャッター速度、連射などカメラの主要機能においてエントリーモデルとハイアマチュアモデルではしっかり差がついています。

将来、上位機種に踏み出したい人、HDR 動画撮影を楽しみたい方、ハイアマチュアモデルの雰囲気を味わいたい人は「EOS 8000D」。

重さや大きさが気にならず、動画よりもどちらかというと静止画をメインに撮影される方は「EOS 70D」が選択肢に入ってくると思われます。

- Canon(キヤノン)一眼レフ、 EOS 8000D のレビュー。 | Ns Farm

率直に優れているなぁ・・・と感じる部分として、画質はもちろん、動画の性能・Bluetoothでの接続・AF性能の3つが特に進化したように感じました。

単純な連写性能として6枚/秒というのは前モデルの8000Dが5枚/秒だったことを考えると微妙なアップグレードのように思えますが、連続撮影可能コマ数がEOS 9000DではRAWで27枚、RAW+JPEGで23枚となっています。

実際、通常のモードでもかなり手ブレは抑えられているような気がしますが、追加で動画電子ISが設定できます。

画像処理に至ってはEOS 9000Dの方がDIGIC 7という最新技術を使っているので、むしろ画質はいいのでは!?と思うレベル。

- Canon EOS 9000Dのココが良い!連写性能なども含めて実写レビュー | webledge

ブログ用の写真を撮るために1年ほどキャノン「IXY 160」という一万円程のデジカメを利用していたのですが、昨日ビッグカメラ名古屋店で「キャノン EOS 8000D」を衝動買いしてきました。

一眼レフカメラは欲しかったので色々調べて、価格のこなれてきた「EOS Kiss x7i」で十分と感じていたのですが、あぁ、物欲って恐ろしい。

この様にビックカメラで店員さんに伝えた所、若干「コンデジで十分じゃない」的な空気が漂っていましたが、悩むこと5分、「キャノン EOS 8000D ダブルズームキット」を購入。

私のパートナーには、「飼猫の写真を沢山撮りたい!」ということで、キャノン EOS Kiss x7i ダブルズームキットの購入許可を頂いていたのですが、持って帰ってきた物がキャノン EOS 8000D ダブルズームキット(13万円也)ですから、それはそれはご立腹です。

- ブログ用写真で使ってた一万円のデジカメからキャノン「EOS 8000D」の一眼レフに変えました

いままでM、M2と過去機種はもれなくモニターとして長期間貸しだしていただいておりますが、M3はとても良い進化を遂げたように思います。

ダイヤル式の露出も、このミラーレス機の操作を考えると理にかなっていて、取り出して撮影するまでのリズムが良くなったように思えます。

ブログや記録用にサッととるのなら、M3に広角レンズつけて寄って撮るのが楽でいいと思います。

今回はバリアングル無しの設定がないため、必然的に最小・最軽量はX8iになるわけですが、であればもう少し軽くして欲しかった。

- 体験レポ!EOS M3、8000D、Kiss X8i、X7の違いと選び方、ここが良かった悪かった(追記あり) [エアロプレイン]