デジタル一眼レフ

Canon

EOS Kiss X7

レビュー

だけどやはり最大の違いは重さよりも大きさですね…本体そのものは僕が使ってたSX710 SHは269gで、今回のEOS Kiss X7が300gって話ですが、レンズの分で重さが全く異なるとは思います。

2つを並べてみた画像ですが、これだけのサイズの違いがあります。

これでもGoogleフォト経由で画像サイズを縮小してあるのです…元ファイルだともっと綺麗です。

レンズだけをフルサイズ用にするだけでこれだけの差があるという事は、本体をフルサイズにしたらもっと綺麗になる…と言う事を知ってしまったんです…。

- Canon EOS Kiss X7使った感想…初心者向け一眼レフ入門機 - 一眼レフ初心者向け入門ブログ カメラ論

それもそのはず、私が前に使用していた中級機であるEOS 30Dは本体重量が700gもあり、持ち歩く時に首から下げていたら首がもげそうになっていたものですが、それがEOS Kiss X7は本体重量が370gと、30Dと比べても約半分の重さになりました。

例えばEOS Kiss X7iですと、バリアングル液晶といって液晶部分が動くようになっていて、見る角度を変えられることができ、液晶を見ながら撮影できる自撮り機能があったりしますが、そもそも自撮りもしないですし、可動部分が増えることによって故障するリスクも高まるので、このくらいシンプルなカメラのほうが私は好みです。

私の場合所有しているレンズを考えてボディだけを購入しようかと思っていましたが、このカメラの軽さやコンパクトさを損なわないようにと、単焦点を一緒に購入しました。

上記のようにスペックをみても、とてもバランスのいい機種ですし、これが3万〜4万で購入できるのだから最強にコスパのいいカメラだと言えます。

- 【カメラレビュー】キヤノンEOS Kiss X7は初心者から上級者まで使えるカメラだと思う | こりのろっさの写真と日常

どうやら、レンズキットを本体とレンズをばらして販売しているようです。

EOS Kiss X7の液晶は、色合いがとても綺麗だし、ピントが対象物に合っているかどうかまでわかります。

これくらい離れている距離で撮影しようとすると、EOS Kiss Digital Nのファインダーでは見づらくて、ピントが合っているかどうかわからなかったんですよ。

50mm単焦点レンズと60mmマクロレンズで小さな花を撮ることにこの上ない喜びを感じています。

- 世界最小一眼レフCanon EOS Kiss X7を買ったのでレビューします | まろろぐ

筆者も『 Kiss X7 』を愛用していた頃に動画をいくつか撮っていましたが、カメラの基本性能やレンズ性能はとても素晴らしいものでした。

コレは実際に『 Kiss X7 』を使用したヒガシーサーの感想なんですが、AFの精度や速度はレンズ次第でもあります。

そういうスペック上の話をするとエントリークラスのカメラは全部ダメってことになってしまいそうですが、これから発表される『 Kiss X8 』の情報が本物だとすると一昔前のミドルクラス以上のAF性能を世界最小一眼レフに搭載しちゃった画期的な製品になりそうです。

こういうこと書いちゃうと、また叩かれちゃうんですが…エントリー機種(初心者が最初に買う一眼レフ)に 『 Kiss X7 』以上の性能って必要ありません。

- EOS Kiss X8 が登場しても X7 を買うべき5つの理由とは?

今回試用した「EOS Kiss X7」は、極限まで贅肉を削ぎ落とした超コンパクトなボディサイズを実現したほか、飛躍的に向上したライブビュー時のAFなど、ミラーレスカメラに真っ向対決するようなデジタル一眼レフに仕上がっている。

さらに背面部も3型の液晶モニターがその多くの部分を占め、まるでEVF内蔵の高倍率ズームコンパクトを見ているようである。

撮影した画像をフルに液晶モニターに表示できるため、同じ3型でも4:3のものより表示される画像は大きい。

全部のモードを並べたほうがよいのか、今回のように2段に分けた方がよいかはユーザーの好みを見ていくしかないが、このモードダイヤルの表示はシンプルで分かりやすく思える。

- 新製品レビュー:キヤノンEOS Kiss X7 - デジカメ Watch Watch

EOS Kiss x7対応の交換レンズにはいろいろな種類があるが、その中の一つにパンケーキレンズがある。

EOS kiss x7 のアクセサリーとして一番売れている製品が液晶保護フィルムとカメラケースである。

このエントリーではEOS kiss x7のバッテリーと充電器を利用するときに注意したいことを解説しよう。

カメラを購入したいけれども具体的にどれにすればいいのかわからない初心者の方にお勧めしたいのは、キャノンのeos kiss x7 ダブルズームキットだ。

- Canon EOS kiss x7の評価と口コミ|カメラを持って出かけましょ。

この差はなかなか大きい…のですが、現実的には、2L版くらいの大きさで写真をプリントしたり、4Kディスプレイなどの大画面で写真を楽しむ!というケース以外では、そんなに気にしなくても大丈夫です。

これはX9iに搭載の「デュアルピクセル CMOS AF」という機能の恩恵で、ピントが合うまでの速度、追従性、どちらもひとまわりもふたまわりも進化しています。

ですから、初心者の人はX7でいいと思うんです(ちなみに失敗しないカメラが欲しい人は、値段も高くて重たいカメラを選択する必要があります。

なお、個人的に最もオススメするのは、カメラといっしょにこの40mmのレンズを購入することです。

- X7ユーザーによるEOS Kiss X9i と X7 の比較と検討まとめレビュー。どっちを買う!? [エアロプレイン]

中でも、初心者が扱いやすくて、かつ値段も他のエントリーモデルと比べて圧倒的に安いということで、『CANON EOS Kiss X7 ダブルズームキット』を購入するに至りました。

何しろレンズが2つもついて他の標準エントリーモデルと変わらない値段・・・恐ろしい程のコスパの良さです。

箱の中には本体・レンズ×2・バッテリー・ストラップ・ソフトウェア・取り扱い説明書が入っています。

初心者でも簡単にキレイで鮮明な写真を取ることができる・他の製品と比べても圧倒的なコスパの良さなどを考えると、『EOS Kiss X7ダブルズームキット』は一眼レフ初心者には本当におすすめのカメラと言えるでしょう。

- EOS Kiss X7ダブルズームキットレビュー!一眼レフ初心者におすすめのエントリーモデル - すとっけいぞく

デジタル一眼レフはファインダーを使ってしっかり構えてというスタイルでしたが、、、軽快なX7なら標準ズームレンズあたりを付けていれば、ひょいと前に腕を伸ばしての撮影も楽に行えますよね。

X7の使い勝手の良さを体感するにつれ、コンデジあるいはミラーレスというステップを経ることなく、スマホの写真に飽き足らなくなった人がいきなり一眼レフを手にしても、違和感無く使い始めることが出きてしまうのではないかと感じました。

もちろん、大きさや重さといった要素により、一眼レフシステムの活用機会が減っていたというキヤノンユーザーには渡りに船で、手持ちのEFマウントレンズが活用できるわけです。

ミラーレスカメラに比べると物理的なサイズが大きくならざるをえない一眼レフカメラですが、X7の登場により大幅にその差は縮まりました。

- Canon(キヤノン) EOS Kiss X7 実写レビュー | フォトヨドバシ

2015年2月のキャノン調べでは、APS-Cサイズ(エントリーモデルのデジタル一眼レフカメラに標準的サイズ)のデジタル一眼レフカメラでは、世界最小・最軽量をうたっています。

最近発売されたCanonのエントリーモデルは、ライブビュー機能という液晶モニターに被写体を映して撮影できる機能(ファインダーを覗く必要のない機能)がついていますが、その液晶画像をタッチすることで、簡単に目的のものへピントを合わせることができます。

マニュアルでピントを合わせる人には必要がありませんが、ライブビュー撮影を使うときはオートフォーカスで撮影することが多く、このタッチパネルによるピント合わせは非常に有用なツールです。

基本性能はしっかりしていますが、特に何かに優れているというカメラではないので、サイズ以外にセカンドとして選ぶ理由はほとんどないでしょう。

- 【徹底レビュー】Canon EOS Kiss X7でこんな写真が撮れるぞ!「EOS Kiss X7」と標準ズームレンズ「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM」のセット | 一眼レフカメラ比較レビューサイト-Pict Fact-

光学ファインダー使用時のオートフォーカス性能はX7iの方が高い。

動画撮影やライブビュー時のオートフォーカス性能はX7の方が高い。

グリップ自体の張り出しが小型化されたため、シャッターボタンの位置が変わっていますが、ボタンやダイヤル類は基本的にX7i/X6iのものと同じです。

α55はトランスルーセントミラーを使っていますので厳密にはデジタル一眼レフではありませんが、正面からみたサイズは似ていることがわかります。

- キヤノン Canon EOS KissX7の徹底レビュー デジタル一眼レフ /monoxデジカメ比較レビュー

それはその通りですが、Kiss X7はそのサイズ以外の性能面でも、上位機よりも高性能になっているところもあります。

Kiss X7はデジタル一眼レフとして世界最小で最軽量くらいしか特徴がないと思っていると、その性能の高さに驚くような機能も搭載しています。

一眼レフの強みは、コンデジやスマホにはない見やすい光学ファインダーと、動く被写体に強い高速な位相差方式のAF、高感度耐性、レンズの開放F値でも高速シャッタースピードが使えることなど様々な利点があります。

kissX7はアイセンサーオフ機能があるので、ファインダーを覗くと液晶モニターの表示が自動的にオフなるのも便利なところです。

- キヤノン Canon EOS Kiss X7 レビュー 比較と評価 | デジカメレポート

EOS Kissシリーズがターゲットとしている入門者やコンパクトデジカメからのステップアップ層ではなく、すでにデジタル一眼レフカメラを使いこなしている中上級者層からも熱い注目が集まっているのも意外ともいえる。

EOS Kiss X7を触った人の第一印象は、やはり「予想していたよりも断然小さく軽かった」「重量はファインダー搭載のミラーレス一眼並み」と、小型軽量ボディーの仕上がりを評価する声が多い。

「かつてニコンから発売された小型デジタル一眼レフ『D40』を初めて触った時のような感動を覚えた」とコメントする人もいた。

小型軽量ボディーやファインダー、精細なタッチパネル液晶などの装備は評価されているが、「価格が高い」という声が多い。

- 上級者からの熱い視線が集中、キヤノン「EOS Kiss X7」に“足りない”もの - 日経トレンディネット

デジタル一眼レフカメラは初めての1台からニコン製を使用し、これまでニコンと心中するつもりでレンズ等を揃えてきた私ですが、今回数日間だけキヤノン製エントリーモデルである「EOS Kiss X7」をお借りすることができたので、使用感等を解説します。

付属の標準レンズを装着しても600g強ということで、女性にも扱いやすい重量になっていると思います。

気になった点としてはファインダー倍率が0.87倍ということで、ファインダー上に存在しなかった物が写真に入り込んでおり、何回か撮り直しする必要がありました。

既に上位クラスのカメラを使用しており、今回2台目としてこのカメラを購入する場合、注意しておいたほうがいいかもしれません。

- 【デジタル一眼】ニコン派だがCANON EOS Kiss x7 を入手したのでレビューする。 | 執筆モラトリアム

私が2代目として購入した一眼レフカメラ「EOS Kiss X7」のレンズキットがなんと約4万円で買えるようです。

扱いやすさとサイズ感を考えると、利用頻度を高めやすいカメラではないかなぁと。

基本的には、レンズと本体を両手で支え安定させてから撮影することが多いと思いますが、X7は片手で持ててしまうので予想以上にサッと取り出してサッと撮影できました。

AUKEY(オーキー)の3倍望遠レンズでいつもと違った撮影を楽しむ。

- EOS Kiss X7のレンズキットが4万円台に!小さい一眼レフカメラをお探しの方はいかが? | TiMEZ

前回の比較検討では「APS-C」レンズはフルサイズ機を購入した時に後悔すると思いましたが、キット価格が破格なので様々なレンズを試す良い機会だと考え注文しました。

レンズ名に付いている「STM」はステッピングモーター(Stepping Motor)の略称(別名はパルスモーター)らしく、その特徴は起動や停止時のレスポンス・制御性の高さで静音性とスムーズな動作、レンズの小型化を実現しているとのこと。

その下にある「STABILIZER」というのはキャノンの一眼レフ用レンズ内手ブレ補正機構で、その名の通り レンズ内で手ブレを補正するためファインダー像が安定、被写体の一部にピンポイントでピントを合わせることが可能、それぞれのレンズに合わせた補正が行えるのが利点のようです。

もう少し近づいて撮影できるレンズが欲しいのと三脚が荷物になったのでコンパクトなタイプを探したいと思います。

- デジタル一眼レフ『Canon EOS Kiss X7』購入、開封レビュー

また、初めて一眼レフカメラの購入を検討されている方は、 Kiss x9とKiss x9iのどちらを選んだ方が良いのか気になる所だと思います。

映像画素数の違いはもちろん 映像エンジンが2世代分違う事でEOS Kiss X9では、 暗い場所での撮影にも強くなっています。

画素数は同じですが映像エンジンは、 EOS Kiss X9の方が最新のDIGIC 7を登載しています。

この点についてはEOS Kiss X8iの方が優れているので、 撮影する際に少しでもピントを自由に設定したい場合は、 EOS Kiss X8iがおすすめです。

- EOS Kiss x9の比較&実機レビュー!X7やX9iとの違いは? | PCナビゲーター&カメラナビゲーター

当時テ〇ルのCashBackを貰いそのまま購入したLUMIX G3も購入してから5年ほど経過して電池持ちもガタがきてしまいましたので新しいものを求めることに・・・そこで見つけた安価でコンパクトな一眼レフカメラことEOS Kiss X7を購入しちゃいました。

スペックとしては、 1800万画素・タッチパネル搭載モニタ・9点AF・ISO-12800対応・EFマウントの内容であり、 今トレンドであるwifi・デゥアルピクセルAF・バリングル液晶は一切ついていない必要最低限の仕様です。

コンパクトさは次項で紹介しますが、価格は末期モデルということもありまして通常レンズとズームレンズがセットになった「ダブルズームキットを選んで5万円で買えてしまう」超コストパフォーマンスの高いモデルです。

ということでダブルレンズセットお勧めです。

- 一眼レフ キャノン EOS Kiss X7 ダブルレンズキット レビュー – 来々軒 (らいらいけん)

※今回はCANON EOS Kiss X7を元に最低限必要なものをピックアップさせてもらいますので、別の機種の場合は記録媒体(メモリカードなど)は別になったり、レンズが変わったりするのでくれぐれもお間違いないように気を付けてください。

EOS Kiss X7iという手もありますし、Kissシリーズは非常に値段も手が出しやすく、軽量持ち運びに抜群にいいし種類も豊富です。

レンズはカメラよりも高い場合もあるほどです。

私の場合は景色を撮るのが好きなので広角レンズを購入しましたが、Kiss X7よりも高く購入しました。

- 【一眼レフ初心者向け・できるだけ分かりやすくレビュー】Canon EOS Kiss X7 | 学生の為の知って得するサイト

私は後者で、1つのバッグでカメラを含めたお出かけセット一式を持ち運べるようにという視点でバッグを選びました。

まだカメラ自体、買ってから数日しか経っていないのですが、今後は外でも単焦点レンズをメインに使って、遠くを撮るときだけ望遠レンズに付け替えるようになるんじゃないかなと予想しています。

必須アイテムではありませんが、気になったので単焦点レンズと一緒にポチッたのがレンズフード。

カメラ初心者な私が『EOS Kiss X7 ダブルズームキット』を選んだ理由を3つお話します!デジタル一眼レフカメラの購入を検討されている方の参考になれば嬉しいです。

- 『EOS Kiss X7 ダブルズームキット』と一緒に買っておきたいアクセサリー商品をレビュー!

モードダイヤルにて簡単撮影ゾーンを選択することでシャッター速度や絞り数値、AFモードなどなどはカメラが自動で設定をしてくれるので、あとはシャッターを押すだけで綺麗な写真を撮ることができます。

またライブビュー撮影時のオートフォーカスにはハイブリッドCMOS AF Ⅱ を採用することにより画面の約80%エリア内で位相差AFが作動しコントラスAFでピントを高精度に合わせることが可能となっています。

現在EOS Kiss X7はレンズキットセットにもよりますが5万円以下で購入でき多少の変動はあるものの底値に近い価格になっていると思います。

僕が購入したのは18-55 STMレンズキット(標準ズームレンズ)ですが、その他にも2本のレンズがセットとなっているダブルズームキット(標準ズームレンズ、望遠ズームレンズ)などもあります。

- デジタル一眼レフカメラ「Canon EOS Kiss X7」を購入したのでレビュー | SCOPE

EOS Kiss X7は動かないので、イメージとしては、レンズの付いたスマホで撮ってる感じ)があるとか、そういった差しかないって事なんですよね。

センサーサイズ(APS-C)がEOS 70DとEOS Kiss X7とEOS M2は同じなので、画質に差が無く、レンズの特徴と、腕で決まると言うことでした。

私はずっとEOS 70Dで行きたいと思いますし、たけPはEOS 70Dはいらないと言っていますので、それぞれに「好きな」カメラを使って、レンズを変えて、Canonであれば「Avモード」を使ってF値を変えると、初心者のひこPでも、ステキな写真がバシッと撮れるようになります。

特に「Avモード」でのF値変更はマジで使えるので、24mmの単焦点レンズと合わせてぜひ使ってみてくださいね!ひこPのEOS M2レビューの中にある写真を見ると、たぶん全員ミラーレス買うと思います(笑)。

- 【レビュー】EOS 70DとEOS Kiss X7を比較! | 部長ナビのページ

デジタル一眼レフカメラの比較・キヤノンEOS Kiss X7のレビューを掲載しています。

撮像素子にAPS-Cサイズを搭載したデジタル一眼レフカメラとしては、世界最小・最軽量を実現しています。

X7の方が、全体の大きさ、グリップ部分の厚み、が小さくなっているのがわかります。

なのでEOS Kiss X7は、一眼レフのパフォーマンスは犠牲にしたくないが、よりコンパクトで持ち歩きしやすい一眼レフカメラを探していた人にお勧めです。

- キヤノンEOS Kiss X7レビュー/デジタル一眼レフカメラ比較購入ガイド

EOS kiss X9はまさにそんな人のためのカメラです。

しかも、こういったバリアングル液晶って途中までしか回転しないものもあるのですが、EOS Kiss X9は180度回るので自撮りも可能です。

また、一眼レフカメラは普通ファインダーを覗いて撮影するもので、液晶を映しながらの撮影(ライブビュー撮影)ではオートフォーカスが遅くなるのですが、EOS Kiss X9ではそこもちゃんと向上しています。

一瞬だけEOS Kiss X7も使ったあるのですが、キットレンズでも明るく綺麗に撮れるし楽しいんですよね。

- EOS Kiss X9の評価!X7やX9iとの違いを比較! | A New Day

ビデオ録画について真剣に考えている人は、3.5mmマイクポートをカメラ本体に組み込むことが大変好みます。

CanonがKiss X7を小型化する方法の1つは、カメラのコンポーネントボードを縮小することです。

大きな手を持つ人には、小さな側面で少しCanon EOS Kiss X7を見つけるかもしれませんが、全体的には、その取り扱いについての欠陥はほとんどなく、コンパクトなサイズは歓迎され、印象的な次元を追加します。

ただし、JPEGファイルのみを撮影するようにカメラを設定した場合、Kiss X7の速度低下について心配することなくカードの容量まで撮影できます。

- Canon EOS Kiss X7 レビュー