デジタル一眼レフ

Canon

EOS Kiss X8i

レビュー

Kiss X8iが持っている画面タッチによるAFやバリアングル液晶画面(自由に角度を変えられる液晶画面)を利用すれば、奇跡の一瞬も見逃さずにとることができるでしょう。

Kiss X8iは、フリッカーの周期を自動的に判断し、明るさがピークに近いときのみシャッターを切る「フリッカーレス撮影」機能が搭載されています。

ただし、新しい機種であり、エントリーモデルにしては少し高価ではあるので、あまり初期費用をかけられない人には型落ちのEOS Kiss X7iやクラスを落としたX7などをお勧めします。

特に私は室内(蛍光灯環境)での使用が多いので、kiss3の時は結構な枚数を撮ってブレていない画像をチョイス…と言う事が当たり前でしたが、今晩撮影したものだけで言えば、全枚数ブレ無しで撮れておりました(驚き!)【液晶】普通に見やすいです。

- 【徹底レビュー】Canon EOS Kiss X8iでこんな写真が撮れるぞ!2420万画素のCMOSセンサーを搭載したデジタル一眼レフカメラ | 一眼レフカメラ比較レビューサイト-Pict Fact-

こちらが我が家にやってきた「Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X8i ダブルズームキット」です。

ダブルズームキットは、標準的なズームレンズと望遠レンズが2本セットになったものです。

「Galaxy S7 Edge」というスマホの中でもカメラ性能がいいもので撮ってみましたが、なんとなく後ろの方の花がボケているのがわかります。

「EOS Kiss」以外の一眼レフカメラを使ったことがないため、何がいい点なのかさっぱりわかっていませんが、軽くて高速なオートフォーカス機能があることで、カメラ初心者にはぴったりな機種でしょう。

- キヤノン一眼レフ「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」を購入。私が一眼レフカメラを買った理由とは | ももねいろ

39点(うちクロス測距9点)という1クラス上のオートフォーカスモジュールを搭載したD5500が現時点では一歩リードしていますが、ニコン機の場合キットレンズのオートフォーカスが高速とは言い難く、レンズキットで購入する割合の多いエントリークラスのキャラクターを考えると、総合的には各メーカー一長一短と言えるかも知れません。

見栄えはEOS Kiss X8iが優れていますが、D5500には光学ファインダーを覗きながら背面液晶を親指で触れることで測距点選択が可能で、これは上級機の測距点選択専用のセレクターレバーなどよりも快適かつ素早く測距点移動が可能な機能となっており、スポーツ撮影やスナップ撮影に大きな威力を発揮します。

ボディデザインに関しては慣れや好みで大きく評価が別れるため簡単に優劣をつけることは出来ませんが、出来るだけボタンやダイヤルを減らすシンプルな外観で初心者にも取っ付きやすく配慮されているEOS Kiss X8iに対し、K-70はエントリーモデルでありながら2ダイヤルを搭載し、ペンタックス独自のグリーンボタンや右側に操作系を寄せて片手でのオペレーションを可能にした操作系など、慣れるほどに使いやすい操作性を実現しています。

快速オートフォーカスが魅力のEOS Kiss X8iですが、機能面で直接比較すると他2機種と比較して見劣りするのは否めず、また画質面でも自社開発のイメージセンサーが逆に足を引っ張ってしまっています。

- EOS Kiss X8i vs D5500 vs K-70性能比較レビュー!初心者にオススメの機種はどれ? | Amazing Graph|アメイジンググラフ

EOS 70D+望遠よりも軽いことがわかる。

・画素数と測距点が違うこと(X7は1850万画素、9点AF。

運動会とかだと、どうしても液晶モニターの角度調整が必要になりますよね!うちのチビはお父さん・お母さん見つけると演技そっちのけで来てしまうので、隠れて撮影するための必需機能かなぁと考えていました。

Apple Watch Series 3、セルラーモデルでLTE通信をするには「iPhoneと同じ通信事業者を利用する必要がある」と公式サイトに注意書きが。

- 【レビュー】EOS kiss X8iをおこPが買ったぞ! | 部長ナビのページ

初心者でも扱える機種ということで、悩みに悩んだ末、Canon Kiss X8i を購入 本当に初心者のなので、しぼりとか全く用語もわからないレベルです。

レンズと本体は同一メーカーを使うのが通常のようで、Canonのカメラであれば、Canonのレンズ、Nikonのカメラであれば、Nikonのレンズ という感じです。

Canon機種を購入することはあっさり決まりましたが、Kiss x8i なのか、8000Dなのかは決めかねていました。

消費税入れて84,672円 更に現金で購入する場合は、更に安くしますと・・・! 8000Dも他店よりも安かったのですが、カメラの説明を聞いてみて性能は一緒で操作性だけだったり、できることは同じと言うフレーズが決め手となり、Kiss x8iの購入を決めました。

- Canon Kiss X8i 人気イチデジ購入レビュー!初めての一眼デビュー

筆者も『 Kiss X7 』を愛用していた頃に動画をいくつか撮っていましたが、カメラの基本性能やレンズ性能はとても素晴らしいものでした。

コレは実際に『 Kiss X7 』を使用したヒガシーサーの感想なんですが、AFの精度や速度はレンズ次第でもあります。

そういうスペック上の話をするとエントリークラスのカメラは全部ダメってことになってしまいそうですが、これから発表される『 Kiss X8 』の情報が本物だとすると一昔前のミドルクラス以上のAF性能を世界最小一眼レフに搭載しちゃった画期的な製品になりそうです。

こういうこと書いちゃうと、また叩かれちゃうんですが…エントリー機種(初心者が最初に買う一眼レフ)に 『 Kiss X7 』以上の性能って必要ありません。

- EOS Kiss X8 が登場しても X7 を買うべき5つの理由とは?

Canon EOS KissX8i(海外名EOS 750D)は、EOS1200Dなどのような初級機種ではなく、コストフレンドリーかつ完全マニュアル設定で写真を撮るほどマニアックでない人のために、使いやすくユーザーフレンドリーなデジタル一眼レフカメラです。

このカメラは使用者が煩わしいカメラの操作仕様の学習に時間を取られることなく、デジタル一眼レフカメラの特典であるレンズの選択とハイクオリティの画像をもたらします。

デジタル一眼レフカメラのメーカーは往々にして、絶対必要になった場合にしか新しい機能を付け加えない傾向にありますが、Canon EOS KissX8iにおいては、最新のワイヤレス接続機能が装備されています。

内蔵されているDIGIC6プロセッサーは、5fpsの撮影ができますが、これは一眼レフカメラを日常に使うような使用者にはごく普通の値です。

- Canon EOS Kiss X8i レビュー

しかし、今回、EOS Kiss x8iはだし惜しみなく上位機種と同じ オールクロス19点AFセンサーを搭載してきた。

今まで、コンデジやスマホのカメラのみを使っていた方は知らないかもしれないが、 デジタル一眼は、コンストラストAFセンサーを使用しているので、 ピント合わせが非常に速くコンマ1秒もかからずにピント合わせができる。

EOS Kiss x8iはWiFi内臓なので、いろいろなことができる。

kiss x8iはAPS-Cサイズの大型センサーを使っているので、ドラマのようなボケのキレイな映像を撮ることができる。

- 「EOS Kiss x8i」初めての一眼レフ-オススメ!!その価格と性能は? | パパのカメラ生活! デジタルカメラの使い方から最新情報を発進するサイト!

●新開発「ハイブリッドCMOS AF III」の実力をチェック キヤノンの「EOS Kiss X8i」は、一眼レフカメラのエントリー機として人気の「EOS Kiss」シリーズの最新モデルだ。

EOS Kiss X8iを試用してまず気に入ったのは、ライブビュー撮影時の操作感が向上したこと。

だが、今回のEOS Kiss X8iが新搭載した「ハイブリッドCMOS AF III」では、人物くらいの動きであればストレスなく合焦する。

ライブビュー時のサーボ連写に非対応という点で、同時発売の上位モデル「EOS 8000D」とは少し差があるが、それでも既存モデルに比べるとライブビューAFは格段に快適になったことを実感できる。

- キヤノン「EOS Kiss X8i」実写レビュー - 快適になったライブビューと精細化した画質を味わう - エキサイトニュース(1/5)

この差はなかなか大きい…のですが、現実的には、2L版くらいの大きさで写真をプリントしたり、4Kディスプレイなどの大画面で写真を楽しむ!というケース以外では、そんなに気にしなくても大丈夫です。

これはX9iに搭載の「デュアルピクセル CMOS AF」という機能の恩恵で、ピントが合うまでの速度、追従性、どちらもひとまわりもふたまわりも進化しています。

ですから、初心者の人はX7でいいと思うんです(ちなみに失敗しないカメラが欲しい人は、値段も高くて重たいカメラを選択する必要があります。

なお、個人的に最もオススメするのは、カメラといっしょにこの40mmのレンズを購入することです。

- X7ユーザーによるEOS Kiss X9i と X7 の比較と検討まとめレビュー。どっちを買う!? [エアロプレイン]

また、初めて一眼レフカメラの購入を検討されている方は、 Kiss x9とKiss x9iのどちらを選んだ方が良いのか気になる所だと思います。

映像画素数の違いはもちろん 映像エンジンが2世代分違う事でEOS Kiss X9では、 暗い場所での撮影にも強くなっています。

画素数は同じですが映像エンジンは、 EOS Kiss X9の方が最新のDIGIC 7を登載しています。

この点についてはEOS Kiss X8iの方が優れているので、 撮影する際に少しでもピントを自由に設定したい場合は、 EOS Kiss X8iがおすすめです。

- EOS Kiss x9の比較&実機レビュー!X7やX9iとの違いは? | PCナビゲーター&カメラナビゲーター

内容物はEOS 9000D本体、レンズ2本、バッテリー、充電器、カメラストラップ、説明書などとなっています。

EOS kiss X9iは電源ボタンや操作ダイヤルが右側に搭載されているので右手だけでも操作することができますが、EOS 9000Dはそれができず、どちらかというときちんと構えて写真作りをするスタイルになるでしょうか。

EOS kiss X7とは違う型式なので併用することはできませんが、EOS kiss X8i/8000D/EOS M3と同じなのでこれらのカメラを持っている人は併用することができますね。

だったらミラーレス機のEOS M5やEOS M6の方がいいのではとも思ってしまいますが、子供以外の写真を撮影するときは普通の光学式の一眼レフカメラのシャッターの方が圧倒的に扱いやすいですし、写真を撮ってて気持ち良いんですよね。

- Canon EOS 9000Dの実機レビューや使った感想!デュアルピクセルCMOSのライブビュー撮影が快適すぎる! - シンスペース

特に、体育館などでの室内スポーツ撮影で動く被写体を静止して写したい場合などは、EOS Kiss X8iよりEOS 8000Dがいいです。

EOS 8000Dには白飛びが抑えることができるHDR動画の機能があって、フルHD時にはデジタルズームが使えます。

他にも、EOS 8000Dにはボディ上面の表示パネルに、サブ電子ダイヤルもあります。

設定の確認のしやすさのパネルに、便利な電子ダイヤルに、勝手にダイヤルが回らないロックボタンがあるEOS 8000Dのほうが、EOS Kiss X8iより上級者向けのカメラになっていることが分かります。

- EOS 8000DとEOS Kiss X8iの違いと比較 | デジカメレポート

1機種前のミドルクラス一眼レフのEOS 70Dと比べながらまずは撮影関連の機能から見ていきましょう。

なんとミドルクラスのEOS 70Dの19点の測距点はどのメーカーのカメラでも結構値段の高いミドルクラス級のカメラにしか搭載されていないことが多いです。

1/8000秒が必要になるのは、車やバイクなどの動きの早い被写体くらいのものです。

(トイカメラ風、ジオラマ、魚眼レンズ風、モノクロなど)モードをオンにしておき、撮影した直後に2枚同時に確認することができるのがいいですね。

- Canonで一眼レフデビューするならコレ!パパやママにもおすすめなCanon EOS Kiss X8iを紹介!

値段のこと、自分に合ったカメラかどうかを色々悩んだ末に「EOS Kiss X8i」が良いかなぁ…って。

X8iで撮影した写真をiPhone側で見れたり、iPhoneに転送できたり、iPhoneからX8iを操作することが出来ます。

シャッタースピードや絞り値を変えることで、写真の明るさを調節できるのがミラーレス一眼の良いところ。

店員さんに「EOS Kiss X8i」の欠点を聞いたところ、「動くものの撮影には、他のキヤノンのカメラより弱いかも」とのこと。

- iPhone 6とミラーレス一眼(EOS Kiss X8i)を比較してみた | 波乗りスタッフ日記

X8i の価格は競争力のあるものだが、8000Dは50ポンド高いだけで、より操作性に優れ、上面液晶も搭載しているので、資金に余裕があれば8000Dを選択した方がいいと感じざるを得ない。

悪い点: レンズの収差補正で連写が若干遅くなる、AFのマイクロアジャストが用意されていない、操作性に優れた8000Dと価格が変わらない。

像面位相差AFは、デュアルピクセルCMOS AFではありませんが、それでもX7i と比べると相当速くなっているようです。

この場合、重要なのは型番(四桁D)と見た目(上部液晶など)ですからそこを中心に変更し、価格が若干高い程度でKissとの差別化と所有者の満足感を満たすカメラというのが8000Dなんでしょう。

- EOS Kiss X8i はライブビュー・動画時のAFが著しく改善している - デジカメinfo

X9iもX9も画質は基本的に変わらず非常に高品質の写真・動画が撮れます。

大きい記録サイズ(RAW)で連射するとSDカードへの書き込みに時間がかかってシャッターが切れなくなることがあるのですが、X9iのほうが連続して撮影できる枚数が多いです。

X9でこのレンズを使いたい場合、別売りのものを買わなければなりません。

大きな揺れを抑えられるので、もし手振れ補正のないレンズで動画を撮ったり、歩きながら動画撮影をしたい人はX9iの方が良いかもしれません。

- EOS Kiss X9とX9iを比較!キヤノン初心者向け一眼レフカメラで人気2機種の違いとは | Akiの神戸ファインダー

EOS kiss X9はまさにそんな人のためのカメラです。

EOS Kiss X7に比べてスペックは全体的に上がっていますが、EOS Kiss X9iと比較すると連続撮影速度や測距点が少ないです。

しかも、こういったバリアングル液晶って途中までしか回転しないものもあるのですが、EOS Kiss X9は180度回るので自撮りも可能です。

また、一眼レフカメラは普通ファインダーを覗いて撮影するもので、液晶を映しながらの撮影(ライブビュー撮影)ではオートフォーカスが遅くなるのですが、EOS Kiss X9ではそこもちゃんと向上しています。

- EOS Kiss X9の評価!X7やX9iとの違いを比較! | A New Day

まずはOVFでの撮影ですが、X9iも9000Dも測距点数が何と80Dと同じオールクロス45ポイントになり、測光ポイントも80Dと同じ63点ということもあり、AF速度も含めたその撮影フィーリングはもう中級機並の快適さを感じます。

ライブビューで撮影する場合は、X9iと9000Dのフィーリング、シャッターサウンド等は(当然ですが)ほぼ一緒です。

X8i/8000Dでも既にライブビューで普通に使う限り快適なAF性能を持っているのですが、X9i/9000DはデュアルピクセルCMOSとなり、また、DIGIC7に進化しているということもあり、撮影直後のライブビューの回復がかなりスムースになっていました。

8000Dが発売された時、何故X8iと同じような機種が必要なのか?と思いましたが、AFが強化されたEOS 9000Dは、中級以上のユーザーの方のサブ機としての存在価値を感じました。

- キヤノンEOS Kiss X9iとEOS 9000Dを見て触って来た!究極の入門一眼レフカメラの予感 | YOUのデジタルマニアックス

EOS 8000Dの天面右側には、各種の撮影情報を表示するためのモノクロ液晶パネルを装備する。

同じ情報は背面の液晶モニターにも表示できるが、液晶を見ずに、これらの情報をボディの上からひと目で確認できることがEOS 8000Dの特徴の1つになっている。

細かい機能面での違いとしては、電子水準器を搭載していることや、ライブビューの際にサーボ連写が利用できること、動画デジタルズームやHDR動画に対応していることなどが挙げられる。

ライブビューでのサーボ連写は、ライブビュー撮影時にサーボAFによってピントを合わせ続けつつ、最高で約3コマ/秒の連続撮影を行う機能だ。

- EOS Kiss X8iと何が違う?:こだわる人も納得の、一歩上のエントリー機——キヤノン「EOS 8000D」 (1/2) - ITmedia デジカメプラス