デジタル一眼レフ

Canon

EOS Kiss X9

レビュー

また、初めて一眼レフカメラの購入を検討されている方は、 Kiss x9とKiss x9iのどちらを選んだ方が良いのか気になる所だと思います。

映像画素数の違いはもちろん 映像エンジンが2世代分違う事でEOS Kiss X9では、 暗い場所での撮影にも強くなっています。

画素数は同じですが映像エンジンは、 EOS Kiss X9の方が最新のDIGIC 7を登載しています。

この点についてはEOS Kiss X8iの方が優れているので、 撮影する際に少しでもピントを自由に設定したい場合は、 EOS Kiss X8iがおすすめです。

- EOS Kiss x9の比較&実機レビュー!X7やX9iとの違いは? | PCナビゲーター&カメラナビゲーター

EOS Kiss X9iは「ファミリーモデルの最上位機種」、「X9はファミリーモデルの小型・軽量タイプ」です(参考:キヤノン:一眼レフカメラ/ミラーレスカメラ| 商品一覧)。

X9iもX9も画質は基本的に変わらず非常に高品質の写真・動画が撮れます。

大きい記録サイズ(RAW)で連射するとSDカードへの書き込みに時間がかかってシャッターが切れなくなることがあるのですが、X9iのほうが連続して撮影できる枚数が多いです。

X9でこのレンズを使いたい場合、別売りのものを買わなければなりません。

- EOS Kiss X9とX9iを比較!キヤノン初心者向け一眼レフカメラで人気2機種の違いとは | Akiの神戸ファインダー

素晴らしいカメラですが個人的には4K映像よりAF性能が大事なので今回はパス。

EOS 80Dは魅力的ですが、このサイズと重量なら4Kやダブルカードスロットに対応してほしいところ。

EOS M5やEOS M6は小型軽量で良いのですが、手持ちのレンズを使おうとするとアダプターが必要でけっきょくサイズ・重量ともにEOS Kiss X9と大差ありません。

しかしボディ単体価格を見ると大きな値段差があることや、X9の小型サイズ・デザインが魅力的が最終的な決め手になりました。

- キヤノンのEOS Kiss X9を買ったよ!購入理由と使ってみた第一印象レビュー | Akiの神戸ファインダー

上位モデルのX9i/9000Dは中央クロス45点センサーが搭載されているので、光学ファインダーでの撮影において、大きな性能差があるということになります。

ライブビュー撮影に関してはX9i/9000Dと同じデュアルピクセルCMOSセンサーをフル活用することができるので、顔認識+追尾優先AF機能を組み合わせることでピントずれの少ない写真を撮影することができそうです。

光学ファインダーのオートフォーカス機能に少々頼りなささがありますが、ライブビュー撮影をメインで使う予定であればより小型で軽いEOS Kiss X9は選択肢としていいのかもしれません。

ただ、EOS Kiss X7のレンズキットが5万円ほどで購入することができていたことを考えると、値上がりしてしまったとも見れるので、とにかく安い一眼レフカメラが欲しいという方は在庫がなくなる前に旧型のEOS Kiss X7を手にするのもいいかもしれませんね。

- EOS Kiss X9はKiss X7の後継機に相応しいモデルか?X7とX9iのスペック・デザインの違いを比較! - シンスペース

撮像素子のすべての画素が位相差AFセンサーとして働く構造で、ライブビュー撮影や動画撮影時もスムーズにピントが合う。

位相差AFセンサーの数が少ないハイブリッドCMOS AF IIを採用していたEOS Kiss X7と比べ、オートフォーカスの速度や精度が高まった。

このクラスの入門機を使う人は、一眼レフカメラでもファインダーではなく背面液晶を見ながら撮影する人の割合が多く、メリットの多い改良といえる。

ファインダーをのぞきながら動き回るペットなどを撮影する際の利便性はEOS Kiss X9iが優れるが、風景などの静物撮影ではほとんど差はないといえる。

- キヤノン「EOS Kiss X9」、小さいが性能は上位機並み - 日経トレンディネット

キヤノンは、デジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X9」を7月下旬に発売する。

引き続き小型ボディを特徴としつつ、簡単操作やスマホ連携の強化といった機能面は同社がハイクラスエントリーに位置づける「EOS Kiss X9i」に準じている。

主なデバイス周りのスペックはEOS Kiss X9iと共通。

Bluetooth Low Energy technologyを用いたスマホ連携機能では、カメラの電源が切れていてもスマートフォン側から画像の確認や転送が可能になった。

- キヤノン、小型ボディ+バリアングル液晶の「EOS Kiss X9」 - デジカメ Watch

EOS kiss X9はまさにそんな人のためのカメラです。

EOS Kiss X7に比べてスペックは全体的に上がっていますが、EOS Kiss X9iと比較すると連続撮影速度や測距点が少ないです。

しかも、こういったバリアングル液晶って途中までしか回転しないものもあるのですが、EOS Kiss X9は180度回るので自撮りも可能です。

また、一眼レフカメラは普通ファインダーを覗いて撮影するもので、液晶を映しながらの撮影(ライブビュー撮影)ではオートフォーカスが遅くなるのですが、EOS Kiss X9ではそこもちゃんと向上しています。

- EOS Kiss X9の評価!X7やX9iとの違いを比較! | A New Day

ただ、全てにおいてスペックが上がっているかというとそうでもなくて、AFのフォーカスエリアは9点のままで、サイズも少し大きくなり、重量も増えているという状態。

一応、可動式モニター搭載の一眼レフカメラで世界最軽量とアピールされていますが、「EOS Kiss X7」のサイズや重量に比べると、若干大きくて重くなっております。

EOS Kiss X7 の後継機ということで、サイズと重量はそのままに、AFポイントが増えて、センサーがスペックアップしたものにしてもらった方が遥かに魅力的だったかなぁと。

確かに、バリアングルモニターを付けてこのサイズと重量(約50g増)におさめたというのはすごいとは思いますが、液晶モニターを使った撮影をほとんどしない私のような人間からすると、今回の EOS Kiss X9 はちょっと期待はずれだったかなぁと。

- Canon から 「EOS Kiss X9」が発表されましたが・・・ - おきらく・ごくらく日記

初心者向けという点で新UIのわかりやすさは評価に値するが、X8iも基本的な操作ガイドは搭載しており、価格差を考えるとX8iでも十分。

特に1/30秒以下の低速シャッターが使用できない動画撮影を行うなら、高感度に強いほうが有利でしょう」(永山)。

レンズは、それぞれのキットレンズのワイド端(28.8ミリ相当)で撮影したが、解像感の差もほぼない。

画質の差もわずかなので、手持ちで夜景を撮るケースが多い人以外は、X8iでもよさそう。

- 【デジタル一眼新旧ガチ比べ】キヤノン EOS Kiss X9iとX8iはどう違う? 画質や操作性をプロがチェック! | GetNavi web ゲットナビ

EOS Kiss X9の最大の特徴は、上位モデルのEOS Kiss X9iの同じスタイルとなる、タッチパネル対応のバリアングル液晶モニター(約104万ドットの3.0型)を搭載しながらも、より小型・軽量なボディを実現していること。

エントリー向け一眼レフの最上位モデル「EOS 9000D」やEOS Kiss X9iと同様、0.03秒の世界最速AFを実現している(※APS-Cサイズ相当の撮像素子を搭載したレンズ交換式デジタルカメラの撮像面位相差AFにおいて)。

オールクロス仕様の45点AFで最高6コマ/秒の連写に対応するEOS Kiss X9iと比べると、光学ファインダー時のAFと連写性能についてはスペックが落ちるものの、エントリー向け一眼レフの下位モデルとしては十分な性能だ。

光学ファインダー撮影時のAF性能はEOS Kiss X9iに劣るものの、上位モデルと同じように高速なライブビューAFで撮影ができるのはポイントが高い。

- バリアングル一眼レフの小型・軽量モデル「EOS Kiss X9」が新登場! - 価格.comマガジン

小型軽量を最大の特徴とするEOS Kiss X7でしたが、今回のEOS Kiss X9でどのような変化があったのか、性能はどれだけ上がったのか、ご紹介していきます。

これまでは画像(上)のような黒い画面に、数字やイラストが並ぶだけでしたが、今回のEOS Kiss X9では、初心者により分りやすくなったガイド式の設定画面を搭載しています。

EOS Kiss X9で搭載されているシーンは、「ポートレート」「集合写真」「風景」「スポーツ」「キッズ」「クローズアップ」「料理」「キャンドルライト」「夜景ポートレート」「手持ち夜景」「HDR逆光補正」です。

SNSユーザーにも満足の機能が搭載となっているだけに今までスマートフォンやコンパクトデジカメで済ましていた方も、これを機にEOS Kiss X9で一眼レフデビューをしてみるのも良いかもしれません。

- 現役カメラマンが実機を使って感じた“Canon EOS Kiss X9”最新レビュー!先代EOS Kissから飛躍的な進化 | RentioPress

この差はなかなか大きい…のですが、現実的には、2L版くらいの大きさで写真をプリントしたり、4Kディスプレイなどの大画面で写真を楽しむ!というケース以外では、そんなに気にしなくても大丈夫です。

で、実はいままでのEOS Kissだと「デュアルピクセル CMOS AF」が搭載されていなかったので、便利とは思いつつ現実的な機能としてどうかと思ってたんですが、X9iからは同機能が搭載されたので、バリアングル液晶(とライブビュー撮影)が活躍できる素地が整いました。

ですから、初心者の人はX7でいいと思うんです(ちなみに失敗しないカメラが欲しい人は、値段も高くて重たいカメラを選択する必要があります。

なお、個人的に最もオススメするのは、カメラといっしょにこの40mmのレンズを購入することです。

- X7ユーザーによるEOS Kiss X9i と X7 の比較と検討まとめレビュー。どっちを買う!? [エアロプレイン]

今回の「デュアルピクセルCMOS AF」がエントリーモデルに採用されるのは初めてとのこと。

ファインダーからの撮影時にもオールクロス45点AFというが採用されていて、とにかくどんなところでもオートフォーカスがめちゃくちゃ早いということがわかる。

最新の映像エンジンDIGIC 7の搭載により、高画素でありながらも、ISO25600の常用ISO感度を達成しているそう。

僕のkiss x4はもうISO1600とかでノイズが気になり始めるので、かなり違いがでてくると思います。

- 新型「EOS 9000D」と「EOS Kiss X9i」の違いは?どちらが買いなのか。 | webledge

より高画質を求めてミラーレスカメラが人気を集めていますが、光学ファインダーを搭載した一眼レフカメラにはピントが合うのが早いという大きなメリットがあります。

EOS Kiss X9は小型・軽量ボディで写真の可能性を広げてくれます。

約4年ぶりの更新となったCanonの入門モデル一眼レフカメラですが、基本性能の向上と今のニーズに合う機能がしかっりと追加されていたという感想です。

前モデルのEOS Kiss X7も非常に優秀なカメラなので、後継機の登場で価格が下がる今を狙うのもいいかもしれません。

- キヤノン EOS kiss X9 正式発表!スペック・比較まとめ - IMAGINATION

小型軽量ボディーと手ごろな価格が評価されて4年超のロングヒットを続けるエントリーモデル「EOS Kiss X7」(2013年4月発売)の後継と位置づけるコンパクトモデル。

EOS Kiss X7並みのコンパクトボディーを維持しつつ、撮影性能や装備を現行の主力モデル「EOS Kiss X9i」(2017年4月発売)並みに引き上げた。

X9の約453gという重さは (ブラックモデル、バッテリーとSDカード含む)、X7からわずか46gの増加にとどまり、X9iとの比較では79gも軽く、可動式液晶モニターを搭載したデジタル一眼レフカメラとして世界最軽量を実現している (同社調べ)。

“EOS Kiss X9”は、レンズ交換式カメラEOSシリーズの基本コンセプト「快速・快適・高画質」を追求し、高画質な写真や動画を撮影できる基本性能はもちろん、一眼レフカメラを新たに使い始めるユーザーに向けて、小型・軽量で操作性やネットワークとの親和性を高めたデジタル一眼レフカメラです。

- 軽量・小型一眼レフデビュー!キヤノン EOS Kiss X9 発表!可動液晶搭載で世界最小最軽量! | YOUのデジタルマニアックス

* 可動式液晶モニター、APS-Cサイズ相当の撮像素子を搭載したデジタル一眼レフカメラにおいて。

■充実の基本性能 約2420万画素のAPS-CサイズCMOSセンサーと最新映像エンジン「DIGIC 7」との組み合わせにより、高感度撮影時も低ノイズと高画質を実現。

■AFシステム CMOSセンサーの画素が撮像と位相差AFの機能を併せ持つ「デュアルピクセル CMOS AF」を搭載し、ライブビュー撮影時は世界最速となる0.03秒の高速AFを実現。

動画撮影機能「EOSムービー」では、滑らかなフルHD/60p動画撮影や、一定間隔で撮影した静止画から動画を生成するタイムラプス動画が撮影可能。

- キヤノン EOS Kiss X9 〜 自分撮りもカンタンにできる小型軽量エントリー一眼レフ : CAPAカメラネット

筆者も『 Kiss X7 』を愛用していた頃に動画をいくつか撮っていましたが、カメラの基本性能やレンズ性能はとても素晴らしいものでした。

コレは実際に『 Kiss X7 』を使用したヒガシーサーの感想なんですが、AFの精度や速度はレンズ次第でもあります。

そういうスペック上の話をするとエントリークラスのカメラは全部ダメってことになってしまいそうですが、これから発表される『 Kiss X8 』の情報が本物だとすると一昔前のミドルクラス以上のAF性能を世界最小一眼レフに搭載しちゃった画期的な製品になりそうです。

こういうこと書いちゃうと、また叩かれちゃうんですが…エントリー機種(初心者が最初に買う一眼レフ)に 『 Kiss X7 』以上の性能って必要ありません。

- EOS Kiss X8 が登場しても X7 を買うべき5つの理由とは?

39点(うちクロス測距9点)という1クラス上のオートフォーカスモジュールを搭載したD5500が現時点では一歩リードしていますが、ニコン機の場合キットレンズのオートフォーカスが高速とは言い難く、レンズキットで購入する割合の多いエントリークラスのキャラクターを考えると、総合的には各メーカー一長一短と言えるかも知れません。

ボディデザインに関しては慣れや好みで大きく評価が別れるため簡単に優劣をつけることは出来ませんが、出来るだけボタンやダイヤルを減らすシンプルな外観で初心者にも取っ付きやすく配慮されているEOS Kiss X8iに対し、K-70はエントリーモデルでありながら2ダイヤルを搭載し、ペンタックス独自のグリーンボタンや右側に操作系を寄せて片手でのオペレーションを可能にした操作系など、慣れるほどに使いやすい操作性を実現しています。

D5500はそれら2機種と比較すると中庸で際立った個性はありませんが、EOS Kiss X8iやK-70と比較した場合、明らかに軽く薄く作られており、新素材による軽量化の恩恵を感じることが可能なボディとなっています。

快速オートフォーカスが魅力のEOS Kiss X8iですが、機能面で直接比較すると他2機種と比較して見劣りするのは否めず、また画質面でも自社開発のイメージセンサーが逆に足を引っ張ってしまっています。

- EOS Kiss X8i vs D5500 vs K-70性能比較レビュー!初心者にオススメの機種はどれ? | Amazing Graph|アメイジンググラフ

“EOS Kiss X9”は、レンズ交換式カメラEOSシリーズの基本コンセプト「快速・快適・高画質」を追求し、高画質な写真や動画を撮影できる基本性能はもちろん、一眼レフカメラを新たに使い始めるユーザーに向けて、小型・軽量で操作性やネットワークとの親和性を高めたデジタル一眼レフカメラです。

液晶を見ながら撮影しないよ、という人以外はX9とX9iの方がストレスは少ないでしょう。

X9iもコンパクトなレンズキットがあります。

カメラの扱いに慣れた中級者層以上のサブカメラなんかだと、ファインダー表示などいくつかの部分でX9iをすすめるかもしれませんが、今回が初めて!とかであれば新製品のX9は本当に使いやすいカメラに仕上がっていると思います。

- EOS X9が登場!X7やX9iとどっちがいいの? | Focus

2013年4月にデビューした、APS-Cセンサー搭載機では世界最小・最軽量ボディーを実現した、 手のひらサイズのデジタル一眼レフ、EOS Kiss X7。

世界最小・最軽量を目指したEOS Kiss X7では、その目標を達成するために、背面液晶は本体と 一体の固定式でしたが、X9ではついにバリアングルモニターを搭載。

X9の兄貴分、X9iで強化された撮影基本機能のいいところを数多く受け継ぎ、映像エンジンから イメージセンサーまで同等のスペックで揃えました。

つまり、レンズが同じならば、撮れる画は 一緒!それでいて約80gも軽く、幅も高さも奥行きも大幅にスリム化。

- Canon EOS Kiss X9

EOS kiss X8iにとって安くて高性能なメモリーカードとはどれなのだろうか。

普段Amazonを利用しない人にとっては少し抵抗があるかもしれないが、カメラ用品においてAmazon限定製品は安くて高性能な製品として定評がある。

Transcend SDHCカードはUHS-Iインターフェースを採用することで最大104MB/秒の転送を実現、撮影した写真や動画をスピーディに保存可能だ。

値段については変動する可能性もあるのでアマゾンのサイトで実際に確認することが大切だが、基本的にはメモリーカードとして格安の部類に入っている。

- EOS kiss X8i用メモリーカード厳選 格安・高性能SDカードはどれ?|Canon EOS kiss X8i の評価と口コミ