デスクトップPC

Apple

Mac Pro 2013年モデル

レビュー

もちろんこの前のMac Proも特徴的なデザインだったが、今度のはフットボールよりもやや大きくて、上部にはジェットエンジンを思わせるへこみがある。

AppleはGoogleのような場外ホームランねらいの企業ではないけど、このMac Proのデザインと性能はまさに、目の前にある未来だ。

しかもApple独自のサーマルコアを内蔵しているから、これだけの性能の、プロ仕様のワークステーションにしては、サイズが小さいし、しかも静音だ。

Webを閲覧するとか、写真をiPhotoにインポートするなど日常的な仕事でも、一度このMac Proを経験すると、もうほかの機種に戻る気がしない。

また、一部のハードウェア(RAM、SSD、GPUなど)が交換可能であることは、この今既に未来的なマシンの未来性を、より強化する。

- 2013年型Mac Proレビュー: Appleの新型デスクトップ機はデザインも性能も劇的にリニューアル | TechCrunch Japan

Appleの新型「Mac Pro」は、デスクトップコンピュータに対する驚くほど新鮮な解釈を示した製品だ。

同等、あるいはさらに高性能な部品を使っているにも関わらず、新しいバージョンの内部の体積は、巨大で四角張った古いMac Proデスクトップの約10分の1だ。

しかし、なじみのあるシルバーのタワーと、この新しく、洗練された黒い円筒型のマシンのターゲットは、人気の「MacBook Air」ユーザーや、オールインワンの27インチ「iMac」ユーザーなどとはまったく異なる。

ベースモデルのMac Proに必要な2999ドルで手に入るのは、クアッドコアの3.7GHz Intel Xeonプロセッサ、12GバイトのRAM、256GバイトのSSD、そしてAMD「FirePro D300」グラフィックカードだ。

このモデルには、小さなタワーと電源プラグしか同梱されていないことに注意してほしい。

- アップル「Mac Pro」レビュー--超高性能、革新的なデザイン - CNET Japan

それぞれには「1867MHz DDR3 ECCメモリモジュール」が装着可能であるとのこと。

7万円プラスで「AMD FirePro D700」にもアップグレードすることが可能。

それでは気になるベンチマークテストだが、今回もいつも通り「Geekbench 3.0」を使って測定してみることに!結果、シングルコアスコアは「3277」、マルチコアスコアはなんと「18556」という、もはや意味の分からない数字に。

測定項目そのものは少ないかもしれないが、これらの結果から考えても「Mac Pro (Late 2013)」が最強のMacであることは間違いなさそうだ。

ただ、ここまで来ると気になるのは旧型「Mac Pro」との比較。

- 【Mac Pro (Late 2013)】上位モデル (6コア 3.5GHz / 16GB / 256GB)のスペックレビュー!ベンチマーク結果が凄まじい! | gori.me(ゴリミー)

音楽制作のために一般の人は絶対買うことはないであろう、Mac Pro 2013モデルを購入しました。

製品自体は当たり前として、パッケージも非常にシンプルなところがAppleの素晴らしいところだと思います。

購入前にはiMacの5Kディスプレイモデルと迷いましたが、Mac Proを買ってよかったと思っています。

とりあえず、Thunderboltディスプレイを接続して使っていますが、iPhone6sが4K動画に対応しましたし4Kディスプレイという選択肢も面白いかもしれません。

これまではMacbook Pro Retina 13インチ(デュアルコア)をメインに使ってきたので、余計にスペックの差を感じています。

- 音楽制作の相棒に。Mac Pro(Late2013)の開封の儀 | 渡邉 充敏.com

全く新しいデザインMac Proは従来の8分の1の大きさ、5kgと小型軽量ながら、最大12コアまでの最新のXeonプロセッサ、デュアルワークステーションGPU、Thunderbolt 2ポートを6台、またPCIeベースのフラッシュストレージ、超高速のECCメモリなどを搭載しています。

新型 Mac Proの性能を利用すれば、フル解像度の4Kビデオをシームレスに編集しながら、同時にバックグラウンドでエフェクトをレンダリングすることも可能だとのこと。

いかに最新の技術をもってつくられた Mac Pro とはいえど、エントリーレベルの MacProは、過去のコア数が多いMac Proには数字の上では負ける、あるいは同等であろうということがわかります。

新型Mac Proは、いわゆる吊るしの状態(CTO前)で2種類あります。

さらにCPU、グラフィックボード、メモリ、フラッシュストレージをアップグレード可能です。

- 【レビュー】新しい Mac Pro (Late 2013) がついに登場した – オーケーマック

"Mac ProはCPUやGPUに糸目をつけず、クリエイティブワークを快適に処理するための製品ではあるが、CPUのコア数が多くなるほど性能を生かせる処理が少なくなる。

3DCG作成や動画編集主体なら8コアや12コア版を選ぶ価値は十分にあるが、CPU負荷の低い単純なRAW現像やフォトレタッチなどでは劇的な効果は望めない。

むしろCPUは6コア程度に抑え、そのぶんをメモリーやストレージ、あるいはモニターの強化に回したほうがコストパフォーマンスがよくなるだろう。

"iFixitによると、新型Mac Proの分解(修理)難易度は10段階の「8」と比較的簡単な部類とのこと。

"ファーストインプレッションでMac Proの熱について言及しましたが、数日使って、またDAWなどで少し重いファイルをいじったりして、少し変化がありました。

- アップル Mac Pro レビューまとめ - NAVER まとめ

前のマシン「Mac mini」では「Adobe Photoshop CC 2015」の起動や一部フィルターなどの処理が遅かったり、「Adobe InDesign CC 2015」上でドキュメントへの日本語インライン入力をすると表示が追いつかなかったりしましたが、そういうストレスはほとんどなくなりました。

細かいコトを言うと4Kディスプレイ「FlexScan EV3237」の解像度全てを文字やグラフィックの情報量として享受できていることにはならないんですが、十分広い画面で、十分な情報量を、非常にクッキリと鮮明な見栄えで利用できるようになってとても満足しています。

ただ、表示の精細さやディスプレイの表示モード、スクリーンショットのドット数などから考えると、疑似解像度モードでは設定した解像度より大きなデスクトップ等の表示を生成してMac OS X内部でスケーリングし、それをディスプレイの最大解像度で出力しているようです。

画面サイズに最適なUIサイズを選べて快適~♪ また、Mac OS Xのフォントは相変わらずキレイですが、4Kディスプレイを最適な設定で使ったときは改めて「やっぱ文字がキレイに表示されるな~」と痛感します。

ほか、色の管理がラクだとか、レジストリとかないからアプリのアンインストール後の不調とかもほとんどナイとか、PDFを扱うのが何かと快適だとか、いろいろ良いところがあるMacっていうかMac OS X。

- Mac Proに乗り換えてみた!! - ケータイ Watch Watch

現在メインで使っているのがゴミ箱MacProなのですが、 購入時の状態がまずCPUが8コアでGPUがD700 そしてメモリが32GBでSSDが256GBで購入しました。

なぜメモリとSSDが中途半端なのかというと 「容易に交換できるから」 メモリもSSDも交換する方法をアップルが載せているので もうこれはやってもいいよと言ってるようなもの。

それでとりあえずこれくらいでいいかなっていうところで カスタマイズしてメモリとSSDは後で買ってつけようかなと思ってました。

ということで選択肢は ◯買うか ◯もらうか ◯今使っているSSDについている放熱板をはずして流用するか の3択になってきます。

(あとでわかることなのですが、不安はある意味的中し、1TBと他の容量のSSDではサイズが異なり、放熱板も違うことがわかりました。

- 【追記あり】MacPro (2013)の1TB SSDを海外から購入し換装(交換)してみた -注文編- | Beyo-Sta

Mac Proの性能が必要ないならMacBook Proの方がお得?そうでしょうか?ポータブル必須ユーザーでない限りMac Proには他にも数多くのメリットがあります。

数年先までハイスペック機として戦えるポテンシャル、SSDの標準搭載やメモリの拡張性、Thunderbolt2やUSB3.0といった搭載されているI/F、加えてディスプレイや入力機器を選ばない柔軟さなど、総合的に考えればHattiさんの仰るようにMac Proは”高くない”と思います。

買ってみて感じているのは他のMac以上にAppleの拘りを感じる製品だという事で、越山若水さんが仰る通りスペックだけでは言い表せない付加価値を感じる製品だと思いますね。

購入モデルは、自分の使用環境を顧みず、後からの増設が面倒なため、メモリ64GB、SSD 1TB、6コアとしました。

ノート型ならいざ知らす、やっぱりPCモニタって自分に合ったサイズ、品質の物を選べるべきだと思うのですよね。

- Mac Proはそんなに高いのだろうか? | Mac a La Carte

新型Mac Proが発売されてわずか数日であり、まだそのハードウェアにソフトウェアが追い付いていないのが現状のようです。

これは、初めてMacBook Pro Retinaディスプレイモデルが発売されたときに、その高解像度ディスプレイに互換性のあるソフトが不足していたことに近いです。

Final Cut Pro Xのような新型Mac ProのデュアルGPUに最適化されたソフトウェアを使うとき、新型Mac Proは桁違いの性能を発揮します。

Engadgetは4Kビデオ編集において1ダース以上のフィルター処理をリアルタイムで行え、合計16もの4Kビデオの同時再生が可能であったことをレポートしています。

この期間に、Adobeのような主要なソフトウェアメーカーから新型Mac Proに対応したアップデートが用意されることが期待されます。

- 新型Mac Pro(Late 2013)のハードウェアは確かに素晴らしい、今後の各ソフトウェア対応に期待:海外レビュー - こぼねみ

インストール作業、ブラウザなど様々な事が高速です。

ProToolsはもともと10.9 Mavericksに対応しておりますので、ProToolsソフトウェア、HDドライバーをインストールすることで問題なく動作します。

もちろん、細かいバグが潜んでいる可能性は捨て切れませんが他のOS10.9 MavericksのMacでの動作との違いを見つけることは出来ませんでした。

また、CPUはハイパースレッティング処理のため、実際搭載しているCore数の倍の12個が表示されております。

CPUパワーは従来のもの比較しても1.5倍程度はあるのでは!?という体感。

- ROCK ON PRO » MacProがやってきた!ProTools HDX徹底検証〜最新Sonnet Echo Express Ⅲの対応力は?知りたい疑問に直撃!!

IntelのCPU内蔵グラフィックはHaswell以降じゃないと対応してなかったはずだから注意。

ビデオカードも4K対応が進んでいたのですね。

>>46 Geforceでの120Hz出力は設定画面からカスタム解像度を 作成してやる事で動作を確認したそうです。

若干注意点としては、1920×1080@60Hzにしてから カスタム解像度作成を行う必要がある点です。

App Storeやアプリ管理機能が削除された「iTunes v12.7」でMacに保存された”ipa”や着信音をiOSデバイスへインストールする方法。

- MacPro 2013でも使える?格安4Kディスプレイ「Seiki SE39UY04」購入者レビューまとめ | AAPL Ch.

MacRumorsさんによると、SSDの速度と、4K動画のリアルタイム編集を大きく取り上げているサイトが多いようです。

もし何かが(例えば本が)頭頂部のヒートベント(放熱用の排気口)を万一ふさいだ場合、マシンが正常な温度を超えれば、自動的にスリープモードに入るようになっている。

また、Mac Proには、セキュリティスロット(訳注:持ち去り防止用のロックを錠の接続箇所)がないが、これは議論を呼びそうだ。

しかし、実際にMac Proを購入するユーザーのことを考えた時、最も大事ポイントを忘れてはいけない。

しかし、とりあえず言えることは、8コアのMac Proで最初にGeekbench3を走らせた時、シングルコアのスコアは3599、マルチコアでは25997だったということ。

- 新型Mac Pro(late2013) 海外レビュー各サイトから続々と。SSD爆速、4Kビデオ編集も凄い!クロというよりグレー・・・(追記あり) | 曇天砂漠 - Cloudy Desert - Apple, Mac iPhoneなブログ。Androidも始めました。

でも、横置きのMac Proも美しいと思うのです。

金属の鏡面仕上げが美しいスタンド本体のMac Proと接する部分にはシリコン製のパッドがあるため、変にぶつけない限りMac Proのボディを傷つけることがない。

なお、Mac Proは底面のスリットから吸気して、大型ファンで上面から排気する仕組みで横置き時に対流や廃熱大丈夫かなと心配もあったけれど、アップルのサポートページに Mac Pro (Late 2013) は立てた状態で使用するように設計されていますが、横向きでも使用できます。

ただ、BookArc for Mac Pro上のMac Proは比較的楽に回せるので、結線時にポートを上にすると縦置き時に較べ大幅にケーブルの接続性が楽になる。

正直、BookArc for Mac Proを見た目アイテムだと思っていたけれど、いやいや、実用性も思ったより大きい。

- 横置きのMac Proは美しい:BookArc for Mac Pro レビュー: mono-logue

Mac Proのすべての部品は、パフォーマンスのために最適化されています。

フル解像度の4Kビデオをシームレスに編集しながら、同時にバックエンドでエフェクトをレンダリングしても、さらに最大3台の高解像度5Kディスプレイに接続する余力があるのです。

ストレージは1TBまで構成でき、コンピュータやアプリケーションの起動はもちろん、とてつもなく巨大なファイルを開く時でさえ、すべてが一瞬です。

デバイスをつなぐ時にあなたがMac Proの向きを変えると、Mac Proはその動きを感知して、自動的にI/Oパネルを点灯させます。

Bluetooth 4.0は、物理的に何も取り付けずに、キーボードやマウスなどの様々なワイヤレスデバイスを接続するための最も簡単な方法です。

- Mac Pro - Apple(日本)

スペックが高いのは確実だしな、単純な処理速度なんかはかなり上がると思う。

本当は今回聞いた即導入が出来ない理由なんて無いのが一番いい状態なのでしょうが、なかなか会社単位でのシステム入れ替えとなるとそうは行かないみたいですね。

iPhone X、iPhone 8/8 Plusは急速充電が可能。

iPhone Xの様なインパクトは無くても中身はほぼ同じ。

iPhoneで「Google画像検索」を使う方法が地味に便利です。

- 本当に新型Mac Proは使えるのか!?その道のプロに「新型Mac Proってどうなの」って聞いてみた! | 面白いアプリ・iPhone最新情報ならmeeti【ミートアイ】

その他にも、私のMacBook Airはメモリーが4GBだったこともあり、複数アプリを立ち上げると重くなってしまってました。

データ移動もWIFIで飛ばせばいいんですが、アナログ人間の私としては「せめてSDカードスロットはつけてほしかったかなぁ」というのが正直なところ。

今回『MacBook Pro 2016』を買うにあたって一番迷ったのはスペックとかではなく、事前にでていた不具合情報です。

(とってもグッド!!) 色々悩んで128GBのMac買ったんですが、容量満タンにはなるのは時間の問題っぽいです。

画面が大きいっていうのはやっぱりいいですね! 今回買ったのは、ASUSの23インチフレームレスIPSワイドウルトラスリムモニターです。

- 【比較レビュー】MacBook Pro 2016とMacBook Airを比較してみました!勝者は?【画像あり】

実際、前モデルが発売された時に、実際に店頭で少しタイピングをしてみたのですが違和感がすごくて「これはちょっと使えないような気がする・・・」というのが第一印象でした。

しばらくまたネットサーフィンをしていると温度は下がりますが、常にファン付きモデルと比較すると本体温度は高めなのかなというのが私の体感です。

CPUは超低電圧版の非力なものを搭載していますが、私の用途では全く不自由を感じません。

Lightroomを除き、常にすべてのアプリケーションを起動していますが、カーソルがレインボーになることもありませんし、至って快適に使えています。

ただ、3Dゲーム等の重い作業をやりたい場合は他のPCをオススメします。

- 【レビュー】MacBook early 2016を購入して分かった12のこと | osw48.com

ユーザーの多くのが痺れを切らしているMac Proについては、iMac以上に多くのことが語られたようです。

さらに今すぐハイエンドマシンが必要なユーザーのために現行のMac Proのアップデート版を発売するとアナウンスし、予告通り本日アップルストアのラインナップに追加されました。

待っていたMac Proユーザーには素直に嬉しいことなのではないでしょうか。

デスクトップモデルが成熟しきったタイミングでリリースされたlate 2015モデルは、非常に長く使い続けることができそうな1台です。

新型iMacはフルモデルチェンジ(筐体刷新)の可能性も高いので楽しみですが、Appleの初物は不具合が出るのが通例のようになっているので様子見。

- 【iMac,Mac Pro刷新!!】Appleが相当久しぶりに新型デスクトップを発表したので、iMac Retina 5k late 2015から買い換えるか検討してみた。 - iggy.tokyo

Appleのハードウェアには珍しく、ロックスイッチを解除すれば、外装カバーは簡単に取り外し可能。

Mac Proは、基板を立体的に組み合わせて構成されていることがよく分かります。

この裏には AMD FirePro D300グラフィックチップが内蔵されています。

ロジックボードを取り外すと、そこにはCPUが隠されています。

iFixitによると、新型Mac Proの分解(修理)難易度は10段階の「8」と比較的簡単な部類とのこと。

- 新型Mac Proがさっそく分解され、意外なメンテナンス性の良さが判明 - GIGAZINE

1つ目は、いつもの仕事をこなすPC(アプリ実行機)として、十分な性能アップが計られたのか、という点だ。

ベンチマークソフトと呼ばれるパソコン用パフォーマンス測定アプリの多くは、単純なハードウェアの性能を測っているに過ぎないが、実際に日々の仕事でさまざまなアプリを使ったときに実感する体感性能は、CPUやGPU、メモリ、内蔵SSDといった主要パーツのスピード、さらにはそれらの間で大量のデータを相互にやり取りするスピードのバランスが生み出している。

特に高解像度の写真や短時間に大量のデータが行き来する4Kビデオの取り扱いなど、巨大なファイルを扱う作業ではストレージの性能が一番物を言う。

ちなみに、15インチモデルをバッテリー動作で使用してみたところ、単純な音楽再生やテキスト作業だけであれば公称の10時間を超えた。

CPU単体の性能ではなく、バッテリー動作時間も考慮した上でのトータルの処理能力、そして繊細な色表現や、音の中の小さなノイズにも気づかせてくれるスピーカーの採用など、総合力でいえば新型MacBook Proは間違いなくクリエイティブプロフェッショナルの理想のマシンとして十分な素質を備えていると言える。

- 林信行のTouch Bar搭載「MacBook Pro」徹底レビュー (1/5) - ITmedia PC USER

それ以外にも大きかったのが写真の管理 ・iPhotoとか試しに使ってみたらUIかっこいい ・試してみる程度だったiPhotoにiCloud経由でiPhoneで撮った写真がガンガン入ってくる。

今回スペックだけでとても十分満足な買い物だったのですが、使ってみたらあって本当にイイ! と思った機能が3つあります。

今まではThunderboltからDVIに変換するアダプタ付けてましたが、HDMIでダイレクトに刺せるし、その分Thunderboltのポートが2個とも開いた状態になるのがすてき。

NEX5Nから今までUSBでつないで写真を移してましたが、使ってみたらSDカード抜いてさした方が楽だったわ。

すいません、、 公式なリリースが未だ出ていないので、Appleの中の人でないと分からないかもしれないですね(;´∀`) ただ、今まで毎年1回は新バージョンのプロセッサーにアップグレードしてきましたからSkylakeの搭載もかなり近いのではないでしょうか? もし急を要するのでなければもう少し待った方がいいのかもしれませんね。

- 2013後期型MacBookPro Retina 15 を買ったのでレビューしてみる(前編) - 東京伊勢海老通信

デスクトップ環境に良いのはiMacかMac miniか、真剣に考察してみた。

時にはブラウザでタブまみれになりながらParallel DesktopのWindows上でAutoCADやRevitで製図、それと同時進行でIllustratorとPhotoshopでの編集、レンダリングなんかし始めた日には、このMac(先代)フル回転し過ぎで火でも出そうな雰囲気。

MacのUSキーボードユーザーは、快適に日本語入力するためにKarabinierを導入しよう。

自分はparallels desktopを使ってWindows 7を併用していますが、前のMacとは比較にならないスピード。

デスクトップ環境に良いのはiMacかMac miniか、真剣に比較・考察してみた。

- 僕がMac MiniではなくMacBook Pro Retina 15インチを購入した理由と開封レビュー。 | metroglyph メトログリフ

先日は、新型Mac Proの温度をサーモグラフで検証したり(関連記事)、Windowsをインストールした際の性能を評価したが(関連記事)、新型Mac Proのコア数の違いによる性能差にまで完全に踏み込むことができなかった。

CG作成のような全コアをフル回転させる状況でないと、12コアの性能は生かせない。

ブースト時のクロックが同じはずの6コアと8コアで、6コアのほうが好成績を出しているのは、コア数が多いほど負荷が分散しすぎてブーストクロックが上がらないからだ。

Mac ProはCPUやGPUに糸目をつけず、クリエイティブワークを快適に処理するための製品ではあるが、CPUのコア数が多くなるほど性能を生かせる処理が少なくなる。

3DCG作成や動画編集主体なら8コアや12コア版を選ぶ価値は十分にあるが、CPU負荷の低い単純なRAW現像やフォトレタッチなどでは劇的な効果は望めない。

- 6/8/12コアのMac Proは本当に速いのか? 3モデル比較ベンチ|Mac - 週刊アスキー

上の写真の通り、新しいMac Proは、パソコンとしてはまず使われない完全な円筒の筐体をしていたのである。

また、Mac Pro本体にはディスプレイ・キーボード・トラックパッドといった周辺機器が付属されていないため、それらもあわせるとさらに価格に上乗せされる。

なお、上記構成および本体の形状を見て気付いた人もいるであろうが、新型のMac Proには拡張ボードを挿す場所がどこにも見あたらない。

トラックパッドによるタッチジェスチャー操作を主軸としたユーザインタフェースや、OS上にアプリケーションのダウンロード販売から自動インストール、アップデートまでの仕組みを組み込むなど、先進的な機能を多く搭載する事が特徴。

なお、これにboot campでWindows 入れてDirectX系の ゲームや一般的な3dベンチマークやってもその用途に 最適化されていないため、パフォーマンスは出ません。

- Mac Proとは (マックプロとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

今まで15インチモデルを使ってきたのは「Adobe IllustratorやPhotoshopを同時起動してもサクサク動くかすためには外部GPUが必要でしょ!画面もでかい方が絶対にいいはずだ!」という単純な理由からでした。

確かに動画編集とかIllustratorやPhotoshopでのフィルター処理なんかはクアッドコアのCore i7プロセッサを搭載している15インチの方がサクサク動きます。

15インチMacBook Proは画面が大きく解像度も高いので、数多くのウィンドウを並べて作業をすることができるので作業効率は一番高いのは間違いないでしょう。

13インチの場合は画面が程よく小さいのでディスプレイをこのように後ろに置いてMacBook Proから操作することができ、外部ディスプレイをメイン画面として使うことができます。

これが15インチだと画面が大きすぎて外部ディスプレイがMacBook Pro本体に隠れてしまって外部ディスプレイを活かすことができません。

- MacBook Proは15インチより13インチの方が使いやすくて最強のオールラウンダーマシン! - シンスペース

MacBook Airはデュアルコアで処理速度や液晶に不満があり、趣味としてがっつり使うならハイエンドモデルを買いたいと思っていたとき、ちょうどAppleローンの金利が0だったので清水の舞台から飛び降りる気持ちで注文しました。

  OS Xの文字のフォントがきれいなこともありますが、2880×1800の液晶はとにかく綺麗です。

もちろん4K動画も余裕で再生できますし、いままで処理速度が遅いと思ったことはありません。

私はMacでゲームはやらないのですが、高画質のPCゲームをしないのであればあと4-5年は快適にMacを楽しめると断言できます。

  OS Xで1番感動したのがミッションコントロールです。

- 1年間使ったMacBook Pro Retina 15インチレビュー | りんごときらら

裏起動に対応していないと、非選択状態で起動した場合に出力される解像度が適切でないものになってしまうので、これもあってほしい。

Mac Pro 2010 側に切り替えて、同じように初期設定を行っていたところ、突然キーボードとマウスの操作ができなくなった。

当然ホットキーも動作しないので、切替器本体のボタンで切り替えると、Mac Pro 2013 側では問題なく操作できる。

一旦キーボードとマウスを Mac Pro 2010 へ直接差して再起動をかけ、切替器に差し替えると問題なく動作するようになった。

双方のマシンからの音声出力をまとめてBOSEスピーカーから出したいのなら、やはり今回の切替器は通さず、別にミキサーのようなものを買わないと実現できないだろう。

- Mac Pro 2台を使うためにパソコン自動切替器「REX-230UDA」を導入 | 下手の物好き

さて、これをWindowsパソコンと比較しようという時点で無理が有ると思うけれど、Windows厨なら性能や価格でMacを貶めなければ気が済まないと思うので、2chまとめのPC変態達の言い分を拝読致しましょう。

MacはMac、そしてMacProはドスパラやフェイスなどが70万円ゲームPCを作ってみた、と似たレベルなので、価値が解らない、用途で判断出来ないなら手を出す物ではございません。

Appleのフラッグシップモデルは、Power Mac G5からMac ProになってCPUもXeonを採用する様になった辺りから、デザイン用と言っても通常の二次元のイラレやフォトショでは役不足になるくらい高性能になってしまった気がします。

>Windows厨なら性能や価格でMacを貶めなければ気が済まない 私がMacで気に入らないのは、CPUのプロセッサー・ナンバーが書いていないところです。

ボカロ3がMacに対応したことから、私の主要使用ソフトがMacでもOKになりました。

- ゴミ箱型Mac Proを性能や価格や分解写真で勝手に評価 - BTOパソコン.jp