ドローン

DJI

Mavic Pro

レビュー

DJIのその他の機種の場合、サイズが大きいため持ち運びが大変でした。

上の画像のmavicproの専用ケースは「Mavic Pro Fly Moreコンボ」を購入するとついてくるケースです。

モニターで対象物を設定すれば、自動で追尾してくれます。

Mavic Pro(マビックプロ)を半年使用してみて、感じた良いところは、性能やスペックはphantom4と同等で、持ち運びが便利なところだと思いました。

ちなみにタップフライトは、タブレット画面のタップした場所まで自動でフライトしてくれるとっても便利な機能です。

- DJI Mavic Pro(マビックプロ)レビュー!半年間使用して、おすすめのドローンだと思った理由

軽量であるために強風には少し弱いですが、コンパクトな機体に1方向(前方)障害物検知センサーが付いているのは素晴らしいですね。

ドローンを操縦するときは基本的に前方を向けて飛行させますから、Mavic Proの前方障害物検知センサーはDJIドローン初心者にとっては、かなり重要な役目を果たしてくれます。

それを考えると、折りたためば500mlペットボトルサイズになってしまうMavic Proが27分もの飛行(空撮)ができることは、まさに革新的と言って間違いありませんね。

上の動画で紹介しているように、コンパクトボディーでここまで美しい4K動画を撮影できればもはや一眼レフカメラレベルかもしれません。

1台のDJIドローンに最大4つのDJI Goggles(ゴーグル)を同時に接続することもできるため、リアルタイムでお友だちと映像の共有が可能です。

- DJI Mavic Proレビュー:ファントム4 プロ&アドバンスとのスペック比較も含めて評価します | FLY DRONE .jp

セット内容は予備のバッテリーが2本付いていて、収納ケース以外にも、車専用の充電器までついています。

収納できるのは、プロポ、本体、チャック部分にプロペラ予備程度だけでしょう。

ですが、予備用バッテリーを別のリュックに入れ、専用のケースごとリュックに入れてしまえば1個におさまるので、持ち歩くのが大変楽だと思いました。

カメラカバーを使うと光が入るときに少し反射するようです(動画1分59秒付近)。

以前から「JJRC H37」が気になっていたのですが、技適マーク付きの国内認証されたものを売っている販売店がみつからず保留していたんですよね。

- 【DJI Mavic Pro 】実際に飛ばしてみた感想 評価 レビュー | ドローンBROG

まず、私の場合は納品までかなり時間がかかるのが確実だったので、現物が届くまでに、いろんなドローンのサイトを見ました。

    スマホとしては、サイズ的にかなり大きなiPhone 7 Plusですが、コントローラーには問題なく装着できました。

    ジンバル(カメラ)の映像をスマホの画面で見ながら操作するので、コントロールが容易になっています。

    これが、コントローラだけでスマホの画面がなければ、ドローンの姿勢を目で見ながら操作することになるのです。

    これは、私のスマホにはプラスチックのカバーが付けられてて、そのおかげで、コネクタを押し込んだ時に装着できたと勘違いしてたのでした。

- 【レビュー】最新ドローン「DJI製 MAVIC PRO(マービック・プロ) の特徴 : せいじぃの わんブログ

何もしてない状態だとMavic Proはその場にホバリングするのですが、その時に手元のiPhoneに映る映像が「静止画かよ!」って驚くくらい安定してる。

Mavic Pro本体そのもののホバリング性能もさることながら、ジンバルもしっかり安定しているのがさすがDJIといったところです。

カメラバッグ、何かいいのがないかなと実際にいろいろ触ってみたのですが、ロープロのバッグが結果的にいちばん収納性とコンパクト性が両立していました。

純正で並列充電できないのは何かしら理由があるはずだし。

あと↑のタイプはジンバルの調整後に付けないとエラーが出てしまって面倒くさいので、薄型のタイプを購入されるのをおすすめします。

- DJI Mavic Proを飛ばしたので覚えてるうちに感想を書いてみる - よりぶろ

衛星からの情報が使用できない場合、ドローンは位置調整ができず、飛行も不安定になりますが、屋内での飛行時やGPSなしでも、前方と下方に付いているデュアル・ビジョン・センサーにより正確なホバリングを実現します。

これにより、高速飛行時でもカメラを安定化させ、滑らかな動画やシャープな写真の撮影を可能にします。

デュアル送信機モードを使えば、より楽しく、より手軽に二人で空撮を行うことができます。

そのため飛行中DJI GO 4アプリを使って、リアルタイムでバッテリー残量やバッテリーの状態を確認することができます。

DJI GO 4を介して、カメラが捉えるすべてのもの、またMavicのフライト情報、例えば、バッテリー残量から現在位置、進行方向などを確認することができます。

- Mavic - Wherever you go

小型のゲームコントローラのような格好をしており、左右にジョイスティック、上部にはアンテナが2つある。

本機にはカメラ上で捉えたポイントに向かって、一定スピードで進む「TapFlyモード」を備えている。

本機には多くの自動追尾モードが備わっているので、マニュアルでカメラを動かすケースは少ないかもしれないが、せっかくのダイヤルコントローラがうまく活かされていないのは残念だ。

これはカメラで撮影中の映像の中からトラッキングしたい対象を選ぶと、それを機体が追従するという機能の総称である。

量産機体の均一性についてInprire 1やPhantom 4と同レベルであるということが認められた格好だ。

- 【小寺信良の週刊 Electric Zooma!】これぞ真のフライングカメラ、折りたためる「DJI Mavic Pro」を飛ばす-AV Watch

4本のアームとプロペラをコンパクトに畳み込み、そのまま普通のバッグに入れることができるという、まさに第2世代のドローン。

まず分かったことは、Mavic Proは同社のZenmuseX5やX5R、あるいはOsmoやInspire 1にも装備されている“タップオートフォーカス”という機能を持っており、これを使わないと、当然映像は解像感が十分でないものとなる。

タップオートフォーカスを使用してMavic Proの映像をPhantom 4、およびInspire 1の映像と比較した場合、それらの間に大きな違いはないことが分かった。

一方で、これらのドローンの映像は、一般のカメラやInspire 1 RAWの映像に比べると、かなり見劣りがするのも確かではある。

しかし、大きなカメラを乗せるドローンは取り扱いが大変だし、小さいドローンでしか撮れないような映像では、Mavic Proは大変便利だ。

- DJI Mavic Proレビュー — Phantom4、Inspire 1との画質比較 | cinema5D

今回レビューするのはこちらの商品 まず、収納ケースから 収納ケースはいろいろと出てるみたいですが、今回は持っているものが一通り入りそうなこちらのケースを購入してみました。

ただ、最後にも書いてますが、プロペラガードなど一部のアクセサリーを収納することができず、最低限必要なアイテムを持ち運ぶにはよさそうな感じです。

>送信機モニターフード 直射日光から防ぐモニターフード 組み立て式になっているため持ち運びにも便利 組み立てた後、この二つの穴に送信機のアンテナを通せば完了 取り付けるとこんな感じ。

>送信機 操作レバー 保護カバー 固定 キャップ 送信機を持ち運ぶ際に、コントローラのスティック部分が壊れないようガードするパーツ 取り付けたところ。

>プロペラガード プロペラをガードするためのアクセサリー いろいろな種類のガードが発売されていますが、より安全なフライトを楽しむため純正品を購入 パーツは左右でわかれており、それぞれのパーツは開いて使うようになります。

- DJI Mavic Proのアクセサリーをいろいろと購入してみた - パノラマワールド 中の人のブログ ガジェット日和

あくまで1個づつの充電であり、順番に充電していくというものです。

これ、一体なに?と不思議に思って説明書を読んでみたのですが、なんとMAVICのバッテリーをこのアダプターに装着すると、このアダプターについているUSB端子からスマホなどに給電できるというものなんです。

簡単に説明するとMAVICバッテリーをモバイルバッテリー化するものですね。

超緊急時には役立つかもしれませんが、モバイルバッテリーも単体で持っているし車にもUSBついているし、おそらく一度も使わないアイテムかもしれません。

バッテリーは3個あるのでハブを使えば自動的にすべて充電することができます。

- 遂にきた!DJI MAVIC PRO! - ダレトクblog.net

ファントム4も専用のカバンを買ったり大きな登山用のリュックを買って入れちゃえばあの墓石みたいな最初のケースをむき出しで持ち出さなくて良いのでそうしようかと思いましたが、恥ずかしさを隠すのにお金を掛けるならマビックプロに資金を集中しようと思いこちらにしました。

ここで畳んでいる時は最短の省スペースで展開すると4本のアームが水平になりフライト可能となります。

マビックプロもファントム4同様に障害物回避機能が有るのですが、こちらは回避に使うのがセンサーでは無くステレオカメラで障害物の察知をしているので車のアイサイトのような感じなのかなとも思います。

これなら一眼レフボディと交換レンズを2本持ち撮影に出かけるときより全然軽くて体積も少なく済むのでフライトが一気に気軽になりそうです。

地上が完全に無風でもビルの屋上などに上がるとかなり風が強いなどと感じた人も居ると思いますが重量の有るPhantom4のほうが風の影響を受けにくく上手く飛ばせるメリットも有るはずですし、軽量なものなら他のカメラも付けて2カメで撮影したりなども色々出来そうです。

- 開封レビュー Mavic Pro (マビックプロ) | ウェアラブルカメラ。ドローン。

DJIならではの高い安定性・操縦性に加えて、「アクティブトラック」と呼ばれる自動追尾撮影システムを搭載する新しいドローンを借りることができたので、どんな撮影が可能なのかいろいろと試してみることにしました。

自動で対象物を追尾する様子は驚くべきレベルになっており、これ1台でほとんどの空撮シーンに対応できそうな性能を秘めていることがわかります。

透明のカバーがつけられていますが、フライト時には外して飛ばしてもOKとのこと。

飛行中のMavic PROから送られてくる映像をリアルタイムで確認することができ、録画やカメラ撮影などの操作を行うことができます。

その状態で、カメラのアングルを確認するように両手の指で四角を作ると、なんとアプリがその動作を認識してタイマー撮影を行います。

- 自撮りも可能な自動追尾撮影機能「アクティブトラック」を搭載したドローン「DJI MAVIC PRO」レビュー - GIGAZINE

飛行時間や飛行速度、カメラ性能など詳しくは後述するが、Phantom4と同価格帯・同水準の高性能ドローンであり、そこに「軽量化」と「折りたたみ機構」による携帯性の著しい向上が図られたのが「Mavic Pro」である。

通常、ドローンを飛行させようと出かける場合、ドローン本体に加えて、コントローラー(正確にはプロポと呼ぶ)、予備プロペラ、予備バッテリー、これらを入れる専用バッグが必要となる。

自撮り画像・動画撮影にドローンを利用すると、通常とは全く異なるアングル・距離感からの魅力的な作品を生み出すことが可能となる。

Wifiモードと送信機モードはスイッチひとつで切り替え可能であり、Wifi接続時には操作可能距離は80mと短くなるが、セルフィー撮影やアクティブトラックモードを利用することを想定すると十分な距離といえる。

これに合わせてドローンを携帯するためのリュックなどの携行品もサイズダウンすると考えると、MavicProは約1kg装備重量を軽くすることが可能ということだ。

- はたしてMavic Proは個人ユーザーの購入すべき空撮ドローンの最適解になりうるか【考察レビュー】 - ドローン革命軍

内容品はドローン本体(バッテリー付属)、送信機(プロポ)、プロペラ×4、充電アダプター、さらに嬉しいことにmicroSDカードも付いて来ました。

この専用バッグですがこれにドローンを飛ばすのに必要なものは全て収まってしまうのに驚きました。

操作はスマホにDJIGOという専用のアプリをダウンロードして、写真のように送信機(プロポ)とスマホを組み合わせて操作します。

ここで気をつけてほしいのはこのセンサーが前方と下方のみついているということです。

DJI MAVIC PROは初心者でも簡単操作でき、素晴らしい映像が撮れる高性能ドローンです。

- DJIの最高のドローン、Mavic Proのレビュー。 – s o r a t o b i

業界の中では激震レベルのインパクトのある製品であるということは肌で感じているのですが、Phantom4のすみ分けなどが気になって仕方ないので私なりに今日現在思うことを書きます。

そういう意味ではPhantom4とは明らかに違うカテゴリの機体で、より気軽に楽しく飛ばせるホビー用途を狙っているのではないかと推測してます。

カメラの品質、機体の安定感などは飛ばすまで分からないのですが、今のところ以下のYoutubeビデオが一番詳しくレビューしています。

このレビューによると、プロペラの音がPhantom4に比べて静かなこと、ただしカメラの解像度はやはりPhantom4が勝ることなどが確認できます。

携帯性に優れるのはもちろんですし、Phantom3レベルの制動性があるのなら初心者の方でも十分にフライトを楽しめます。

- 待って待って!DJI Mavic買うんですか??? – Y's Drone School ワイズドローンスクール

写真はMacbook Pro13インチの上に乗せてる状態だがこれでも十分コンパクトになったことがわかるだろう。

ただ機体が小さいので、ちょっと遠くに飛ばすと見失ってしまうような感じだったので上記の映像では200m以内程度での飛行でした。

一度に4個バッテリーを接続して順番になりますが、朝起きてる頃には全て充電が完了していることでしょう。

そこで今度試してみようと思うのがこちらのレフ板(笑) サイズ的には60cmがジャストサイズでしたので、今度使ってみようと思います。

空撮専門、となるならやはりInspireなどの業務用の方がもちろん精度も高いのでしょうが、僕のようにインサートとして「ちょっと使う」レベルの人だったとしたらこの大きさは本当に神レベルです。

- 【動画あり一ヶ月レビュー】DJI社の小型折りたたみ新型ドローンMavic Proがやってきた!!

爆発的に予約が入っている噂を聞くDJIの小型ドローンMavic Pro発売前にお借りすることが出来たので、細かくチェックしました。

実は、折りたたみだから気づかなかったですが、他のドローン同様にプロペラも簡単に外すことができます。

プロペラガードが無いので、このように簡単に外せて交換できるのは必要ですね。

このように送信機の下部のマウントにはめることはできませんので、スタンドなどを用意したほうが良さそうです。

これ1個で必要なもの全部が充電できるようになっています。

- 【開封DJI Mavic】ドローンユーザーが気になるポイントチェック

さらにスマホ装着アタッチメントも装備し、DJI系ドローンに必須のおなじみアプリ「DJI GO」を使用してリアルタイムでカメラから映し出される映像と、残りバッテリー電圧の確認も。

周囲の状況を把握するための5台のカメラや、GPS、GLONASSへの対応、2台の超音波距離計、 冗長センサー、 それらから得た情報を処理する24個のプロセッサを搭載する。

Stereo Sightセンサーを用いて、木など、進行方向最大15m先にある障害物を回避するシステムを搭載。

なお、付属の送信機を使わず、スマホやタブレットのアプリを使って飛行操作をする事も可能。

一人称視点(FPV:First Person View)で飛行を仮想体験できるもので、周囲の全景を見るために85度の広視野角の2つの1080pディスプレイを両目の前に搭載。

- 【DJI】遂に最強ドローン登場!DJI MAVIC PRO【レビュー】 | CAPLOG

どちらも4Kカメラを搭載(でもPhantom 4のほうがしっかりしてて、HDRでの静止画撮影機能により広角なレンズも搭載)し、障害回避システムに、スマートフォン画面をタップすることで被写体に追従するビジュアルトラッキング機能を備えています。

ドローン初心者にとって、ジンバルはカメラを安定させるために重宝する機能で、カメラの向きを上下に振ることができ、空中滞在時のカメラの安定に必要不可欠。

ありがたいことに、ジンバルロール(カメラの水平位置)の調整は簡単に行なうことができるのですが、それも余計な手間です。

Mavic Proを航空写真・映像用のドローンと考える場合、Phantom 4と同じ条件で比較をすることはあまり意味がないと感じます。

大きいドローンはより大きなカメラを運ぶことができ、頑丈なドローンはより安定した飛行とスムーズな映像を捉えることができます。

- DJI Mavic Proレビュー:コンパクトなサイズと性能はトレードオフだった - ライブドアニュース

1、障害物検知機能は2つのカメラで行われるが、明るさがないと正しい動作ができないため、上空で誤作動すると、前方に障害物が有る時のように前進しなくなる。

夜間飛行時は障害物検知機能は無効にした方が良い。

フライトモードはスポーツモードに切り替えられるようにすると、障害物検知機能誤作動時の対処ができる。

持ち運びを考えるとスマホとの組み合わせが最強に思うが、後でじっくり撮影したものを見たときにピンボケしててショックを受けないように、iPad等を使った方が良い。

どのカメラにも言えることだがAFは暗いところではまともに動かないので、マビックの様にピント合わせがシビアな場合は夜間はマジでピントが合わない。

- dji mavic pro | 雪崩道

DJI Sparkは今までの空撮主体だった機体からよりセルフィーの使い方ができるよう機能を充実させたことで、ドローンをもっと身近に楽しめる方工夫がされています。

そしてジンバルが二軸でも撮影した動画は非常に滑らかでセルフィードローンの用途以上に様々なシーンで楽しめる機体です。

画面上に表示される円形の操作範囲を指でスライドさせてコントロールするのですが、意外とシビアな操作感です。

Sparkの使い方にしっかりと空撮を楽しむ事を考えていた場合、専用コントローラーの購入をおすすめします。

Dronie(ドローニー)、Circle(サークル)、Helix(螺旋)、Rocket(ロケット)の4つのモードを被写体を簡単な操作で押えつつ撮影ができてしまうのは驚きです。

- ドローンをはじめるならDJI Sparkが最適なの?3つの注意点とレビューまとめ | 瀬戸内DRONE WALKER

しかし、Phantom4 Proではこうした、カメラが向いている方向=機体の前方以外に機体を進めるような撮影でも、障害物に衝突する可能性が低くなったと言えます。

ピントも最短1mから無限遠までのオートフォーカスとなり、絞りとピント位置を好みに調整することができ、写真や映像にこだわりのあるオーナーの方は、自分だけの表現を工夫することができます。

例えば、アクティブトラックで捕捉した被写体が、機体に向かって進んでくるような場合、Phantom4では機体を後方に下がらせない設定にするか、障害物があった場合でもそのまま機体が進んでしまうしかなかったのですが、Phantom4 Proでは後方のセンサーが障害物を検知して、機体の進行を止めることができるようになっています。

Phantom4 ProとPhantom4を比較しながらテストフライトをして分かったことは、Phantom4 Proは単にレベルの高い方向に進化しただけでなく、その一方で、安全性を高めることでより多くの人が空撮を楽しめる“懐の大きさ”を得たことです。

ただ、よりきれいな写真や映像を撮ってみたいという方にとっては、Phantom4 Proの機能と性能には、その価格差を埋めるだけのバリューが十分あるのではないでしょうか。

- 機能と性能向上で“懐”が大きくなった DJI Phantom4 Proレビュー | DRONE MEDIA