ドローン

DJI

Phantom 3 Standard

レビュー

簡単ではありますが、ファントム 3のコントローラーの操作方法を説明していきますね。

操縦する際に使うのは、基本的に2つのレバーのみ。

ファントム 3の操縦は慣れるまでが難しくて、特に「旋回と移動」を間違うことがよくあるようですね。

ファントム 3はかなり高価なものですから、実際に飛ばす前に必ずこのアプリを使って練習しておきましょう。

仕事として使いたいとか、お金に余裕のある方は高画質の最高峰4K対応のPROFESSIONALをどうぞ。

- ファントム3を購入した人に会ってDJI社のドローン性能を実際に確かめてきたよレビュー | SEKATABI

しかしながら、飛行時間が約5分長い28分に延びたこと、バッテリーの着脱が容易になったことを考慮すると、今回のレビュー参加者の中では仕様変更に前向きな声が多く上がりました。

このように、フライトを始める前からレビュー参加者が大きくテンションを上げるほど、パッケージや機構に大きな進化のある「Phantom 4」。

また、DJI Lightbridge ビデオ伝送システムも搭載しているため、最大2km先でもスマート端末を使ってHDやリアルタイムでカメラの映像を確認できるのもうれしいところです。

今回搭載されたアクティブトラック機能によって、ユーザーはDJI GOアプリをタップするだけで動く被写体を自動で追尾し、常にカメラの中央に捉えることができるようになりました。

今回のテストフライトで感じたのは、Phantom 3 と比べて、画質、飛行安定性、空撮の幅を広げる新機能、などなど、カタログスペックではわかりにくいですが、実際に操作するとはっきりと違いを感じる数々の大幅な進化を遂げていました。

- これは買い!正統進化を遂げたDJI Phantom 4 レビュー | DRONE MEDIA

最終的にYoutubeなどネットの世界では4Kは全く流行っていないのと4Kで撮った動画はファイルサイズがおもすぎて使う事はないだろうという事からStandardになりました。

僕が購入した時はアメリカの特大バーゲンの日だったのですが、Advanceモデルはその場になくProfetionalとstandardではあまりに価格差が広く、4Kを使わないとなると飛距離だけにそこまでの値段は払えませんでした。

まず画質に関してなんですけど、2.7Kを自分のPCに取り入れて見ている時に「うっわ綺麗・・・」と息を飲むくらい美しく一番最安値のモデルですけどDJIはDJIでした。

特にぼくは障害物回避センサーが搭載されてない事について心配でしたが電波の通りやすい広場を選んで飛ばすので今の所は何も問題ないです。

一度ビデオカメラの変わりに使った時は別途で音を撮りました(それくらい画質はよく感じます) 他のDJIドローンと比較すると画質劣化してますけど単体しか持ってないと何も気にならないです。

- 初心者におすすめなDJI phantom3standardレビュー

というわけで今回は、飛行性能、空撮性能どちらも高い性能を兼ね備えた「DJIのPhantom3」を私が実際に購入するにあたって調査したことをご紹介します。

つまり4kカメラは、4kテレビを持っている方あるいは、業務用に超高画質が必要な方以外には、オーバースペックであると感じます。

もちろん充電は速いほうが良いですが、100Wの急速充電器は別途、あとから購入することも可能です。

DJIは全世界のPhantom3ユーザーによる不具合報告・クレームのフィードバックにより、センサー/材質などハード面の改良、アップデートによるソフト面の改良を積み重ねていることでしょう。

そして何より「Phantom3 Professional」を買うのであれば、近い価格帯で購入できるDJIの最新ドローン「MavicPro」を選ぶ方が断然オススメです。

- DJI Phantom3を今 僕が買う理由!正しい買い方、グレード比較と選び方。 - ドローン革命軍

▼関連ブログ ・ドローンを楽しむなら今?待望の「Phantom3」は5/20発売で4K撮影にも対応! ・DJI Phantom3 Professional + 予備バッテリーセット(4Kカメラ搭載)モデル ちなみに予備バッテリーセットで買っているのに、 どうみても予備バッテリーが付いてないー!っていうプチアクシデントがありましたが、 後日発送って明細表に書いてありました... 買われた方はご心配なく(笑) それでは開梱・外観フォトレビュー!行ってみましょう! ふたを開けるとマニュアルなどの書類関係が入っているケースがシールで止めてありました。

・PHANTOM3(機体) ・プロポ(送信機) ・プロペラ(ペア4本)予備含め計8本 ・インテリジェントフライトバッテリー ・充電器 ・電源ケーブル ・製品関連書類セット 以下「贈り物」として ・ジンバル締め具 ・予備ダンパー×4 ・SAカード(16GB) ・Micro-USBケーブル ・落下防止装置×2 ・ダンパーパケット×4 ・レンチ ・ステッカー×5(金、銀、赤、青、ピンク) クイックスタートマニュアルは日本語になっているので安心しました。

あと、左端のジンバルのユニットのところに「microUSB端子」があって、 ここにUSBケーブルでパソコンと接続すれば、メモリーカード内のデータを読むことが出来ます。

このスタンドに、スマホ・タブレットを固定して カメラに映った映像を見ながら操作することもできます。

ってことで、「Xperia Z3 Tablet Compact」をスマホ感覚で取り付けると 見た目無細工ですが、電源ボタンボリュームボタンの干渉なく装着できました。

- ドローンこと、DJIの「PHANTOM 3」がやって来た!早速、開梱・外観レビューだ!:ソニーで遊ぼう!:So-netブログ

この機種は一つ前の機種であるPhantom 2 vison+に近い物がありますね。

あとは、もっと大型のドローンを買う前の練習用とか、予備機としても最適です。

さらに、飛行時間が最大25分と、他の2機種より長いのもありがたいところです。

ドコモへいきいろいろ複雑な設定でビデオみれますがコントロ-ル機体カメラビュ入れないと見られません写真はギャラリでスマホだけで見られます。

いろいろ調べました 機体やカメラではなくスマ―トホンが誤作動していました。

- Phantom 3 Standardを飛ばしてみた | カメラスタビライザー.com オフィシャルblog

名前の通り「プロフェッショナル」「アドバンス」は比較的業務にも使用するドローンなので、10万円以上して高価なのですが、一般的な「スタンダード」は安価に作られているのでお勧めなのです。

初心者の方でも、簡単に操縦できる1つの仕組みとも言えますね。

上位機種でも用いられている3軸ジンバルを搭載し、カメラはフルHD も撮影可能です。

つまり、通常のテレビ画面やパソコン画面、youtubeなどで視聴するには充分なカメラ性能です。

Phantom3のカメラキャップ(レンズカバー)を購入してストレスフリー。

- このドローンは格安!空撮を趣味で楽しむのにベストなPhantom3 Standard。 | ドローン撮影ならドローンエンタープライズ

また、ボタン1発で自分のところに戻ってきてくれる機能(ゴーホーム)、電波が届かない状況になったら自動で電波の届く範囲に戻ってきてくれる機能。

実際は20分前後になると思いますが、バッテリー1本で長いフライトが出来るのは非常に魅力的です。

8GBなので、すぐにいっぱいになるかもですが、こまめにパソコンにデータを移動するのであれば、特段SDカードは購入しなくともいいかもしれませんね。

自分はSDカードが付いてくることを知らず、64GBのを買ってしまいましたけどね。

Phantom4ですと、商品が入っている箱自体が発泡スチロールのケースとして利用できます。

- Phantom3 standard(ファントム3スタンダート)の口コミレビュー!|ついにドローンゲット!

Phantom 3 Standardは、ボタン一つで帰還することが可能なので、完全に自由に自信をもって飛行させることができます。

Phantom 3 Standardは、飛行中つねに安定しており、コントロールされた状態にあります。

各飛行を通じ、Phantom 3 Standardは、お使いのモバイルデバイス上のライブGPSマップに位置情報を送ります。

このマップを使用して、正しく現在の位置を確認し、どちらの方向に向いているのかを把握し、Phantomを誘導して瞬時に手元に戻すことができます。

プラスティック製の保護容器は、損傷を防ぐのに役立ち、バッテリー寿命を延ばすとともにバッテリーを安心して利用できるようにするインテリジェントセンサーを備えています。

- Phantom 3 Standard –エントリー向けオールインワンドローン- DJI- ドローン・無人自動空撮システムのパイオニア

Phantom 4の最大の特徴は、空間や画像を認識をして自動で飛行する仕組みを備えていることだ。

TapFlyとは、コントローラーにつないだタブレットに写った映像の点をタップすると、そこを目指してPhantom 4が自動で飛行する機能だ。

もともとドローンは、操縦者の腕次第だったラジコン飛行機とは異なり、GPSやセンサーを搭載することで、「誰でも安定して飛ばすこと」を可能にしたものだった。

単に「飛んで撮る」だけにとどまらず、自動による「安全飛行」と「簡単撮影」を実現したPhantom 4は従来のドローン製品群から抜け出した存在と言えるだろう。

最後に宣伝になるが、筆者は現在、このPhantom 4を使って、安全で安定した飛行の手引きや、効果的な空撮方法を紹介した「最新ドローン空撮入門」というムックを制作中だ。

- 【レビュー】ドローンは自動追尾/衝突回避の時代に。DJI Phantom 4を試す - AV Watch Watch

今回は新品で購入したPhantom3 Standardのカメラの初期不良についてです。

そして、今回はカメラのピンボケということで、購入したショップに初期不良の対応をお願いしてみました。

最悪カメラの交換は難しくないのでサブ機のカメラを、今回新品で購入したものに付け替えようと思っています。

以前から「JJRC H37」が気になっていたのですが、技適マーク付きの国内認証されたものを売っている販売店がみつからず保留していたんですよね。

機体の重量が200g以下で、4K動画の撮影が可能なおすすめのドローンを紹介します。

- 【Phantom3 Standard カメラ初期不良】空撮動画がピンボケしていたので、対応をお願いしてみた | ドローンBROG

操作性・飛行性能が高くドローン初心者にもおすすめで、カメラの高品質さから業務用に利用しているユーザも多いのが、DJIのPhantom3です。

Phantom3のProfessinalとAdvancedの違いはカメラと充電電力の2つですが、Standardはビジョンポジションシステムがないため機体も少し軽く、リモコンも異なる形状のものが使われており、見通しのいいエリアでの飛行限度も短くなっています。

Phantom3に必須となるのがモニターとして利用することになる、スマフォやタブレットです。

Phantom 3は購入すると、初期に同梱されているものとして、機体・リモコン(プロポ)・バッテリーがありますが、これだけでは飛行させることができず、する必要があります。

DJI Phantom 3にはたくさんのカメラ機能があるものの、どのように利用すればいいのか、カメラ初心者にはわからず。

- DJI Phantom3徹底解説! 購入からアップデートや使い方等 | BE INTO DRONE [ドローンメディア]

また、DNG RAWおよびJPEGの形式で12メガピクセルの静止画を撮影することが可能となっています。

カメラが捉えた映像はWi-Fi接続したスマートフォンなどの端末でほぼリアルタイムで確認することができるほか、リニューアルされたスマートフォン用「DJI GOアプリ」からは写真の撮影やムービーの録画、カメラの設定などを行うことが可能。

カメラを装着するジンバルは上位機種であるPhantom 3 ProfessionalおよびPhantom 3 Advancedと同タイプとなっているようです。

DJI Phantom 3 StandardはGPSを用いた安定化機能を備えており、焦点を合わせる場所や対象物を選択することで常にその対象物を捉え、自動的にその周りを旋回する「ポイント・オブ・インタレスト」、被写体を自動で追い続けるフォローミー、あらかじめ設定されたルート上を自動で飛行するウェイポイント・ナビゲーション(自律飛行)などのインテリジェントフライト機能が備わっています。

なお、これらのインテリジェント機能は、当初はDJIのプロ向け製品用に発表されたものですが、今後数週間のうちに他のDJI Phantom 3シリーズでもファームウエアのアップグレードにより利用できるようになるとのこと。

- DJIが10万円切りのビギナー向けシリーズ新機種「Phantom 3 Standard」を発表 - GIGAZINE

自動フライトアシスタント Phantom 3 Standardは、ボタン一つで帰還することが可能なので、完全に自由に自信をもって飛行させることができます。

カメラをPhantom 3 Standardに保持する3軸ジンバルは、ハリウッドの映画製作者に信頼され、常に安定した画像を提供する高性能機器で使用されているのと同じ技術に端を発しています。

飛行を身近に 特注のリモートコントローラーにより、常にPhantom 3 Standardを自由に操ることができます。

完全なカメラコントロール DJI Goアプリにより、カメラを完全にコントロールすることができ、HDビデオ画像をリアルタイムで画面上で見ることができます。

ご使用の前にこのページをよく読み、機体およびコントローラー等の設定、フライト地域が適切であることを確認してください。

- DJI PHANTOM 3 STANDARD

よって、「Phantom 4 Pro」の方が若干価格が高いですけれど、5方向障害物検知センサーが搭載され、安全性が最も高いため(初心者への)おすすめ度を「★★★★★(5つ星)」にしました。

1台のDJIドローンに最大4つのDJI Goggles(ゴーグル)を同時に接続することもできるため、リアルタイムでお友だちと映像の共有が可能です。

この5方向障害物検知センサーが搭載されたことによって、ドローン操縦がかなり安全になりました。

ですが、5方向障害物検知センサーによる操縦アシスト機能があれば、初めてドローンを操縦する初心者でも簡単にドローンを操縦することが可能です。

Phantom 4 Proが安全なのは5方向障害物検知センサーが搭載されているからですが、その分、価格も少し高くなってしまっています。

- DJI Phantom 4 Pro & Advancedレビュー:マビックプロとのスペック比較も含めて評価します | FLY DRONE .jp

「Phantom3 Standard」の送信機は、従来品に比べると、スイッチやボタンが少なく操縦に必要なものだけを配置しています。

ドローンを操縦するのに欠かせないリモートコントローラーは、指1本での操作が可能なので、簡単に飛行、空撮することができます。

Phantomシリーズの場合、従来品ではカメラはオプションで搭載されてはいませんでしたが、「Phantom3 Advance」は、カメラ搭載型のドローンなので、飛行中にカメラの向きが安定しているというのが重要になります。

従来品がカメラはオプションだったのに対して「Phantom3」はカメラ装着型であるからこそ、4K動画が撮れるドローンが誕生しました。

従来のドローンに付属していたカメラでは避けられなかった、歪みがないので、見やすく、美しい4K動画を撮ることができます。

- ドローンの代名詞!DJIの「Phantomシリーズ」を比較してみた | RentioPress

その1 ドローンを操縦するために必要な安全確保や判断DJI CAMP 技能認定専用テキストを読んでDJIは、空撮用ドローンの製造販売において、世界最大手の企業です。

スマートフォン等の電子コンパスの場合、移動に伴い、正常な方位を指さなくなった時に、それを正すことがあります。

1.マルチコプターの特徴第6回 ドローンで空撮する前の確認 Part.1の注意項目に関連した補足的な説明です。

第6回 ドローン空撮前の確認 Part.1さて、準備物の用意ができたら、ドローンを飛行する時の注意点を確認しましょう。

必須ではないが、あると便利なもの望遠鏡phantom3の操作可能範囲は見通し距離で2kmに達します。

- DJI FAN ドローン Phantom Osmo等のファンサイト 解説レビュー

ある程度操作に慣れてきた中級者の方は、せっかくのドローンですから空撮を楽しんでみたらどうでしょうか?プライベートで飛ばすなら、5万円以下の物でも綺麗な動画が撮影できます。

プロ向けのドローンでは操縦とカメラ操作が別々になっており、2人以上で操作して撮影する機能もあるんですよ。

基本的にはスマートフォンやタブレットなどに専用のアプリをインストールすることで、カメラから送られてきた動画を見ることができます。

カメラが現在撮影している映像をリアルタイムで見ることができるのがFPV機能ですが、2014年に発売された「GALAXY VISITOR6」は、当時FPV機能がついているのは5万円以上の高価な機体のみだったにもかかわらず、2万円以下の低価格ながらスマホを使ってFPV機能を実現。

このような素晴らしい機体ではあるのですが、価格がかなり高いので、誰にでもおすすめするのは難しく3位になりました。

- ドローンの最強おすすめ人気ランキング11選【2017年最新版】 | mybest

以前とある方から作ってもらったタブレットホルダーこれが原因で通信エラー頻発 50mアタリで映像信号 とバインドが切れやすくGo Home頻発していました これを回避するため送信機の向きを忙しなく動かして いました 調べてみるとレバー上辺りの内部に映像受信アンテナがある事が判明 ちょうどその上にタブレットがあるので電波を遮っていたようです そこで注文したのがこれ Phantom3Professional用タブレット ホルダー 海外通販で36ドルほど しかしながらそのままでは合いません Professional用は固定ようネジ穴が開いておりストラップを付ける 穴と2ケ所で固定する用になっています Standardの送信機にはありませんので外す必要があります ブラケットがプラスチック製でストラップ用の穴でだけの固定では強度に不安があります そこで注文 したのがこれ Standard用ブラケットヤフオクで2650円でした ホルダーをブラケットから外し入れ替えます・ このホルダー スマホとタブレットの両方に対応してます 爪を起こしてスマホを挟めるようになっています タブレットの場合は脇の出っ張りを押すと ゆっくりとクランプが上がります167mmまで広がりますので10.1インチの私のタブレットも収まります 次に電波をより遠くまで飛ぶようにリフレクターを注文しましたこれも海外通販で送料込みで1000円 ほどです タブレットを挟むとこんな感じになります。

強度も問題ないようです ホルダーを交換したことで安定するようになりました 少々割高ではありますが使い勝手も良くなり通信エラーの頻度も格段に少なくなりました。

コメントありがとうございます 最近更新サボり気味で・・・(^_^;) リフレクターですが私の機体ハズレ機体のようで100mほどでGO HOMEが発動しやすいようで 試しに購入しました 結果200m以上は普通に 飛ぶようになりました 映像電波は切れた事はあまりないですね 300m辺りで操作系の電波が怪しくなります 最近はDJI GOではなく有料アプリ Litchi for DJI Phantomと言うアプリを使用 しています このアプリ事前にPCやタブレットでWAY Pointの設定が出来て万が一バインド切れでもフライトプランを最後まで遂行 されますのでPhantomのスペックをフルに 使えます有料なだけあってかなりよく出来てますDJI GOでは不可能な飛ばし方が可能 になります。

そうです 近い場合さほど気にする事はありませんが機体が離れている場合リフレクター面 を機体方向に向けていたほうがいいです このアプリ欠点もありまして基本設定やカメラのEV値などDJI GOの設定に依存するので例えばDJI GOでの飛距離,高度を100m としますLitchiでは300mとしてWAY POINT 200mに設定しても実際はエラーとなって 飛ぶ事が出来ません これが分からなくて しばらく悩みましたカメラのEV値も同じで Litchiでは設定出来ないので天候の具合で 変更する場合DJI GOで変更してやらないと 駄目なんで面倒です。

しかし事前に飛行プランを作成できるのは いいですしかもPOIのような事も同時に可能 事前に設定しないとですけど各POINTの 高度 機体の向き カメラの角度の設定が出来ます 手動操作でほぼ不可能な事が可能になります。

- 「DJI Phantom 3 Standard 送信機通信環境改善」通りすがりのおじさんのブログ | 駆け抜ける歓び・・・・諭吉も・・・・(^^ゞ - みんカラ

ホビー用ドローンに期待される機能はすべて備え、非常に美しい写真やビデオを撮影することができる。

スマートフォンから操作を行う場合、スマートフォン側からGPS情報などが送られるようになり、またドローンからの映像をリアルタイムで確認することができる。

着陸させたい場合にもホームボタンないし着陸ボタンを押して空から呼び戻すことができるようになっているのだ。

Professonalモデルのカメラは1200万画素で、いずれの高度においても4096x2160pのビデオを撮影することができるようになっている。

撮影用のデバイスとしても、またフライトを楽しむためのプロダクトとしても、DJIのPhantom 3シリーズを大いに気に入っている。

- 「簡単に」ドローンを飛ばしたいのならDJI Phantom 3 Professionalの一択! | TechCrunch Japan

Phantom 4ではPhantom 3 Professinalと比較して5分間ほど飛行時間が長くなっており、これはバッテリーのサイズ自体が大きくなったことが起因しています。

これは、GPSが受信できない場所でも安定した飛行を実現するビジョンポジショニングの高度がPhantom 4では0〜10メートルと伸びたことが要因です。

これによって地表の地形データをより正確に取得できるようになったため、従来比で5倍の精度で3次元の地面の情報を取得することが可能となりました。

Phantom 4の進化の中でも最も注目のポイントが障害物回避センサーが搭載されたことです。

機体が飛行中に障害物を検知すると、DJI Goのアプリから警告音が発生し、それ以上機体を前に進めることができない状態となります。

- 最新ドローンPhantom 4はどこがすごいの?Phantom 3 Professionalとの違いを徹底比較! | DRONE BORG

Phantomシリーズを初めて触る人はまずこの設定で飛ばしてみたほうがいいかもしれませんが、私はPhantom 2を操縦したことがあるのでこの設定は解除しました。

Phantom 2に比べてモーター性能がUPしたからなのか、制御システムが進化したからなのか、プロペラの羽音が安定しているように感じます。

この画面でGPS強度、電波強度、バッテリー残量、残りの飛行時間、カメラの設定、高度、距離、速度、上昇/下降速度などフライトに必要な全ての情報がわかります。

フライト時間はカタログ値23分ですが、バッテリー残量30%を超えるとアラームが鳴って着陸を促すにように設定されています。

アプリで変更可能ですが、安全のためにこの設定に従って30%を以下になったら着陸させるようにすると、フライト時間は16分くらいでした。

- Phantom 3 Professional フライト&操縦とキャリブレーション | ウェザーライフのブログ