ノートPC

Apple

Macbook Pro 13インチ 2016年モデル

レビュー

MacBook Proに限らず、持ち運べるあらゆるデバイスに求められるのは、より小さく軽いこと、そしてバッテリ持続時間がより長くなることだ。

いずれも一回り小さくなっており、特に15インチモデルは、(レビュー機がスペースグレーであったことも含め)、より小さく感じた。

いずれのモデルも、同じカバンでも余裕を持って収納することができるようになり、薄型化以上に小型化は魅力的だと感じた。

このほかの外見上の違いとしては、ディスプレイのフタの部分のAppleロゴが点灯するタイプから、iPhoneなどと同じように、磨かれた金属のロゴに置き換えられている。

13インチモデルで比較すると、カタログ上のワイヤレスインターネット使用時間は10時間で、変化なしだった。

- 新・MacBook Proレビュー--Touch Bar搭載13インチモデルが放つ魅力とは - CNET Japan

今回、僕が買ったのは「Touch barなし」のモデルです。

ですので、デスクトップ用(ストロークが長い)キーボードを普段使用している方はいつもの調子でキーを叩いていると疲れます。

「Touch bar無しのモデルでも、ある程度はサクサク動く用に作られていますので、複雑な編集をしなければ大丈夫」とのとこでした。

CPUのクロックが2.0GHzと低いですが、性能を示すスコアは前モデルと同じのようです。

前モデルより駆動時間が短くなった事はいただけません。

- 【レビュー】MacBook Pro(2016) 13インチモデルをねっとりレビュー - ですとぴあ*の研究所

このスコアは2016年モデルのTouch Barを搭載しているCore i5と同じほどの性能になっているので、少しでも速いプロセッサが良いという方は2017年モデルを選んだ方が幸せになるでしょう。

新世代のCPUプロセッサになったことでCPUに内蔵しているGPUもIntel Iris Plus Graphics 640に進化し、約5%の性能が向上しています。

Photoshopに関してはさほど差がありませんでしたが、Illustratorの起動については5秒ほど短い時間で起動から表示までいくことができました。

これだけ大きくてもキーボード操作をしている時に手でトラックパッドに触れても誤動作がほとんど起きないのは、macOSの凄いところでもあります。

16GBのRAMを搭載すればメイン機としての使用も十分に耐えることができる性能を持ってい流ので、個人的にノート型のMacを買うなら13インチのMacBook Proがバランスの取れた万能マシンだと思っています。

- 13インチMacBook Pro 2017 レビュー!旧型からどこが進化したのかCPUの性能などを比較! - シンスペース

現在、メイン機として使っている外部GPUを搭載している上位モデルの15インチMacBook Pro(Late 2013)と比較してもアプリの起動や動作速度が遅いと感じることは少ないです。

起動時間を比較してみたのですが、さすがにファイル容量が大きなデータを開くときや重い処理をするときは15インチMacBook Proの方が速いですが、ちょっとした作業であれば性能の低いMacBook Pro(Late 2016 Two Thunderbolt 3 Ports)でもキビキビと動いてくれます。

さらにCPUはクロック数が2.0GHzと抑えられていますし、タッチバーを搭載していないということはタッチバー有りモデルに比べても電池の持ちはいいはず!公式のバッテリー駆動時間が同じになっているのか不思議でならないのですが。

Touch Barなしの8GBのRAMを搭載したいわゆる標準モデルを使っているのですが、まったく不都合を感じたことがありません。

すぐに容量いっぱいになってスワップ使用領域が増えていくのですが、MacBook Pro 2016のストレージ速度が高速なおかげか動作が極端に遅くなるということはほとんどないように感じます。

- 13インチMacBook Pro 2016(タッチバー無し)を使って感じた良い点・悪い点【感想レビュー】 - シンスペース

これまでMacのノートブックに搭載されたものの中で最高のディスプレイです。

おそらくですが、MacBookのヘビーユーザーよりもWindows PCから移ってきた操作がよくわからない初心者のほうがすぐに馴染めるような気がします。

画面を触って操作するわけではないので、PCの特性を残しつつ、タッチ機能を付けることでスマートフォンのような感覚でも使えるのでなかなか面白いですね。

他にもベースのCPUやカスタマイズによるCPUに選べる種類が違いますが、Touch BarやUSB-Cポートのように気にするほどでもないと思います。

SDカードが認識しないときの対処法は?パソコンやスマホなどデバイス別に解説。

- MacBook Pro 13インチ(2016)のレビュー。TOUCH BARの有無での違いは?

でも、MacBook Proは静かすぎて起動してるかしてないかもわからないレベル。

ただ、12インチMacBookよりも1ポート多いので、片方は充電用として割り切って、もう一方をハブで拡張するという使い方ができます。

そうすればハブの方にSDカードのリーダーとか外付けHDDとかを常に接続しておくという怠惰な運用ができます。

ただ、2ポートと少ないことよりも気になるのが、2つのUSB type-Cポートのお互いの距離が近いということです。

広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。

- 【1週間レビュー】13インチMacBook Pro 2016を使って気づいた良いところ・悪いところ - 理系男子のぐうの音

また個人的理由(注文ミス)でUKキーボードになってしまったので、この辺も慣れの要素をかなり大きくしてしまい、1ヶ月経過してようやくまともに打てるようになりました。

Touch Barは対応しているアプリごと、または右端に常時出ている基本スペースをカスタマイズすることができます。

右端のスペースには「入力ソース」と「スクリーンショット」を置くのがおすすめです。

MacBook Pro13インチは、MacBookのように持ち運びに特化した設計ではありませんが、持ち運びが楽で、ある程度の作業を行うには十分なスペックがあり、バランスのいい製品です。

CPUの性能とグラフィックボードの性能がかなり違うため、当然、作業の内容によっては13インチでは厳しい場合があります。

- MacBook Pro 13インチ(2016 Late) 1ヶ月使用レビュー。 | ガジェぶろ.com

滅多に使わないデータなんかは外付けのHDDや研究室のPCに置いておけば良いし、iPhoneの母艦には自宅のiMacを使っているので、 512GBあれば十分です。

Apple製品全てに共通することですが、開けた時の印象を凄く意識していますよね。

Touch Barは思ったよりも高解像度で、物理キーと並んだときの違和感はほとんどありませんでした。

Touch Barはなかなか面白いです! 画面の明るやさ音量を直感的に操作できるのは、思いの外便利でした。

あと地味ですが、Finder操作時にフォルダの作成・削除がTouch Barから一発でできるのも意外と使えます。

- MacBook Pro 13 Late 2016 with Touch Barのレビュー - STELLA's NOTEBOOK

制作会社からいただいた、ビットレートがべらぼうに高い4Kデータでも、一切コマ落ちすることはありませんでした。

ということで、Display Menuを使わず、本体設定の最大解像度1920*1200で、生産性、快適度、目の負担とのバランスを見てきました。

それよりも、MSのOffice365がタッチバーに対応した対応している感じなので、無理に使おうとしていますが、今のところ、ショートカットキーで事足りています。

ただプロセッサも世代が変わってるし、バッテリーの容量自体は13インチよりは多いので、それでプラマイゼロって感じなのかなと思ってました。

ということで、毎日持ち歩かない人にとっては、今すぐ13インチを窓から投げ捨てて15インチにすべき快適さがあることは間違いありません。

- 【レビュー】Macbook Pro 15インチ(2016)を購入。13インチpro(mid-2014)との比較レビュー、そして周辺機器の購入など。 - すりゴマ・ドットコム

1つ目は、いつもの仕事をこなすPC(アプリ実行機)として、十分な性能アップが計られたのか、という点だ。

ベンチマークソフトと呼ばれるパソコン用パフォーマンス測定アプリの多くは、単純なハードウェアの性能を測っているに過ぎないが、実際に日々の仕事でさまざまなアプリを使ったときに実感する体感性能は、CPUやGPU、メモリ、内蔵SSDといった主要パーツのスピード、さらにはそれらの間で大量のデータを相互にやり取りするスピードのバランスが生み出している。

特に高解像度の写真や短時間に大量のデータが行き来する4Kビデオの取り扱いなど、巨大なファイルを扱う作業ではストレージの性能が一番物を言う。

ちなみに、15インチモデルをバッテリー動作で使用してみたところ、単純な音楽再生やテキスト作業だけであれば公称の10時間を超えた。

CPU単体の性能ではなく、バッテリー動作時間も考慮した上でのトータルの処理能力、そして繊細な色表現や、音の中の小さなノイズにも気づかせてくれるスピーカーの採用など、総合力でいえば新型MacBook Proは間違いなくクリエイティブプロフェッショナルの理想のマシンとして十分な素質を備えていると言える。

- 林信行のTouch Bar搭載「MacBook Pro」徹底レビュー (1/5) - ITmedia PC USER

※15インチを購入される方は、性能重視の方だと思うので、以下の話は聞き流してください。

皆さんはよく「macbook pro 13を買うなら特盛スペックで! メモリは16GB必須!」という言葉を聞きませんか? 私はこれには反対します。

大抵の人は上記作業くらいしかしないんじゃないですか? それなのに16GBのメモリを積んでも正直無駄です。

他にも、CPUがTouch barなしモデルは少し性能が低いです。

ただし、他の方も言われている通り、ここをブラインドタッチで操作するのは難しいです。

- 【聴くレビュー対応】新型macbook pro 13購入レビュー! macbookから乗り換えました。 | ガジェット・オブジェクト

といっても、みなさんが気になってしょうがない、Touch Bar搭載モデルは、出荷がまだ先であるため、レビュー機材が届いていない。

どんな感じの製品になったか、基本的なところからチェックしていこう(編集部注:新型MacBook Proの最廉価モデルとなります)。

今回はちょうど、MacBook(12インチモデル)を仕事のためにもってきていたので、サイズや動作比較も含め、お読みいただきたい。

素うどんじゃなければペペロンチーノでも、盛りそばでもいいのだが、とにかく、「PC(Mac)としてシンプルだが地力のある、使いやすい製品」だと感じる。

なにより、CPUパワーが大きく向上し、ディスプレイも2560×1600ドット・227ppiのRetinaディスプレイになったのだから、文句はないはずだ。

- ASCII.jp:新MacBook Pro・Touch Barなしモデル速攻レビュー (1/2)

充電環境がACアダプタ(大きめだけど)&ケーブルと、スリムになったのはありがたい。

環境設定を見ていたら、Touch BarをFnキーモードに固定しておくアプリケーションは個々に設定できるようです。

そして自分、恥ずかしながら、トラックパッドの設定に「三本指ドラッグ」なるものがあることを初めて知りました。

Touch Bar搭載モデルのみ、キーボードスペースの両端に「ハイダイナミックレンジステレオスピーカー」が搭載されたということですけど、出力どのくらいなんでしょうね。

(中略)MacBook Proの電源が入るのは、「ディスプレイを開いた時」。

- MacBook Pro(Late 2016)使用一日目のレビュー | 毎日考

ファンクションキーを大胆に置き換えた、細長いタッチディスプレイ上に様々なコントロールが表示され、タッチやスワイプで操作することが可能になりました。

どちらかというとライト層向けで優しい機能だなと思うんですが、ファンクションキーを使うユーザーの多いPro向けの機材にこれを先んじて搭載し、デベロッパーの改善を煽るAppleは野心的ですね。

日本語入力中にF6でひらがな、F7でカタカナの変換ショートカットは、TouchBarがファンクションキーを置き換えているため使えませんが、変換候補という形でキー入力中に随時Touch Barにテキストが表示され、同様の操作が可能です。

今日一般的な2.1A出力のモバイルバッテリーにつないでみたところ、1時間で10%ほど充電することができました(笑)。

その場合、常にディスクを繋げないとバックアップできなくなるのでは?と心配していましたが、マウントされている(接続されている)かどうかを自動で判別してくれているようで、今のところストレスはありません。

- MacBook Pro Late2016を1ヶ月使ったので本音でレビュー!不満はあるけど楽しいTouchBar、USB-Cややこしいし高い。アクセサリーのレビュー等々 – すまほん!!

以前使用していたMacBook Air 11インチモデル(Mid2013)からMacBook Proへの買い替えなので、処理速度はもちろん大幅にアップしたのですが、一番大きかったのは画面サイズが11インチから13インチになったことです。

付いていれば付いていたで良かったと思いますが、個人的には電源端子もUSB-Cに一本化されたことの方が、遥かにメリットがありました。

接続に関しては、僕の環境だと音楽制作用のオーディオインターフェイスやMIDIキーボード、SDカードリーダー、USBハブ、外付けのハードディスクを使用していますが、変換アダプターを挟むことで全て不具合無く使えています。

これもUSB-Cの長所ですが、電源・USB・外付けディスプレイの接続を全て一本にまとめることが出来るので、上の写真の通り非常にシンプルな接続になります。

SDカード端子が無いMacBook Airの11インチモデルを元々使用していたので、僕の場合は変わりないですが、一眼レフカメラからのデータ取り込み時に不便を感じている人も多いようです。

- 新型のMacBook Pro(2016)を今さらレビュー。発売から約5ヶ月経ち、使えるマシンに! | Little Spring(リトルスプリング)

メモリは多いほうが良いし、データ容量も256GBだと少なすぎるのでメモリとSSDは、アップグレードしました。

カラーは、スペースグレイでキーボードは今使っているMacbook air 11インチと同じくUSキーボードに選択。

Macbook Proが13インチなんですが、同じサイズ何じゃないかなとまちがえちゃうぐらい今回のMacbook Proは軽量化されています。

自宅でも外でも作業をするのですが、持ち運びにも少し重いですがそこまで大変な重さでもないし、USB-Cのことは賛否両論ありますが、USBとか常時使うこともないのでストレスを感じたことは特にないので今のところ良い感じです。

自宅でMacbookを使う時は、外部ディスプレイに接続をしているので、HDMI接続が出来る変換アダプターが必須で、クライエント先でプロジェクターなんか使う時に、USB-Cだと出来ない場合がほとんどなのでこれは必須で購入。

- Macbook Pro(2016)を3週間使ったメリット・デメリット【レビュー記事】 | Plus Box

私の所有するMacBookのホワイトバージョンとMacBook Pro 15インチ2011モデル両方とも、電源ケーブルの根元がダメになってしまったため、電源関連は懸念していましたが、安心しました。

トラックパッドが大きくなったのもあり、Webサイトを見る際などの上下スクロールが今まで以上に楽になりました。

また、私の購入したTouch Bar非搭載モデルは、Thunderbolt 3のポートが2つしかないため、外付けのマルチハブなどが必要になってきます。

これはOSのせいなのかもしれませんが、以前使用していたOS X Lionよりも遅いため、ちょっとやりづらいです。

先代の15インチMacBook Proは、画面サイズも大きくCPUも当時では高かったi7を搭載していましたが、ディスプレイがRetinaディスプレイを搭載する前のモデルだったため、16万円ぐらいだった記憶があります。

- 【レビュー】MacBook Pro 2017 13インチを7日間使用した感想!メリットとデメリット | きになるnet

この感じるか感じないかの重さで、これまで 12インチ MacBook では負荷が大きかった作業が快適に行えるのであれば、僕は早々に MacBook Pro に買い換えた方が生産的だと感じる(12インチ MacBook でストレスなく使用できているのであればそれに越したことはないが)。

僕がそもそも MacBook Pro に買い換えた理由は、処理能力的な面で作業をもっと快適にしたかったから(記事:12インチ MacBook から MacBook Pro 2016 への買い換えを悩む)。

Chrome をメインブラウザとして使用している人は、メモリを 16GB にアップグレードして購入することをオススメしたい。

僕はブログの写真を記事毎に撮影して MacBook に取り込むのだが、SD カードリーダーがないことにより、別途リーダーアダプターが必要な点、それなりに速度が速いリーダーを購入する必要がある。

これまでの MacBook(Pro も12インチも)はカフェのカウンター席などで作業をする際など、自分からみて右側にコンセントがある場合、ケーブルを PC の後ろを回り込ませる必要があった。

- MacBook Pro 2016(TouchBar モデル)は買い?MacBook(12インチ) から買い換えた感想と比較レビュー | トバログ

Touch Barなしの一番安いモデルでメモリだけ増やしたものです。

ちなみにApple製品の箱は開けるのに7秒くらいかかるらしく、それはワクワクを膨らませるための時間で、わざとそのように設計されているそうです。

Appleも、今回のRetinaディスプレイは従来のものより最高だと言っているので、そんな最新のディスプレイを使えて幸せです。

私がいつも使っていたトートバッグはちょっと小さく、入ることは入るのですが、MacBook Pro 2016だけでスペースが埋まってしまうので、他のものが入らなくなります。

それから、これまでのMacBookには充電器にコードを巻きつけられるフックがあったのですが、今回はそれがなくなって正方形になっています。

- MacBook Pro 2016レビュー!開封して評価してみた!結果は大満足! | A New Day

大きな画面が必要な作業はWindowsのデスクトップ、それ以外はMacBook Air(11インチ。

ということでMacBook Pro Retinaディスプレイ(スペースグレイ、13インチ、Touch Bar非搭載)を買いました。

拡張性 ☆☆☆ 価格ドットコムのレビューで拡張性をボロクソに言ってる人いますが、これは購入前から分かっていたこと。

今回購入したタイプのポイントは表面にあるポケット。

拡張つけてUSB、MicroSD、Lightningに対応できれば便利になりますが、まだそこまでゴチャゴチャさせる必要あるのかどうか分からないのと、価格が…。

- MacBook Pro Retinaディスプレイ 13インチを買って一週間使用した感想は「良い」今後はアクセサリーにも期待 - Forest Lover

サブ機として使う予定なので、必要再現の機能と性能を持ち合わせていて価格の安い下位モデルの13インチのMacBook Pro(Late 2016)を購入したわけです。

2016年モデルのMacBookよりディスプレイを開くと電源が自動的にオンになる仕様に変更されましたが、初期設定もしていない状態で自動的に電源がONになったことに驚いてしまいました…(笑)ということで、先に初期設定を一通りしてしまいます。

第2世代のバタフライ構造のキーボードの方がポチポチと反応を指に感じることができ、入力しているという感じがあります。

なお、キーボード横には今まで15インチモデルしか搭載されていなかったスピーカーグリルが搭載され、よりいい音を奏でることができるように進化しています。

本当に持ち運ぶことをメインで考えない限りCPUも高速な13インチのMacBook Proを選択した方がいいでしょうね。

- 新型13インチMacBook Pro 2016の外観レビュー!小型化されモバイル性も向上、スペースグレイが格好いい! | IT Strike

 このMacBook Proの売りであるtouch barは、今のところ文字変換の選択と、音量調整くらいしか使ってません。

また、管理人は英語と韓国語を勉強中のため、各語の配置の都合でUSキーボードにしましたが、日本語入力は今のところ問題なしです。

そもそもノートPCを持ち運ぶということに慣れていなかったので、これは慣れですね。

MacBookもといノートパソコンを購入するのはこれが初めてでした。

デジカメも使ってないしプレゼンで出力することもないため、私のような使い方の場合、USBハブはしばらく必要なさそうです。

- MacBook Pro 2016開封レビュー! - ゆるおたマイライフ

その他にも、私のMacBook Airはメモリーが4GBだったこともあり、複数アプリを立ち上げると重くなってしまってました。

データ移動もWIFIで飛ばせばいいんですが、アナログ人間の私としては「せめてSDカードスロットはつけてほしかったかなぁ」というのが正直なところ。

私のAirがUSキーボードなんで比較としては微妙ですが、キーの数、形状の違いに加え、キーのストローク、キーとキーの間が非常に狭いです。

(とってもグッド!!) 色々悩んで128GBのMac買ったんですが、容量満タンにはなるのは時間の問題っぽいです。

画面が大きいっていうのはやっぱりいいですね! 今回買ったのは、ASUSの23インチフレームレスIPSワイドウルトラスリムモニターです。

- 【比較レビュー】MacBook Pro 2016とMacBook Airを比較してみました!勝者は?【画像あり】

僕の場合は直近でMacBook Air 11インチを使っていたのでサイズアップしたわけですが、それをあまり感じさせません。

システム環境設定、Safari、iTunes、メモなど、標準搭載されている各アプリケーション毎にディスプレイに表示される内容が切り替わります。

使用感はiPhoneのTouch ID(第2世代)と同じで、センサーに指を置いたら即指紋認証されます。

Macユーザーなら知っておきたい!スクリーンショットを撮る3つの方法。

「iPhone X」と「iPhone 8/8 Plus」どちらがいい?僕が比較したことやスペックの違い。

- 【レビュー】新型MacBook Pro(Late2016)2度目の開封!コレは買いだ!

どちらを買うか悩みましたが、MacBook ProがもはやMacBook Airよりも薄く軽くなっており、MacBook Proが実際上位互換的な感じなので、値段を気にしないのならば現状MacBook Pro一択なのかもしれませんね。

画面サイズよりも携帯性重視でね、やっぱりノートパソコンだからさ。

ファンクションキー部分がタッチパネルになるってのは一見いい機能だなぁと感じたんですが、物理キーじゃ無くなることでブラインドタッチが非常にやりにくくなるんじゃないか?って思うわけですよ。

今までWindowsのトラックパッドしか使ったことがなかったので、この使いやすさには本当に感動した。

まずMacBook Airは今回でた新型MacBook Proよりも同じインチ数でもデカイということで選択肢から消えました、値段はいいんですけどね・・・。

- 新型MacBook Pro開封の儀、そして数日間使った感想とレビュー!今買うなら新型MacBook Proなのか? - reilst.txt

HDMIやThunderboltで画面とつなぐことで、マルチディスプレイとして使用することができます。

デスクトップパソコンのように、Macを閉じた状態でディスプレイのみに画面を表示して使用することもできます。

やり方は簡単!ディスプレイに接続し、MacBook Proを電源をつないだ状態で、画面を閉じるだけです。

システム環境→トラックパッドから、「タップでクリック」にチェックを入れれば、タップするだけでクリックの扱いにするように変更は可能です。

どうすればいいか調べたら、びっくり、Macの場合2本指でクリックすることで、右クリックと同じ扱いになります。

- MacBook Pro 2015 13インチレビュー!値段・重さ・CPUのバランスがいい!

悩んで悩んで悩み抜いた挙句、サイズは13インチ、そして今回の目玉機能であるタッチバーの無い一番シンプルなモデルを選択しました。

主な使用用途はメールやブログ編集で、ゲームなど高スペックを必要とするものは行わない予定です。

今はまだ対応アプリが少ないですが、今後どんどん便利な機能を搭載したアプリが出るのは明白です。

というか今の時点で写真にメール、Twitter、WEBブラウザと起動しっぱなしで使うスタイルなので8GBでは少し厳しいです。

今回はMacbook Airの正統進化のようなノートPCが欲しかったので13インチのバー無しになりましたが、タッチバー有りも15インチもほんとに良い製品です。

- 僕がMacBook Pro13インチのタッチバー無しを選んだ2つの理由 | 大阪サボリーマン情報

いずれにしても13インチモデルは外で使うことを前提としているので電池持ちは結構重要です。

と考えると、13インチMacBook Proは下位モデルにRAMを16GBにカスタマイズしたモデルが一番バランスが取れているのかなーと思います。

12型モデルではキーをなでるような打ち方を心がけないと、「突き指」するかのような感覚を覚えることがありました。

前モデルのキーボードは分厚いと思っていたので第2世代のバタフライ構造キーボードは素晴らしい出来です! キーボード下のトラックパッドも巨大で操作しやすいです。

新宿西口ヨドバシで新Macbook Pro 13 in タッチバーなしモデルが2台触れた!キータッチはまあ許せる範囲、キーの動きに遊びがない感じで全体的にソリッドな印象。

- 新型 2016 MacBook Pro タッチバーなしモデルのレビュー・評価まとめ - NAVER まとめ

実際、前モデルが発売された時に、実際に店頭で少しタイピングをしてみたのですが違和感がすごくて「これはちょっと使えないような気がする・・・」というのが第一印象でした。

しばらくまたネットサーフィンをしていると温度は下がりますが、常にファン付きモデルと比較すると本体温度は高めなのかなというのが私の体感です。

CPUは超低電圧版の非力なものを搭載していますが、私の用途では全く不自由を感じません。

Lightroomを除き、常にすべてのアプリケーションを起動していますが、カーソルがレインボーになることもありませんし、至って快適に使えています。

ただ、3Dゲーム等の重い作業をやりたい場合は他のPCをオススメします。

- 【レビュー】MacBook early 2016を購入して分かった12のこと | osw48.com

本体右上にあるはずの電源ボタンが見当たらなかったのですが、このTouch Bar搭載モデルはそこにTouch IDのセンサーがあります。

電源を切るときですが、これまでのようにTouch ID(電源ボタン)を押しても、「再起動」「スリープ」「システム終了」の選択ダイアログは表示されません。

(MacBook Pro で Touch Bar を使う) 他のレビューでファンクションキーがデフォルトで表示されていないので使い勝手がよくないと書かれているのもあると思いますが、私の普段使いではそれほどファンクションキーを使うことはなく、どちらかと言えば音量調整、Exposé、Launchpad、などの方を多く使っています。

MacBookをスリープさせる時は、アップルメニュー()から「スリープ」を選択しますが、これをTouch Barをカスタマイズすることでワンタッチでできるようにするととても便利です。

これまでとは大きく違う所をピックアップして書きましたが、その他ざっとあげても、画面はとても綺麗だし、内蔵SSDはものすごく早いし(後日計測した記事を載せます)、軽いし、静かだし、などなど、いい製品になっているなと私は感じました。

- MacBook Pro 2016 13インチ Touch Bar搭載モデル使用感レビュー – まごのて

今回の大きな変更点はファンクションキーのあった部分に有機ELディスプレイの「Touch Bar」を搭載した点。

また、キーボードは第2世代のバタフライ構造を採用したモデルに変更され、トラックパッドも約2倍の大きさになりました。

ディスプレイも薄く、本体も薄くなっているのがよくわかります。

ひと通り使ってみたところ、新しくなった第2世代のバタフライ構造を採用したキーボードは非常に快適。

一番困ったのは「USB-C/Thunderbolt 3」になったことで、これまで利用していたThunderbolt Displayなど、外部の周辺機器が全く使えなくなってしまうこと。

- 【レビュー】MacBook Pro 15(Late 2016)、Touch Barは思ったよりイケてる | 男子ハック