ノートPC

Apple

Macbook Pro 15インチ 2016年モデル

レビュー

ここにSDカードスロットが搭載されなかったことを悔やむ。

CPUと内蔵GPUの性能は2013年モデルの方が高いスコアが出ていることに驚きですね。

今までトラックパッドでちまちまとカーソルを合わせて足し算やかけ算をしていましたが、タッチバーに必要な記号が表示されているので、計算をする時にキーボード上で完結させることができます。

今後、Touch Barでどのような機能を提供することができるのか、開発者に掛かっているのかなと思いますが、キーボード上でタッチ操作をすることができるUIは今後、必要不可欠だと思いますし、特にデザインツールのAdobeのPhotoshopやIllustratorでどんなに使いやすくなるのか楽しみですね。

やはり、15インチモデルは基本的には据え置きとして使用しながらも、いざという時に持ち運ぶことができることが最大のメリットと言えるのではないでしょうか。

- 15インチMacBook Pro 2016 実機レビュー!CPUの性能や新世代キーボードのTouch Barの使い勝手について! - シンスペース

1つ目は、いつもの仕事をこなすPC(アプリ実行機)として、十分な性能アップが計られたのか、という点だ。

ベンチマークソフトと呼ばれるパソコン用パフォーマンス測定アプリの多くは、単純なハードウェアの性能を測っているに過ぎないが、実際に日々の仕事でさまざまなアプリを使ったときに実感する体感性能は、CPUやGPU、メモリ、内蔵SSDといった主要パーツのスピード、さらにはそれらの間で大量のデータを相互にやり取りするスピードのバランスが生み出している。

特に高解像度の写真や短時間に大量のデータが行き来する4Kビデオの取り扱いなど、巨大なファイルを扱う作業ではストレージの性能が一番物を言う。

ちなみに、15インチモデルをバッテリー動作で使用してみたところ、単純な音楽再生やテキスト作業だけであれば公称の10時間を超えた。

CPU単体の性能ではなく、バッテリー動作時間も考慮した上でのトータルの処理能力、そして繊細な色表現や、音の中の小さなノイズにも気づかせてくれるスピーカーの採用など、総合力でいえば新型MacBook Proは間違いなくクリエイティブプロフェッショナルの理想のマシンとして十分な素質を備えていると言える。

- 林信行のTouch Bar搭載「MacBook Pro」徹底レビュー (1/5) - ITmedia PC USER

以前使用していたMacBook Air 11インチモデル(Mid2013)からMacBook Proへの買い替えなので、処理速度はもちろん大幅にアップしたのですが、一番大きかったのは画面サイズが11インチから13インチになったことです。

付いていれば付いていたで良かったと思いますが、個人的には電源端子もUSB-Cに一本化されたことの方が、遥かにメリットがありました。

接続に関しては、僕の環境だと音楽制作用のオーディオインターフェイスやMIDIキーボード、SDカードリーダー、USBハブ、外付けのハードディスクを使用していますが、変換アダプターを挟むことで全て不具合無く使えています。

これもUSB-Cの長所ですが、電源・USB・外付けディスプレイの接続を全て一本にまとめることが出来るので、上の写真の通り非常にシンプルな接続になります。

SDカード端子が無いMacBook Airの11インチモデルを元々使用していたので、僕の場合は変わりないですが、一眼レフカメラからのデータ取り込み時に不便を感じている人も多いようです。

- 新型のMacBook Pro(2016)を今さらレビュー。発売から約5ヶ月経ち、使えるマシンに! | Little Spring(リトルスプリング)

Touch Barは、見た目がクールで、操作していて楽しい入出力インターフェイスであることは間違いない。

しかし、13インチMacBook Proのレビューでも述べた通り、全てのアプリで任意のコマンドを自由に登録できるようになった方が、利便性は高まると考える。

iPhone 7/7 Plusの指紋認証センサー一体型ホームボタンは感圧式になっているが、それは別に電源ボタンがあるため。

新型MacBook Proに搭載されたバタフライ構造キーボードは第2世代で、各キー下のドームスイッチを最適化し、より優れた反応を返すようになったとのこと。

そういう意味では、今回の15インチMacBook Proは処理性能と駆動時間を実用的にバランスさせた高性能ノートと言えるだろう。

- 【Hothotレビュー】MacBook Pro 15インチは13インチ版の1.4倍の価格だが2倍以上の性能 - PC Watch

高級感には「シンプルさ」が大切だと思うが、15インチ MacBook Pro 2016はまさにそこまで考えてデザインされている気がしてならない。

僕の毎日の作業である「写真取り込んで、PhotoBulkでリサイズして、イメージオプティムで圧縮」ってのを3週間ほど、MacBook 12インチだけでやってきたが、コレが重くて重くて仕方なかった。

複数のアプリを起動しながらガンガン切り替えて使うのが僕のスタイルだが非常に快適。

15インチ MacBook Proの画面の上にP2415Qが来るように配置する予定だが、まだ、色々と調整中だ。

外部ディスプレイとの相性抜群な、独立GPU搭載の15インチ MacBook Pro 2016だからできる技だ。

- 【レビュー】MacBook Pro 15インチ 2016を3日使ってわかった22のこと〜「最高」以外の言葉が、僕には見つからないんだ〜 | 部長ナビのページ

制作会社からいただいた、ビットレートがべらぼうに高い4Kデータでも、一切コマ落ちすることはありませんでした。

ということで、Display Menuを使わず、本体設定の最大解像度1920*1200で、生産性、快適度、目の負担とのバランスを見てきました。

それよりも、MSのOffice365がタッチバーに対応した対応している感じなので、無理に使おうとしていますが、今のところ、ショートカットキーで事足りています。

ただプロセッサも世代が変わってるし、バッテリーの容量自体は13インチよりは多いので、それでプラマイゼロって感じなのかなと思ってました。

ということで、毎日持ち歩かない人にとっては、今すぐ13インチを窓から投げ捨てて15インチにすべき快適さがあることは間違いありません。

- 【レビュー】Macbook Pro 15インチ(2016)を購入。13インチpro(mid-2014)との比較レビュー、そして周辺機器の購入など。 - すりゴマ・ドットコム

5インチのPCを想像するとデカイ、重い、という感覚ですが、バッグに出し入れする所作でも手にとって移動する際でも軽くて扱いやすい。

最近は意識する様になったので大丈夫ですが、実際のキーを押している感覚がない液晶表示のescはやはり考えものです。

A4サイズとB4サイズとの中間程度のサイズ感なのでデスクの上の紙類と違和感がなく、モノとしての存在感がとても自然でスッキリしています。

ファンクションキー程度のスペースを指でタッチさせようとするのが難しいところ。

ユニボディとヒンジの剛性とかTouch Barなどの消費電力とか、バランス調整が間に合わなかったのかなという気にさえなりますが、MacBook Pro 15インチ(2016)は、自分のアイデアを具現化できる感嘆するほど素晴らしい「道具」でした。

- MacBook Pro 15インチ(2016)レビュー|オススメするこれだけの理由|ウケるデジモノブログ

前述の通りそこそこスペックの良いMacを購入したものの、普段の用途からして僕はライトユーザーにカテゴライズされると思う。

ディスプレイ2台に外部ディスクドライブなどを接続し、更に仮想化ソフトでWindowsOSを起動しっぱなしの状態だが、処理落ちなどもないしメモリやCPUも十分足りている。

カチカチという感触自体は嫌いではないのだが、指が埋まる深さがあまりにも他のキーボードと違うため、キーから別のキーへの指の移動がどうも滑らかにいかないのだ。

僕は外部ディスプレイにスピーカーを付けて使っているのだが、それに負けないくらい音が良くなっている。

まあそんなに良いスピーカーという訳ではないのだが、音質のクリアさという点ではMacBook Proの方に軍杯が上がる気がする。

- 【レビュー】新型MacBook Pro(Late2016)を3ヶ月使ってわかった7つの事 - よし任せろ!

ここは使用するアプリによって表示が変化するのですが、どのような使い勝手になっているのか非常に気になるところですね。

「fn」ボタンを押すことで「F1」や「F2」などのファンクションキーを表示させることができます。

これは13インチモデルも同じなのですが、使い比べて感じたのがタイピングの感覚が違うということ。

が、この記事は新型の15インチMacBook Pro 2016 で書いているのですが、良くも悪くもMacBook Proであることには違いありません。

今のところブログで文章をキーボードで入力する作業がメインなのでタッチバーを使うことがほとんどないのですが、アプリによって表示される項目が変化するのは非常に面白いですし、視認性も悪くなく使い勝手はそこそこ良さそうな予感がしますね。

- 15インチMacBook Pro 2016【開封レビュー】旧型の外観比較もしてみた! | IT Strike

今回の大きな変更点はファンクションキーのあった部分に有機ELディスプレイの「Touch Bar」を搭載した点。

また、キーボードは第2世代のバタフライ構造を採用したモデルに変更され、トラックパッドも約2倍の大きさになりました。

ディスプレイも薄く、本体も薄くなっているのがよくわかります。

ひと通り使ってみたところ、新しくなった第2世代のバタフライ構造を採用したキーボードは非常に快適。

一番困ったのは「USB-C/Thunderbolt 3」になったことで、これまで利用していたThunderbolt Displayなど、外部の周辺機器が全く使えなくなってしまうこと。

- 【レビュー】MacBook Pro 15(Late 2016)、Touch Barは思ったよりイケてる | 男子ハック

MacBook Proに限らず、持ち運べるあらゆるデバイスに求められるのは、より小さく軽いこと、そしてバッテリ持続時間がより長くなることだ。

いずれも一回り小さくなっており、特に15インチモデルは、(レビュー機がスペースグレーであったことも含め)、より小さく感じた。

いずれのモデルも、同じカバンでも余裕を持って収納することができるようになり、薄型化以上に小型化は魅力的だと感じた。

このほかの外見上の違いとしては、ディスプレイのフタの部分のAppleロゴが点灯するタイプから、iPhoneなどと同じように、磨かれた金属のロゴに置き換えられている。

13インチモデルで比較すると、カタログ上のワイヤレスインターネット使用時間は10時間で、変化なしだった。

- 新・MacBook Proレビュー--Touch Bar搭載13インチモデルが放つ魅力とは - CNET Japan

かつてiMacG3やG4のキーボードからアルミのキーボードに変わった時やマウスのクリック音がなくなった時のように。

パームリジェクションという技術で、倍ぐらいに広くなったトラックパッドに手が触れるけどiPad ProでApplePencilを使う時みたいに指先のジェスチャーと手の平を判別してくれる。

音楽は外部スピーカーで聴くけど、今までの倍以上のボリュームが出る内部スピーカーはMacしかない場面で助かる。

ただ今回は拡張性を必要としないMacBookやAirのライトユーザーならいいけど、プロユーザーが使う時はMacProと同じで変換アダプタや外部機器だらけの醜い姿になること必至。

転送速度も申し分なく、ハード面積も狭く、上下どちらからでもつなげるのは気が利いている。

- 指先から感じる未来〜MacBook Pro Touch Bar 15 inch (Late 2016)レビュー | Apple | apple bar

普段持ち歩くものだから、薄くて軽いとそれだけでポイントは高くなるのだ。

大きい事自体はいいのだが、キーボードをバシバシ打ってるとたまに手のひらが当たってしまい、操作が一瞬狂うことがある。

Touch Barで使う機能のアプリもまだ少ないし、ここのスペースはまだ色々と試行錯誤の余地あり。

Tuch Bar、アドビ製品とかOfficeが対応するそうだけど、ここの使い方を各メーカーさんとも練り上げてきてくれるともっと面白くなるはず。

iPhoneでは数年前から実現してるし、この機能自体に驚きは今更ないが、それでも日常的に使っていたMacに搭載されることの意味は大きい。

- 【MacBook Pro15インチTouch Barレビュー】一週間使った感想は「買い」 | Strobolights

15インチのカスタマイズとしては、グラフィックボードを「Radeon Pro 460」にしたのと、SSDを1TBにしたことぐらいです。

MacBook Proの15インチモデルは全てTouch Bar搭載となってたので、強制的にTouch Barのお世話になることになりました。

以前の物理キーの場合は指をキーの上に乗せといて押し込むという動作でしたが、Touch BarはiPhoneなどでのタップ操作に近くなります。

グラフィックソフトなどの使い慣れたアプリケーションの場合は、Touch Barに対応したとしても結局Control Stripよりもショートカットを使うことが多くなるのではと思います。

またシステム環境設定のキーボード>キーボードでは、Touch Barに表示する項目やFnキーを押した状態での表示を設定しておくことができます。

- MacBook Pro(2016)を4ヶ月使って、Touch Bar非搭載のモデルがあればと思う理由 |

ファンクションキーを大胆に置き換えた、細長いタッチディスプレイ上に様々なコントロールが表示され、タッチやスワイプで操作することが可能になりました。

どちらかというとライト層向けで優しい機能だなと思うんですが、ファンクションキーを使うユーザーの多いPro向けの機材にこれを先んじて搭載し、デベロッパーの改善を煽るAppleは野心的ですね。

日本語入力中にF6でひらがな、F7でカタカナの変換ショートカットは、TouchBarがファンクションキーを置き換えているため使えませんが、変換候補という形でキー入力中に随時Touch Barにテキストが表示され、同様の操作が可能です。

今日一般的な2.1A出力のモバイルバッテリーにつないでみたところ、1時間で10%ほど充電することができました(笑)。

その場合、常にディスクを繋げないとバックアップできなくなるのでは?と心配していましたが、マウントされている(接続されている)かどうかを自動で判別してくれているようで、今のところストレスはありません。

- MacBook Pro Late2016を1ヶ月使ったので本音でレビュー!不満はあるけど楽しいTouchBar、USB-Cややこしいし高い。アクセサリーのレビュー等々 – すまほん!!

今回は、MacBook Proを1ヶ月程利用してきて気ついた点等、今後購入を検討している方に少しでも参考になればと思います。

持ち運びをよくする機会が増えてきたので13インチの方が運び易いとは分かっていたんですが、photoshopや動画編集ソフトを使うのでクアットコアである15インチを今回は選択しました。

画面ロックを毎回パスワードを打って解除するのは手間だったりしたので簡単に開けると便利です。

USB Type-Cに全てのポートが変更になってしまったので少し不自由になってしまいましたが、左右に挿すことができるようになったことでコードが絡まることがなくなったり使える場所の自由度が前回に比べて増えた。

追記:後日純正変換ケーブルで試したところ問題なく接続できました。

- MacBook Pro15インチ(2016)を1ヶ月使ってみたレビュー

iPhoneのスペースグレイを見てハズレは無いなと思っていましたけど、実物はどうなのか心配していました。

OSが重いのか、起動するときに進捗バーが表示されて待たされます。

この製品は100Wの新MacBook Proに対応しているようなので、これに期待です。

広すぎて入力するときに手首がトラックパッドに触ってしまいますが、誤操作は今のところ起きていません。

Karabinerはキー入力をカスタマイズするアプリなのですが、これが無いと入力がしにくくて… 早く完全移行したいんですけどね。

- MacBook Pro 15inch スペースグレイのレビュー。買って良かったか | にわかイズム

注意したいのが、この製品をMacBook Proで使う場合、隣り合わせで使用することができません。

以前のMacBook ProにはデフォルトでSDカードスロットが付いていたため、Androidタブレットに大容量のデータを移すときやデジカメから写真を取り込むときは地味に便利でした。

これはモバイルバッテリーや複数口のUSB充電器からMacを充電するときに使います。

このケーブルがあれば、純正アダプタがなくてもモバイルバッテリー等からMacBook Proを充電することができます。

ケース選びに迷ったら、絶対にこの商品にするべき!MacBook Proを持ち運ぶ予定がある方は特にマストバイ。

- MacBook Pro 2016 (15インチ)のレビュー!USB Type-C関連の周辺機器&おすすめのケースも紹介します。 - なすぶろぐ、弱火でじっくり。

もしくはTouch Bar非搭載の前モデルを買うのもよさげ。

待つべき理由として挙げられるのが、まだ大部分のアプリがTouch Barに対応していないんですよ。

「Google Chrome」が対応してくれたらだいぶ使い方が変わりそう。

発売直後ということもありますが、キーボードカバー、ハードケースが見当たらないんですよねぇ。

ちなみに「USB Type Cだし、モバイルバッテリーで充電できるのか?」と思って実験した結果、充電したければおとなしくAC出力付きのバッテリーを買うのがいいことが判明。

- 【レビュー】新型MacBook Pro(Late 2016)は、まだ買わなくてもいい。 : まだ労働で消耗してるの?

動画編集やエンコード、CGのレンダリングなどの重い処理を行う人はMac Proや自作のPCを利用するでしょうから、多くのエンジニア(Web系やアプリ系)には十分なスペックと動作です。

MacBookのようにキーストロークが限りなく浅いキーボードを危惧する声もありましたが、MacBook Proのキーボードは少々違うようです。

Touch Barに表示される様々なアプリケーションコントロールは、正直ほとんど利用しないです。

このようにType-Cに関しては気にしていませんが、電源アダプタも今回変更となり、どうしようかと悩ましいところです。

アダプタ本体にケーブルが巻けないのです。

- MacBook Pro (15-inch, Late 2016) のレビューメモ - Ginkgo Blog

普段からプライベートでも職場でもMacを持ち歩いているのだが、このMacBook Pro15インチ(2016)と共に歩んできた感じたことを紹介したいと思う。

僕の場合はコンセントが15インチを触ることがないので「バッテリー無くなるの早いな〜」とは思うが、困ったことはない。

モバイルマシンとして利用しているが、どこでも15インチの大画面で作業が出来るのが魅力的。

今まではMacBook AirやMacBook12インチ、そしてiMacも購入したのだがMacBookPro15インチ(2016)のようにSSDでメモリ16GBのMacを使ったことがない。

必ずしも机があるわけではないのでその場合は膝の上にMacを置いて作業をすることがあるのだが、ここでも15インチが活躍する。

- 【レビュー】MacBook Pro15インチ(2016)を3日使ってみて13の思ったこと!

ただ、Late2011のときはアップルマークの裏にライトが仕込まれていて、起動中は光るという電力を無駄に使ってくれるアホ仕様だし、正直カッコイイとは全く思えなかったので、まだマシになったかな。

本体のサイズが変わったことでここがスッキリしたのは良いですね。

しばらく使っていれば摩耗されて幾分は良くなるのかもしれませんが、今までのAppleのトラックパッドがすごく良い製品だっただけにめちゃくちゃがっかりしました。

Late2016になってからはUSB-Cに差し込む形なので、足を引っ掛けたりしないように気をつけなくてはならないですが、ケーブルが断線しても、ケーブル自体を買い換えれば大丈夫だし、左右どちらからでも充電できるのは激アツです。

さらに、今回のUSB-Cへの変更によって、モバイルバッテリーも使用できることから、電源がないところでも残りの充電を気にせず使えるようになったのは大きいです。

- Macbook pro 2016を買ったけど予想外の不満が!Late2011との比較も | 家に着いたら、まずパジャマに着替える

おそらくこの先いろいろ塡まりながら学習するとしても、ますはSDカードが読み出せて、マルチディスプレイ接続ができないと自分は仕事になりません。

あたらしいMac に移行したあとでも、不足していたり、まちがって消してしまったファイルがあれば、従来通りTimeMachine バックアップにアクセスをすれば、過去データを操作することも引き継がれています。

この手軽差と、切替のフレキシブルさはやはり他のPCプラットフォームよりすぐれているところだと思います。

これまで15インチ対応のバックやケースでも、ものによってはギリギリ入ってます感なものは少なくなかったと思います。

さすがにグラフィックメモリが4GBになっただけのことはありました。

- MacBook Pro Touch Bar 導入レビュー - 石井さんの今日要

最初は13インチのタッチバー付きにしようと思っていたのですが、カスタマイズしていくと結構な値段になっていきます。

「画面も大きい割にボディーのサイズは旧モデルより小さいので持ち運びも出来そうだし、年度末に動画を編集しないといけない仕事があるので、グラフィックボードが付いている15インチモデルの方がいいか」と思い15インチを購入しました。

トラックパッドでやれる事がいっぱいありすぎて全ては使いこなせていませんが、設定でいろんなことが出来ます。

15インチモデルはタッチバーが搭載されているわけですが、タッチバーの右側にTouch IDが付いています。

サードパーティのアプリが対応していけば便利になるのかもしれませんが現時点ではあまり必要を感じません。

- 【レビュー】Macbook Pro 15インチ(late2016)はAppleらしいバランスの取れた製品 | Ulog

丁度良いサイズ感とコンパクトながら高いパフォーマンスにほぼ満足できたのですが、さすがに4Kディスプレイは荷が重かった… フルHDディスプレイとのデュアル環境ならばアドビ系ツールも過不足なく使用できるのでオンチップGPUの進化をまざまざと感じさせてくれるマシンでした。

うーん・・・ビデオメモリ2Gでも足りなかったのかな? ということで状態監視ツールでチェックしてみました。

13インチのデータがないので何とも言えませんが、スケーリングによる負荷はグラフィックメモリ容量だけにかかるのか、それとも別に足かせになっているスペックがあるのかちょっと分からなくなってきました。

455でもドットバイドット・フルスクリーンで快適に動作できることは確認できたので、これで良しとしましょう。

[4Kディスプレイのメリットとデメリット]PC用4Kモニター購入前に気を付けるべき4つのポイント。

- Macbookpro再び!15インチ兄さんがやってきた!4K環境下レビューと13インチとの比較 | XTRA BLOG

今回購入したのは15インチのモデルのためかなり大きめです。

現在主流のUSB-Aに対応していないのは残念ですが、こういう割り切った判断をどこかがしてくれないと一向に市場が新しいものに切り替わらないので仕方がないでしょう。

これまでは作業領域が狭くて不満だったのですが、15インチMacBook Proでは快適そのものです。

こちらは写真閲覧時のスクロールで写真を切り替える機能や音量を直感的に変更できる点がすこぶる便利です。

これまで使っていたMacBook Airは最小スペックのモデルで、ちょこちょこ動作にモタつきが出ていました。

- 【これぞ未来?】MacBook Pro (タッチバー付き / 2016) 開封の儀&触ってみた感想 | すたぶろ

今回、僕が買ったのは「Touch barなし」のモデルです。

ですので、デスクトップ用(ストロークが長い)キーボードを普段使用している方はいつもの調子でキーを叩いていると疲れます。

「Touch bar無しのモデルでも、ある程度はサクサク動く用に作られていますので、複雑な編集をしなければ大丈夫」とのとこでした。

CPUのクロックが2.0GHzと低いですが、性能を示すスコアは前モデルと同じのようです。

前モデルより駆動時間が短くなった事はいただけません。

- 【レビュー】MacBook Pro(2016) 13インチモデルをねっとりレビュー - ですとぴあ*の研究所

いろいろオーダーのパターンはあるのですが、私のはTouchBarがあるタイプでストレージが256GBのものです。

トラックパッドは従来比2倍となっており、ジェスチャー入力時にも便利ということですが、今まででもそれほど不便はなかった印象です。

ただiPhone4からiPhone7 Plusの画面拡大のようにタッチパネル自体が大きくなるメリットは後から感じられると思いますから、これは慣れの問題なのかもしれません。

通常のファンクションキーがタッチパネルになっているのはもちろんですが、文字入力中に変換候補が出たり、カレンダーでは月、週、日のスライドで画面がスクロールしたりと、アプリケーションに最適化した作りとなっています。

ディスプレイをタッチする入力はiPadにまかせるとして、画面タッチ入力のない、Macではディスプレイのタッチではなくキーボードメインの操作+キーボードから手を離さないで操作できる最良の手段としてTouch Barを搭載したというのが、解釈として正解なのかなと思いました。

- MacBook Pro(late2016) Touch Bar 購入 到着開封実機レビュー | BlackHouse

※15インチを購入される方は、性能重視の方だと思うので、以下の話は聞き流してください。

皆さんはよく「macbook pro 13を買うなら特盛スペックで! メモリは16GB必須!」という言葉を聞きませんか? 私はこれには反対します。

大抵の人は上記作業くらいしかしないんじゃないですか? それなのに16GBのメモリを積んでも正直無駄です。

他にも、CPUがTouch barなしモデルは少し性能が低いです。

ただし、他の方も言われている通り、ここをブラインドタッチで操作するのは難しいです。

- 【聴くレビュー対応】新型macbook pro 13購入レビュー! macbookから乗り換えました。 | ガジェット・オブジェクト