ノートPC

Apple

Macbook Pro 15インチ 2017年モデル

レビュー

特徴はIntelの第7世代Coreプロセッサ「Kaby Lake」にアップグレードされたということ。

大前提として、「MacBook Pro 2017」のスペック・仕様が「MacBook Pro 2016」からどの程度進化しているのかを知る必要がある。

よって実際の使用感などについては紹介することはできないが、iFixitの分解レポートによると少なくとも13インチモデルは昨年から内部構造はほぼ変わっていないことから、15インチモデルも「15インチ型 MacBook Pro 2016 レビュー」で書いた内容から劇的な変化はないだろう。

「MacBook Pro 2017/2016」のスペック比較でも紹介した通り、現に「LG 5K UltraFine Display」という5K解像度の27インチディスプレイを2枚も出力しながら本体を並べたトリプルディスプレイ環境で使用しているが、パフォーマンスに全く不満がない。

映像の編集や写真の編集など本体に負荷の掛かる作業を頻繁に行う場合は最新モデルの最先端スペックを手に入れた方が良いかもしれないが、そこまででもないという人は安くなった「MacBook Pro 2016」を買っても全く不満はないはず。

- 15インチ型 MacBook Pro 2017 レビュー 外観と各種ベンチマークレポート | gori.me(ゴリミー)

というわけで、このレビューでは、第7世代(Kaby Lake)のCore i7や上位dGPUにアップグレードされたことで、どのくらい性能が上がったのか、また細かな変更点についてレビューしていこう。

2016年に発売されたMacBook Proには、各キー下のドームスイッチを最適化し、優れた反応を返すように改良された第2世代のバタフライ構造キーボードが採用され、製品公式サイトには2017年モデルにも、同じ世代のバタフライ構造キーボードが採用されていると記載されている。

筆者は2016年モデルのMacBook Pro購入以来、ノートPCのサウンド面をレビューするさいのリファレンス機として使用しているが、これまで本機を上回るサウンド機能を備えたノートPCとは出会えていない。

鳴り物入りで登場し、現在のMacBook Proの製品公式ページでも冒頭で大きくアピールされている、タッチパネルディスプレイ型ファンクションキー「Touch Bar」は、多くのユーザーに受け入れられているとは言えない状況だ。

一方、iTunesムービーを連続再生したさいの動作時間において、カタログスペック値の10時間を大きく上回る11時間8分51秒動画を再生し続けることができたが、これはAppleが計測するときよりもディスプレイを暗く設定しているためだ。

- 【Hothotレビュー】CPU/dGPUが性能アップ、タイピング音もマイルド化したMacBook Pro 15インチ - PC Watch

これが、修理から帰ってきて、数記事書いた15インチ MacBook Pro 2016。

ただ、普通に考えて、「13インチProで十分」という意見もその通りだと思うが、当ブログ読者の15インチユーザーの多くが「軽さを求めて13インチProを買ったけど、やっぱり15インチに戻した」と言っていることを見ても、15インチの魅力というのは、相当なモノだと言うことが言えると思う。

もちろん、このモデルの15インチ MacBook Pro自体は素晴らしいので、オススメしたいと思うが、多くの当ブログの読者が2016モデルを購入しているので、「後に続け!」とは言わない。

カバンや、作業場所の問題で、15インチを使えないという方もいらっしゃると思うし、バッテリーの問題で「6時間は持ってくれないと困る」なんて場合は15インチは無理だ。

MacBook Pro 13インチ(2016)、3本指ドラッグが出来ないときがあると思ったら、僕だけじゃ無かった。

- 【レビュー】15インチ MacBook Pro 2017を3日使って分かった11のこと〜2016と比較!キータイピング音は確かに静かになった〜 | 部長ナビのページ

MacBook Proの2017年モデルと2016年モデルの大きな違いはCPUプロセッサがIntelの第7世代KabyLakeに強化されRAMの転送速度が速くなっただけとなっており大きな変更点は特にありません!128GBが新たに追加され最低購入価格が少しだけ下がりましたが256GBモデルは価格が高くなってしまいました。

このスコアは2016年モデルのTouch Barを搭載しているCore i5と同じほどの性能になっているので、少しでも速いプロセッサが良いという方は2017年モデルを選んだ方が幸せになるでしょう。

新世代のCPUプロセッサになったことでCPUに内蔵しているGPUもIntel Iris Plus Graphics 640に進化し、約5%の性能が向上しています。

MacBook ProはMacBookのようなエッジデザインではありませんが、2015年モデルよりもサイズが小型化したのでMacBook Airよりもサイズ的には小さくなっています。

16GBのRAMを搭載すればメイン機としての使用も十分に耐えることができる性能を持ってい流ので、個人的にノート型のMacを買うなら13インチのMacBook Proがバランスの取れた万能マシンだと思っています。

- 13インチMacBook Pro 2017 レビュー!旧型からどこが進化したのかCPUの性能などを比較! - シンスペース

今まで15インチモデルを使ってきたのは「Adobe IllustratorやPhotoshopを同時起動してもサクサク動くかすためには外部GPUが必要でしょ!画面もでかい方が絶対にいいはずだ!」という単純な理由からでした。

でも、正直なところ今まで使っていた2013年モデルの旧型の15インチMacBook Proと比べるとさほど動作速度の差を感じないのです。

ベンチマークスコアを測定すると2013年モデルとはいえ15インチMacBook Proの方が高性能なことは間違いないけど体感速度はそんなに変わらないと思います。

確かに動画編集とかIllustratorやPhotoshopでのフィルター処理なんかはクアッドコアのCore i7プロセッサを搭載している15インチの方がサクサク動きます。

15インチMacBook Proは画面が大きく解像度も高いので、数多くのウィンドウを並べて作業をすることができるので作業効率は一番高いのは間違いないでしょう。

- MacBook Proは15インチより13インチの方が使いやすくて最強のオールラウンダーマシン! - シンスペース

iMac、MacBook Pro、MacBookはすべて、インテルのKaby Lake世代のプロセッサへと引き上げられ、昨今ニーズが高まっているグラフィックス性能のさらなる向上にも取り組んだ。

15インチモデルは、プロ向けのモバイルワークステーションとしての意味合いを濃くしている。

全てのモデルに外部グラフィックスを搭載し、高い処理性能を誇る。

ラインアップの中でバリエーションが多いのが13インチモデル。

今回レビューするのは、キーボードの上部に有機ELでタッチ操作ができるTouch Barを搭載するモデルと、通常のキーボードのみを搭載するモデルに分かれる。

- 新型MacBookPro、使って分かった真の価値 | スマホ・ガジェット | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

メモリを16GB、SSDを512GBにして…と言っていくとキリがないのですが、あとから後悔しない程度のカスタマイズを行いました。

私の所有するMacBookのホワイトバージョンとMacBook Pro 15インチ2011モデル両方とも、電源ケーブルの根元がダメになってしまったため、電源関連は懸念していましたが、安心しました。

また、私の購入したTouch Bar非搭載モデルは、Thunderbolt 3のポートが2つしかないため、外付けのマルチハブなどが必要になってきます。

このMacBook Proは、Macを持ち始めてから3台目なのですが、カスタマイズしたというのもありますが、価格がかなり高かったです。

先代の15インチMacBook Proは、画面サイズも大きくCPUも当時では高かったi7を搭載していましたが、ディスプレイがRetinaディスプレイを搭載する前のモデルだったため、16万円ぐらいだった記憶があります。

- 【レビュー】MacBook Pro 2017 13インチを7日間使用した感想!メリットとデメリット | きになるnet

クラウドにデータを保存しているためほとんど何かを接続することはなく、今現在困っていることはありませんが、フラッシュメモリ等で人とデータのやり取りをする人はいちいち変換アダプタを使わければならず不便に感じることもあるかもしれません。

充電はtype-C端子で行うので、端末の左右どちら側からでも充電用プラグを挿せるのは便利です。

メモリが16GBまでしか選択できなかったのですが、32GBを選択できればよかったなと思います。

現状で16GBで困ってはいないのですが将来を見越して考えるとメモリは多いに越したことはないので。

もちろんメモリが増えると消費電力も上がってしまうので、16GBが妥当なのかもしれません。

- 15インチ MacBook Pro 2017 touch barモデル レビューのようなもの - Lethe

それさえ少しだけ我慢できれば、13インチモデルでも快適にLightroomを使用することができます。

スペックはできるだけ良いものをってことで2.9GHzの方を選択。

少なくとも、今の13インチモデルよりは遥かに性能が上なので、快適に編集作業が出来るはずだろう。

周波数は15インチモデルのほうが上なので、更にスムーズに動作することでしょう。

下位モデルの256GBを選択して、その他のスペックをカスタマイズするという選択肢もあるが、差額が2万円ほど?なので、ローンで払うと月々ちょっとしか変わらない。

- ポチってしまった!! 15インチMacBook Pro 2017をフルカスタマイズで購入 | NUMBER244

ただ、近年Retinaディスプレイという高解像度のものが投入されたことで、画面の小ささはカバーされるようになりました。

2015年に登場した12インチのMacBookは、薄くて軽くて美しいのですが、処理速度が遅いという欠点もありました。

Apple Storeでm3の実機を負荷をかけて触ってみて(動画編集、動画再生、複数のソフト起動など)わるくなかったので、買ってみました。

(最も安いモデル) ※この他、MacBookAir13インチもありますが、CPUが古くディスプレイの解像度も低いため考慮していません。

私の場合は、Dropboxの使い方を工夫、断捨離、写真・動画はGoogleフォト、2TBの外付けハードディスクを使用といった工夫をしています。

- Mac買うなら12?13?15? MacBook2017レビュー

私には携帯性・価格の面で13インチのほうが魅力が合ったしTouchBarは無くてもよかったが、2017年型BacBook Pro 15インチには「TouchBar無し」という選択肢がない。

Type-CケーブルはGPD WIN用の1本しか持っていなかったので、ケーブル類を揃えるのに結構な出費になるだろうと思っていたがそうでもなかった。

3D描画のゲームをしていると猛然とファンが回りだし煩くて集中できなかった。

MacBook Pro 15インチはファンが改善されているとのことだったので静音には期待していた。

TouchBar無しでTouch IDセンサーのみを搭載したモデルが有れば丁度よいのにと思っていたが、無いものは仕方がない。

- 2017年型 MacBook Pro 15インチを1週間使ってみての感想 – 紅灯緑酒

hitoiki(ひといき)が今回検証にしようしたMacBookProは、「Touch IDセンサーが組み込まれたTouch Bar(タッチバー)付き」の13インチで、SSDが256GBモデル。

  こちらは、タッチバーなしモデルの写真なのですが、TouchBar搭載モデルも同様に、モニタを開くだけでMacが起動し始めます! 何気に「モニタ開いて電源ボタン押す」という動作がなくなったので、最初は違和感しかなかったです。

しかしこれ、素朴な疑問ですが、もしMacがフリーズしてキーボードが反応しない場合の矯正終了って、どうやるのだろう?? 今までは電源ボタン長押しなどができたのですが。

あとは、キーボードが2016年モデルから「バタフライ構造のキーボード」のキーボードに変わったため、キー入力の感覚が大きく変わりました!キーの打ち込む深さが2011年モデルと比較すると浅くなった感じです。

【携帯性】★★★★★(★:5) 15インチ(2011年モデル)と比較して約半分近い重さになったので、非常に携帯性も高いマシンです。

- MacBookPro13インチ2017年モデルTouchID付タッチバー搭載の評価・評判・レビュー! | hitoiki

Macはこれが初めてでそれまではwindowsのマシンをデスクトップやノート、自作PCやメーカー製など色々使用してきましたが、こんなに満足感の高いPCは買った直後でもこれが初めてでしたし、1年半経ってもまるで薄れません。

しかし、僕が使用してきたものに関しては、それが事実なので、もうMacしか考えられないし、頻繁に買うものではないだけに、多少値段が張っても、その時点で高性能なものを買うべきだと思います。

なので現在家にはPCを置いてない状態なので、家にPCを置きたいっていうのも無くは無くて、でも緊急でもなければ必須でもないしっていうことで、そのうちMacの新機種が出るタイミングで、次の機種かもしれないし、次の次かもしれないし、いつかは決めてないけど、新機種を購入して、それを仕事用にして、今使ってるのを家に置こうかなというのも考えています。

出先で使用するつもりがないことと、購入時にはデュアルディスプレイにする予定もなくて、そのまま使用する予定で少しでも作業領域が広い方が、と思い15インチを選びました。

ちなみに 12インチ Macbook はデザインとかサイズ感とかは素晴らしいと思うし、僕のMacbook Pro 15インチにはついてない感圧タッチとかは羨ましいんだけど、せっかくの新機種なのに基本性能が見劣りするので、ちょっと選択肢からは外れるかな。

- 【レビュー】初めてのMac Macbook Pro Retina 15インチ を1年半使った感想 - Tezlog 買った、体験した、考えた、生活の感想とか記録とか

その後、新しいのを買うよりは安いからと、なんとか自力でメモリとSSD換装を経て、高速マシンへと生まれ変わりました。

光学ドライブは随分前から使えないし、液晶やトラックパッドの寿命が突然来そうだし、AirDropやら便利な機能が使えないなどかなり置いて行かれてしまっている感。

パソコンを買うとなると、MacかWindowsかってことになります。

15インチのほうが数段上のパフォーマンスだということがわかりました。

容量少なくても外付けメモリで対応すればいいかなーって思ってたんですが、やっぱりクアッドコアが使ってみたくて(快適な動画編集やニコ生、YouTubeLiveしたい・やる)ので思い切って上位モデルにしました。

- 後悔しないための!新型MacBook Pro (15 inch 2017)購入のススメ | MUZ TALK

外付けHDDやライブ用のMIDI機器など、「ハブ忘れたら場合によっては致命的」な機器にはこの変換アダプタをつけっぱなしにして使っています。

ハブにThunderbolt 2 が搭載されてるやつがあったら絶対それ買ったんですけど死ぬほど検索しても発見できず、Apple純正の変換アダプタしか見つからなかったのでこれを買いました。

ケーブルはこれ1本持っておけばOK。

新型MacBook Proに乗り換えてから荷物を減らすことができて最高。

特にグラフィックメモリ積んでるのでLightroomで写真を扱う処理がサクサクになったのが嬉しいです。

- Touch Bar付きのMacBook Pro 15インチ買ったので使用感のレビューしたり一緒に買ったアクセサリーまとめたり | mozlog

その点MacBook Proは15型のPCの中ではかなり薄い作りになっており、普段使用しているリュックであるMAMMUT ROCKPRO SEにらくらく収納できます。

MacBook Proの15インチモデルはちょっとしたデスクトップPC並のスペックがあるためほとんどの人はMacBook Pro 15インチ+外部ディスプレイで日常作業にストレスを感じることはないのでは?と思います。

野外ではMacBook Pro2017単体、自宅で外部ディスプレイに接続しデスクトップマシンと遜色ない環境を作るなら15インチモデルのGPU搭載型のモデルでないと厳しいと感じました。

端子もUSB3.0が2つにHDMIがあるため、これが1つあるだけでMacBook Pro2015とほぼ同じ使い方ができるようになります。

MacBook Proはパワーユーザー向けの製品なのか、13インチに比べるとバッテリー駆動のときでもかなりの熱になり、電車で膝の上において作業するときも若干気になります。

- カメラマンのメインPCとして使えるのか。MacBook Pro 2017 15インチレビュー | 登山と写真で仕事をしている人。

1つ目は、いつもの仕事をこなすPC(アプリ実行機)として、十分な性能アップが計られたのか、という点だ。

ベンチマークソフトと呼ばれるパソコン用パフォーマンス測定アプリの多くは、単純なハードウェアの性能を測っているに過ぎないが、実際に日々の仕事でさまざまなアプリを使ったときに実感する体感性能は、CPUやGPU、メモリ、内蔵SSDといった主要パーツのスピード、さらにはそれらの間で大量のデータを相互にやり取りするスピードのバランスが生み出している。

特に高解像度の写真や短時間に大量のデータが行き来する4Kビデオの取り扱いなど、巨大なファイルを扱う作業ではストレージの性能が一番物を言う。

Appleが基準にしているのは単純なクロックやベンチマークソフトのスコアではなく、この「1ワット当たりの性能」のようだ。

ちなみに、15インチモデルをバッテリー動作で使用してみたところ、単純な音楽再生やテキスト作業だけであれば公称の10時間を超えた。

- 林信行のTouch Bar搭載「MacBook Pro」徹底レビュー (1/5) - ITmedia PC USER

16GBの容量があれば快適なのは間違いないでしょうが、2016年モデルの13インチMacBook Proを使っていても特に遅いと感じることもなかったので、価格の安さを重視しました。

しかし、13インチMacBook Pro 2017に関しては全てにおいて同じデザインとなっており、本当に内部スペックだけが強化されたマイナーチェンジモデルであることが分かります。

第1世代はキーを押した時の跳ね返りが若干弱かったことから使いにくいと感じる部分がありましたが、2016年モデルのMacBook Proから採用された第2世代バタフライ構造のキーボードはキーを押した時の跳ね返りがしっかりしたものになったので、タイピングしやすくなりました。

Appleのスペック表によるとTouch Bar有無に関わらずバッテリー駆動時間は変わらないとしていますが、CPUの消費電力が15Wと28Wではかなり違い、バッテリーパックの容量も少なくなっており、Touch Barを搭載していないモデルの方が電池の持ちが良いというデータもあります。

外で使うことが多い13インチモデルだからこそ、電池の持ちが良い下位モデル(Touch Barなし)の性能が向上するのは素直に喜ばしいことです。

- 13インチMacBook Pro 2017(Touch Barなし)と旧型の比較レビュー!CPUの性能が意外と向上している! | IT Strike

あいにくMac OSの「システム環境設定」の「キーボード」内に、Touch Barにファンクションキーを固定して利用したいアプリを設定する項目があったので助かりました。

ムービーの巻き戻しや早送り、写真の送りや戻しなどがtouch Barに表示されるのですが利用頻度は0(ゼロ)でした。

A4サイズとB4サイズとの中間程度のサイズ感なのでデスクの上の紙類と違和感がなく、モノとしての存在感がとても自然でスッキリしています。

ファンクションキー程度のスペースを指でタッチさせようとするのが難しいところ。

ユニボディとヒンジの剛性とかTouch Barなどの消費電力とか、バランス調整が間に合わなかったのかなという気にさえなりますが、MacBook Pro 15インチ(2016)は、自分のアイデアを具現化できる感嘆するほど素晴らしい「道具」でした。

- MacBook Pro 15インチ(2016)レビュー|オススメするこれだけの理由|ウケるデジモノブログ

つまりこの性能をずっと出し続ける必要があるひとはファン付きのMacBook Pro13インチの方がよいと思われます。

とはいえ、CPUやSSDがスピードアップしているので、今までのようなネットブック程度の性能から、ある程度使えるノートブックにはなっているようです。

ちなみに13インチは発熱量が多いUシリーズでノートPC用のCPUが使われています。

MacBook Pro15インチもi7で当時の特盛り仕様ですが、MacBookと比べるとまだクアッドコアのProのほうが処理能力は上のようですね。

Windowsを単独で作業している分には問題ないですが、Macで別の作業やハングアウト等の負荷が継続的にかかる作業を1時間以上しまうとカクカクしだして、次第に動きが止まってしまいます。

- 2017 新型MacBookの特盛りを初日に買ってみた - つぐのブログ

発表当日に注文し、スペースグレー、Core i7、RAM16GB、SSD512GBという構成でカスタマイズしてる。

先日のiPad Proに続き2台目スペースグレーの製品を手に入れた。

CPUについては先日こちらのサイトで、2017Core i5モデルまでのMacBookのベンチスコア比較が掲載されている。

2016上位モデルより性能が上昇しているのはもちろんだが、2017年モデルの中で比べてみるとそこまで大きな差というのはない。

2016年上位モデルに匹敵するスコアのものが、低価格で手に入るのは素晴らしい。

- 12インチMacBook 2017最速レビュー! i7のベンチマークスコア付き。 - iggy.tokyo

制作会社からいただいた、ビットレートがべらぼうに高い4Kデータでも、一切コマ落ちすることはありませんでした。

ということで、Display Menuを使わず、本体設定の最大解像度1920*1200で、生産性、快適度、目の負担とのバランスを見てきました。

それよりも、MSのOffice365がタッチバーに対応した対応している感じなので、無理に使おうとしていますが、今のところ、ショートカットキーで事足りています。

ただプロセッサも世代が変わってるし、バッテリーの容量自体は13インチよりは多いので、それでプラマイゼロって感じなのかなと思ってました。

ということで、毎日持ち歩かない人にとっては、今すぐ13インチを窓から投げ捨てて15インチにすべき快適さがあることは間違いありません。

- 【レビュー】Macbook Pro 15インチ(2016)を購入。13インチpro(mid-2014)との比較レビュー、そして周辺機器の購入など。 - すりゴマ・ドットコム

以前のモデルも4K出力ができないわけではなかったが、時々パワー不足を感じることがあったので、やはり端末スペックの向上の影響は地味に大きかったように感じる。

僕は16GBのメモリを搭載することを強くオススメしたいが、ライトに使うことを検討しているユーザーのことを考えるとマストではないとも思える。

「第2世代バタフライ構造キーボード」は、第1世代に比べてキーストロークが深くなり、ユーザーに対してリアルな打鍵感を与えることに成功。

同レビューを読みに来ていただい方なら、おそらく12インチ「MacBook」の購入を検討されているのではないかとも思うのだが、もし端末の性能を重視するようだったら、ぜひ「MacBook Pro」のエントリーモデルを購入することも含めて検討してみていただきたい。

先ほども述べた通り、「MacBook Pro」のエントリーモデルに関しては「MacBook」と同じ値段で買える上に、「MacBook Pro」の15インチモデルに関しては独立GPUも搭載されているため、ゲームや動画編集もヌルヌル。

- 【レビュー】12インチ「MacBook (2017)」ローズゴールドモデル CPUのアップグレード、第2世代バタフライキーボードでかなり快適に | CoRRiENTE.top

このクリック機構のないトラックパッド(従来のヒンジの代わりに4つのセンサと触覚フィードバックを利用)は、新しい12インチ「MacBook」の目玉機能の1つだった。

先ほど挙げたさまざまな変更点や、完全な新シリーズである12インチMacBookと比べると、15インチMacBook Proはアップデートという点で軽んじられているようにも思える。

大きな変更はないが、15インチMacBook Proは今もAppleのノートブックで最もサイズが大きく、最も強力なモデルであり、さまざまな用途に適した素晴らしい生産性マシンだ。

写真や動画の編集のために強力なGPU性能が必要なユーザーや、15インチ「Retina display」の余裕のあるスクリーンスペースが必要なユーザーの目には、特に魅力的に映るだろう。

15インチMacBook Proのサイズや性能、機能を特に必要としているのでなければ、米CNETは現状では、最も幅広い用途に有用なオールラウンドMacBookとして、13インチモデルをおすすめする。

- 15インチ「MacBook Pro」レビュー--「Force Touch」トラックパッド搭載の2015年モデル - CNET Japan

以前使用していたMacBook Air 11インチモデル(Mid2013)からMacBook Proへの買い替えなので、処理速度はもちろん大幅にアップしたのですが、一番大きかったのは画面サイズが11インチから13インチになったことです。

接続に関しては、僕の環境だと音楽制作用のオーディオインターフェイスやMIDIキーボード、SDカードリーダー、USBハブ、外付けのハードディスクを使用していますが、変換アダプターを挟むことで全て不具合無く使えています。

これもUSB-Cの長所ですが、電源・USB・外付けディスプレイの接続を全て一本にまとめることが出来るので、上の写真の通り非常にシンプルな接続になります。

SDカード端子が無いMacBook Airの11インチモデルを元々使用していたので、僕の場合は変わりないですが、一眼レフカメラからのデータ取り込み時に不便を感じている人も多いようです。

Mac以外のパソコンでも、4Kディスプレイのマシンが増えて来ているので、制作者目線でもそろそろ対応は必至かなと感じています。

- 新型のMacBook Pro(2016)を今さらレビュー。発売から約5ヶ月経ち、使えるマシンに! | Little Spring(リトルスプリング)

丁度良いサイズ感とコンパクトながら高いパフォーマンスにほぼ満足できたのですが、さすがに4Kディスプレイは荷が重かった… フルHDディスプレイとのデュアル環境ならばアドビ系ツールも過不足なく使用できるのでオンチップGPUの進化をまざまざと感じさせてくれるマシンでした。

前回の13インチはApple Storeのカスタマイズモデルだったのですが、今回は待ち切れなかったのとたまたま近くのヨドバシカメラに在庫があったのでそちらで購入。

うーん・・・ビデオメモリ2Gでも足りなかったのかな? ということで状態監視ツールでチェックしてみました。

13インチのデータがないので何とも言えませんが、スケーリングによる負荷はグラフィックメモリ容量だけにかかるのか、それとも別に足かせになっているスペックがあるのかちょっと分からなくなってきました。

[4Kディスプレイのメリットとデメリット]PC用4Kモニター購入前に気を付けるべき4つのポイント。

- Macbookpro再び!15インチ兄さんがやってきた!4K環境下レビューと13インチとの比較 | XTRA BLOG

ホントにゴッソリとアプリから設定から、はたまた、デスクトップ上のファイルやホルダの配置まで全てが横滑りして移ってきます。

あたらしいMac に移行したあとでも、不足していたり、まちがって消してしまったファイルがあれば、従来通りTimeMachine バックアップにアクセスをすれば、過去データを操作することも引き継がれています。

この手軽差と、切替のフレキシブルさはやはり他のPCプラットフォームよりすぐれているところだと思います。

これまで15インチ対応のバックやケースでも、ものによってはギリギリ入ってます感なものは少なくなかったと思います。

さすがにグラフィックメモリが4GBになっただけのことはありました。

- MacBook Pro Touch Bar 導入レビュー - 石井さんの今日要

Appleに詳しい、鋭い人なら、これなら15インチの上位モデルと同じなのに、なんでわざわざ下位モデルをアップグレードするのと思う方もおられるかと思います。

結構マシンパワーが必要な作業を行うので、スペックの恩恵を受けられると思い15インチを選びました。

さらに4GBへのアップグレードに必要なのが11000円と比較的安価なのも決断を後押ししました。

その都度外部HDDに移すのですが、肝心な時にデータがないなど、非常に困る状況がなんどもあったので、容量は潤沢にと思い、お金を出す価値があると考え、アップグレードしました。

こちらは無料のカスタムですから、完全に好みの問題ですが、私はカッコ良さももちろんのこと機能的でもあると思っているので、USキーボード一択でした。

- 15インチ MacBook Pro 2017をポチったのでスペックや選んだ理由やお得な購入方法についてご紹介します! - エルパの盤上この一手

新型モデルは、感圧タッチトラックパッドや高速フラッシュストレージ、バッテリの持ちが時間が長くなるなど魅力が満載。

今回は新型MacBook Pro 15インチ Retinaディスプレイモデルをレビューする。

新型MacBookではバタフライ構造のキーボードが話題ですが、こちらはキーストロークは従前と変わっていない模様。

Retinaについては書いてなかったが、僕は5年も非RetinaのMac画面とにらめっこしてきたので、RetinaのMacの画面を見た瞬間あまりの美しさにみとれと同時に言葉がでなかった。

今後5年はこのMacBook Pro 15インチRetinaディスプレイモデルが、仕事でもプライベートでも愛用機になること間違いなし。

- 【レビュー】新しい愛用機! 新型MacBook Pro 15インチ Retinaディスプレイモデル | FatherLog