ビデオカメラ

Sony

HDR-CX680

レビュー

「HDR-CX680」は、空間光学式手ブレ補正とSONY独自のフォーカス機能で、動きがある場面でもなめらかできれいな動画が撮れます。

SONY独自のフォーカスシステム「空間被写体検出方式」を搭載したインテリジェントAFは、ズームや撮影中にカメラを動かしても、被写体にピントを合わせられます。

SONYが独自開発したGレンズは、動画撮影用に作られたレンズですが、最大広角26.8mmとワイド撮影をしても、端の方まで切れずに撮ることができます。

その点、空間光学方式手ブレ補正は、カメラを持って動くことを前提に設計されていますので、動いてもブレをしっかり補正します。

- もう買い替える?SONYのビデオカメラ「HDR-CX680」と旧モデル「CX675」「CX485」を比較してみた | RentioPress

撮影機能面で変更があったのは内蔵メモリーの記憶容量のみで他は前のモデルと同仕様となっています。

内蔵メモリー増量による撮影時間が大幅に延長されるわけですが、どれくらいの時間の撮影ができるものなのか比較したモノがこちらになります。

お使いのテレビのサイズやスペック、撮影目的にもよるのですがYoutubeにアップロードしたり編集してスマートフォンで再生するくらいだったら長時間モードでも充分だと思います。

こちらの表では割愛しましたが4Kハンディカムにはさらに上位モデルとして「FDR-AX100」というモデルもありますが、現在、ビデオカメラの購入をお考えの場合は、上記のモデルからご検討いただいています。

- 3分でわかる新型ハンディカム『HDR-PJ680/CX680』紹介:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ

「ロックオンAF」の搭載により顔認識だけでなく体全体でピント合わせをしてくれている為、動く被写体には効果大。

筆者的に一番大きなことはバッテリーが「NP-BX1」というものを使用しており、今までのバッテリーと互換性がないことだ。

今回は前回ビデオカメラを購入した時の反省を活かし、セット販売されているものは見送り SONY ビデオカメラHDR-CX680の本体のみを選択、そして元々欲しかった三脚として利用できる、Velbon スタンド型一脚 Pole PodII 4段/2段 中型 自由雲台付が現品限りで販売されていたのだ。

「デジタルカメラ」+「ビデオカメラ」+「現品限りの三脚(一脚)」+「デジカメSDカード(SANDISK)」、これだけ買うから安くしてくれと交渉し、かなり安くしてくれました。

- 【レビュー】デジタルHDビデオカメラレコーダー「SONY HDR-CX680」 | | 便利なデジタル生活

レンズとセンサーが一体になり、カメラ本体が動いても空間光学ユニットがバランスを保つので、ズームしても、動きながらの撮影でも、手ブレを抑えて安定した映像を撮れるのが、ソニー独自の「空間光学手ブレ補正」。

* 従来の光学式手ブレ補正機能搭載モデルのスタンダードモード時の手ブレ補正角度との比較。

撮りっぱなしの映像を、カメラが自動で1本の作品に仕上げてくれる「ハイライトムービーメーカー」。

「顔」「シーン」「揺れ」「屋内・屋外」の4つの要素に加えて、カメラが自動で風のノイズを検知する「風ノイズ」の5つの要素から撮影シーンを認識。

- HDR-CX680 | デジタルビデオカメラ Handycam ハンディカム | ソニー

4Kカメラだと補正や編集を行っても画質がさほど落ちないのは説明しましたが、この補正はパソコンやレコーダーに接続をしないで本体の操作から補正をすることができる点がすごいんです。

ソニーの場合、動画を撮影するためのセンサーを作成しパナソニックの4Kカメラには搭載されていない裏面照射型になっています。

行事の撮影、旅行の撮影で1時間だと短いと感じる方は64GBのモデルを購入するか、SDカードで足りない容量を補うかどちらかになります。

32GBのモデルを購入した場合は容量が足りない、SDカードもないという場合は画質を落として撮影すると撮影時間の延長になるのでおすすめです。

- 2017年まとめ ビデオカメラのおすすめパナソニックとソニー徹底比較

屋外か屋内、さらには夜景まで撮影シーンに応じて明るさを自動設定してくれる機能や、顔認識機能、手ぶれ補正といった簡単にきれいな動画を撮るための機能は、もはやビデオカメラの標準装備と言えるでしょう。

録画モードにより撮影時間は大きく変化しますが、画質を落とすことなく長時間の撮影を目的とするならばメモリの容量にも注目しましょう。

また、最大3台までスマホを接続して、撮影してるパパの表情など複数の映像を一緒に撮影することができるワイプ機能も魅力です。

手ぶれ補正は今やほとんどのビデオカメラで標準装備されていますが、ソニーの空間光学手ブレ補正は、カメラ本体が動いても空間光学ユニットがバランスを保ち、ズーム時や撮影者が動きながらの撮影でも安定した動画を残すことができます。

- デジタルビデオカメラの選び方!人気の小型や防水、最新モデルまで|cozre[コズレ] 子育てマガジン

新製品は従来モデル 2倍の64GBの内蔵メモリーを搭載して、長時間撮影にも対応となりました。

 たっぷり撮影できる内蔵メモリーの倍増は、ご使用のお客様からのご要望からですね!さて、どれほどの撮影時間に変化があるでしょうか。

ソニーの最大の強みでもある「空間光学手ブレ補正」。

レンズが動くから、ブレがとても少ない手ブレ補正なのですが、売り場でハンディカムを持って、その場で足踏みをしてもらうと威力を体感頂けると思います。

- 【新製品】ハンディカム 2機種「 HDR-PJ680 / HDR-CX680 」登場!

ソニーのハンディカムらしい「空間手ブレ補正(インテリジェンスアクティブモード搭載)」や、高画質に直結する「Gレンズ」を搭載するなどの優れた性能などは従来機からのスライド搭載。

もっとも大きな変更点は「メモリー容量が32GBから64GB」になったことくらいで、小さなところでも、本体質量が「5g軽量化」されたことや、付属バッテリーの型番がNP-FV**からNP-FV**Aになった程度。

高容量タイプのバッテリーに加え、充電の際に便利なバッテリーチャージャーに、本体とセット収納可能なキャリングポーチにクリーニングクロスがセットされました。

本体付属のバッテリーパックだけでは撮影出来る時間に不安。

- ハンディカム HDR-PJ680,HDR-CX680発表!メモリー64GBになったスタンダードモデル:ソニーな、お店が大阪にあった|ソニーショップさとうち

レンズとセンサーが一体になり、カメラ本体が動いても空間光学ユニットがバランスを保つので、ズームしても、動きながらの撮影でも、手ブレを抑えて安定した映像を撮れるのが、ソニー独自の「空間光学手ブレ補正」。

そこへ新たに「インテリジェントアクティブモード」も搭載し、ワイド撮影時は約15倍ブレない(*)安定した映像を実現しました。

自分は32GBのマイクロSDカードを買いました。

なぜこんなことが出来るかと言うと、通常のAVCHDに加えシェア用のMP4形式の動画を同時に記録してくれます。

- 【レビュー】SONY HDR-CX675|スマホと連動できるSONYのビデオカメラが素晴らしい! - WAROCOM

Leica M型ボディとレンズ同時購入で なんとなんと 『ONAメッセンジャーバッグ』 をプレゼントいたします!! 早速その対象商品をご覧下さい。

表現の無限の可能性とともに~ SONYから新たなジャンルのカメラが登場しました! 「アクションカム」の機動力や「コンパクトデジカメ」の高画質はそのままに、 連携撮影や外部出力などの拡張性も豊富で使い方は無限大!! SONY公式による「RX0」で撮影した作例です 複数台のRX0を用いて撮影されており、印象的な映像に仕上がっています。

RX0は小型カメラでありながらHDMI端子を搭載しており、クリーンな4K映像を出力可能です。

FUJIFILMからXマウントの新しいカメラとレンズ そしてGマウントの新しいレンズが発表されました! まずはXシリーズの新モデルが登場! 小型軽量なボディで持ち運びも楽々! バッテリー・SDカード含み、わずか337gという軽さです。

- 【SONY】HDR-CX680,HDR-PJ680登場! » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。

付属のHDMIマイクロ端子ケーブルまたは、別売りのAVケーブルを使って、テレビに接続し静止画や動画を再生することができます。

〔補足〕  ・SDカード使用の場合、スピードクラスが「Class 4」以上をおすすめします。

内蔵メモリには、最長6時間55分とたっぷり撮影することができます。

※長時間画質の場合 〔補足〕  ・内蔵メモリ:64GB  ・メモリーカードを本体に装着すればさらにたくさん撮影できます。

- 【ジャパネット公式】ソニー デジタルHDビデオカメラレコーダー ハンディカム レッド HDR-CX680 R SDカード 8GBセット:テレビショッピング・通販でおなじみのジャパネットたかた