モバイルバッテリー

Anker

PowerCore 10000

レビュー

全ての機器で最大2.4Aで急速充電が可能になるという、 要は機器ごとに最適な電流を送るので充電が早い、 充電のトラブルが起きにくいということでしょう。

後日追記) 実際に、一般的な1Aの電源アダプタでコンセントから給電。

バッテリ残量の確認方法は、未使用時に側面のボタンを 押すことでランプで示される。

普通の日常使いでスマホの電池不足があっても10000mAhも 必要ありませんが、このAnker PowerCore 10000のほうの 蓄電充電をしないまま何日も使い続けられるのは便利。

- Anker PowerCore 10000を購入、モバイルバッテリーのレビュー | あいぽったぶる

モバイルバッテリーやライトニングケーブル、液晶保護シートなどをAmazonを中心に展開していて、Anker製品を購入してしようしたことがある方も多いのではないでしょうか?私もAnkerファンの一人で、モバイルバッテリー、ケーブル、液晶保護フィルム、電源ハブなど、様々な商品を利用しています。

さて、今回はそんなAnker製品のメイン商品でもあるモバイルバッテリーの人気商品「Anker PowerCore 10000」を実機でレビューしたいと思います。

iPhoneに4回充電できるとは、非常に便利です。

以前利用していたモバイルバッテリーがこれよりも容量が少なく、かつ大きくて持ち運びにストレスを感じていたので、Anker PowerCore 10000に変えて小型化。

- Anker PowerCore 10000実機レビュー!コンパクトで大容量な優秀バッテリー | USEFuL NOTES

入力とか出力とかわかりにくいですが、左側の「5V」の部分はUSB規格の電圧の事なのでUSBを使用していれば、どのモバイルバッテリーも共通です。

iPadのような電池容量の大きいタブレットは2A対応なので、「Anker PowerCore 10000」であれば最大速度の2Aの速さで充電できるという事ですね。

Ankerの独自技術、デバイスの充電特性を認識して最適な出力を行う「PowerIQ」と、使用しているケーブルの抵抗を検知して電圧を上げる「VoltageBoost」で、充電する全ての機器に対して2.4Aまで急速充電が可能。

また、「Anker PowerCore 10000」本体を充電する場合は、別途「USB電源アダプタ」が必要ですが、androidスマホでもiPhoneでも、現在スマホを充電する為に使っている「USB電源アダプタ」を使えば問題ありません。

- 日本で1番売れている!?大容量モバイルバッテリー「Anker PowerCore 10000」を評価!スペックや評判をレビュー! - くろねこのみみ

「Anker PowerCore 20100」 値段は少し上がるけど、容量は2倍! フル充電してこれを持ち歩けばいくら使っても減らないし、何日も充電できなくても大丈夫! 354 gだけど基本バックに入れてるだろうし! ・・・絶対無理。

充電も早く、2ポートあるので他のUSBも挿すことが可能。

【追記】「QCは電圧を変化させてるので5V給電オンリーのiPhoneだとPowerIQのみで十分」と教えて頂きました。

ですので、普通に「iPhoneで充電した場合はこの速さ」というので見て頂ければと思います。

- 【実測!】Anker PowerCore Speed 10000 QC が便利過ぎる!!超速充電!! | のり部屋

カードサイズ並の大きさと紹介されているAnker PowerCore 10000ですが実機を触ると本当に小さい事を実感出来ます。

PowerCore 10000に付属するUSBケーブルは充電する用途であれば十分です。

例えばポケモンGOなどのゲームをしながら充電したい場合はUSBケーブルは別途必要です。

付属品などはケースとUSBケーブルだけのシンプルな構成ですが、実際使うことを考えると最小限の構成で良いですね。

- 徹底レビュー!Anker PowerCore 10000 コスパの良い最軽量・最小のモバイルバッテリー | コストモバイル

USBポートは入力のmicroUSBと出力のUSBが1口ずつのみです。

出力が2口以上あるものも多いですが、この小ささを実現するためには仕方ないところだと思います。

Ankerの独自技術である、PowerIQ(接続機器を検知し電流を最適化)、VoltageBoost(ケーブル抵抗を検知し出力電圧を自動調整)を搭載しているため、最大2.4Aで充電することが可能です。

コンパクトさはもちろんですが、最小や最軽量を謳っているものだと価格が高くなることがあるのにも関わらず、これは他とあまり変わらない2,000円台で買えるのも、人気である理由の1つかもしれません。

- 驚くほどコンパクト!世界最小最軽量の10000mAhモバイルバッテリー「Anker PowerCore 10000」レビュー | orefolder.net

今でこそモバイルバッテリーといえばAnkerですが、Anker PowerCore 10000は非常に懐かしいものを思い出させてくれました。

接続機器を検知して電流を最適化する「PowerIQ」およびケーブル抵抗を検知して電圧を自動調整する「VoltageBoost」によって、5V/2.4Aの急速充電が可能です。

なお、もしQuick Charge 2.0対応のスマホを持っている場合は、より一層急速に充電できる「Anker PowerCore+ 10050」を選んでみるのも良さそうです。

大容量にもかかわらず、なかなかコンパクトなため、持ち歩きが苦痛にならない「Anker PowerCore 10000」。

- 手のひらサイズで10000mAh、大容量モバイルバッテリー「Anker PowerCore 10000」レビュー | BUZZAP!(バザップ!)

例えば iPhone6であれば電池容量は1,715mAhらしいので、単純に考えて5回は充電できるような計算となります。

「メーカー推奨充電器使用時」のフル充電時間が約170分ということなので、かなり早い時間で充電できていることになりますね。

というのもスマホやタブレットには個々の充電特性があり、同じ充電器を使っていてもスマホによって充電が早かったり遅かったりするんだそうです。

サイズ・電池容量・価格、トータルで見れば非常にコストパフォーマンスに優れたモバイルバッテリーと言えるのではないでしょうか。

- Amazonで一番売れているモバイルバッテリーAnker PowerCore 10000 の充電時間を調査 - こだわらないのが唯一のこだわり。

2500mAhコンパクトなモバイルバッテリーを持っていたのですが、長年使いってきたiPhone5sのバッテリーがへたってきて、学校への片道だけでバッテリーが半分無くなるという状態になっているので、心許なくなってきているので、コンパクトかつ大容量もバッテリーを探していました。

重量も180gと、とても軽く、携帯するには丁度良いサイズ感だったので、実際に購入しました。

非常にコンパクトなのでACアダプター、充電ケーブルと一緒にこんなちょっとした所にも入ります。

ぼくはiPad、iPhone、モバイルバッテリー、kindle、etc...とたくさん充電するものを持ち歩くため、今までの容量が少ないものだと心配でしょうがなかったんですよね。

- 【ガジェット】写真多め コンパクト!軽い!やすい! Anker PowerCore 10000 レビュー - ランゲルハンス

Ankerで現在発売中のモバイルバッテリーをバッテリー容量と重量、フル充電可能回数で比較してみましょう。

反対に、13000mAhの商品は5回以上のフル充電が可能ですが、245グラムの重量があります。

)5回以上のフル充電は不要ということで、真ん中のAnker PowerCore 10000を選択しました。

フル充電までの所用時間を計ったところ、ポケモンgoは非常に電池使用量が激しいアプリにもかかわらず、80分間で残り10%だったiPhoneが100%に充電されました。

- モバイルバッテリーAnker PowerCore 10000を使ってみて【使用感レビュー】 | さしすせそブログ

以前から使っていたモバイルバッテリーが劣化してきていたので、小型で高性能なやつを探しているとモバイルバッテリーの新星→ANKERのAnker PowerCore 10000がコンパクトでなおかつ、軽いということで早速Amazonでポチりました。

2016年8月末時点で最小・最軽量の10000mAhの大容量を実現しており、フルスピード充電技術:Anker独自技術PowerIQとVoltageBoostにより、お使いのすべての機器に対し、最大2.4Aで急速充電も出来るとのこと。

簡単な話、みなさんが使っているスマホ・電子機器に対して最適な電圧で充電が出来ますよ!ということ。

実際に充電をするとこのように青のランプが点灯して、今現在どのくらいの容量が残っているか簡単に判断できます。

- 【レビュー】Anker PowerCore 10000を今更ながらレビュー 圧倒的コスパ最高! - celvie(セルヴィ)

基本的に考えたポイントは容量、サイズ&重量、値段の3つです。

普段持ち運びするものだし、実際使う時ってポケットとかにバッテリーいれて充電しつつスマホを使うことも多いのでサイズは大事。

モバイルバッテリー本体の充電はできますが、モバイルバッテリーとiPhoneなどのスマホをつないでスマホを充電するためのUSBケーブルは別途用意する必要があります。

スマホだけじゃなくてパッドとかいろんな端末も同時に充電したり、電源のない環境に長期間いる人はもうちょっと上のランクのものを買った方が安心かもですね。

- Anker PowerCore 10000のレビュー | ぼくらの勉強

その後、QC3対応モデルなどAnkerからは10000mAhのバッテリをたくさん出していますが、さらに重くなってしまっていて、軽量化はこれが完成系なのかな、と。

出力ポートは、USBタイプAのポートが1つのみ。

iPhoneやiPad、Android、ゲーム機など複数のデバイスを充電したい方には向いていません。

まあ、セールで安かったってのもありますが、実はもう1台、モバイルバッテリーを購入していてそれが重かった、っていうのがね。

- 【プチレビュー】178gの超軽量モバイルバッテリ「Anker PowerCore 10000」を購入。 - みんろぐ

確かに軽いとは感じましたし、それなりにコンパクトですが、最小かなーとは疑問に思いましたが、この10000mAhというバッテリー容量を搭載したモデルとしては最小ということでしょうか。

端末ごとに電流を最適化して充電できるAnkerの独自技術「PowerIQ」と、ケーブル抵抗を検知し出力電圧を自動調整する「VoltageBoost」の機能により、モバイル端末の高速充電を実現しているとのこと。

ちなみにGIGAZINEによるとiPhone 6sで4回も充電できるだけの容量があるとのことです。

小さくて軽いのに大容量を搭載したモバイルバッテリーがなんと2000円台で手に入ります。

- 世界最小最軽量モバイルバッテリー Anker PowerCore 10000を使ってみた! | EASY REVIEW

モバイルバッテリーが大容量でスマホやタブレットをたくさん充電できるという点はいいんですが、充電するモバイルバッテリー自体の充電って相当時間がかかります。

PowerCore Ⅱ 20000では、この弱点を担うため、モバイルバッテリー自体の充電入力端子を2つ設けています。

つまり、2倍の速度でモバイルバッテリー自体を充電できるので6時間以内にはフル充電が可能です。

iPhone付属のアダプタをコンセントに挿した場合と、PowerCore Ⅱ 20000を使って充電した場合の時間を比較します。

- 【レビュー】Anker製大容量バッテリー「PowerCore Ⅱ 20000」でスマホを急速充電できるぞ! | FatherLog

急速充電技術「QuickCharge 3.0」対応、かつ、10000mAhという容量でありながら、コンパクトなモバイルバッテリー「Anker PowerCore Speed 10000 QC」を購入しました。

普段は「Anker PowerCore 10000」を使用しているのですが、10000mAh1つだけだと心許なかったことや、QC対応で高速に充電できるモバイルバッテリーも持っておきたいなーと思い、購入に至りました。

Quick Chargeだけでなく、Ankerの独自技術PowerIQとVoltageBoostにも対応しているのでQuickCharge非対応の機器に充電する場合でも効率良く充電することが可能になっています。

モバイルバッテリーからスマートフォンへの充電はQuick Charge3.0に対応していますが、モバイルバッテリー本体への充電は最大5V 2Aとなっており、Quick Chargeには非対応となっています。

- QuickCharge 3.0対応の10000mAhモバイルバッテリー「Anker PowerCore Speed 10000 QC」レビュー | droSma

iPhoneに使用する場合は別途Lightningケーブルが必要です。

僕が持っているPowerCore+ 13400は容量が容量なだけに、約306gと結構重く、持ち歩くだけでバッグの重さを気にしていました。

PowerCore Speed 10000 QCを簡単に表現すると、軽くて小さくて、持ち歩きに便利なモバイルバッテリーです。

出力ポートが一つしかないこと以外に欠点が見つからず、万人ウケするであろう良いモバイルバッテリーだと思います。

- 【レビュー】軽量かつコンパクトで使い易い「Anker PowerCore Speed 10000 QC」はメインの持ち歩き用途に最適!? | すたぶろ

そんなわけで、今もやはり iPhone 6s のバッテリーが 1日持たない状況が続いています。

そこで「ポケモンGO」はもちろん、今後のためにも容量 10000mAh 以上のモバイルバッテリーを買うことにしたわけです。

中身は本体と USBケーブル、巾着と簡単なユーザーガイド。

早速、出かけるときに持っていきましたが、帰る途中で iPhone 6s のバッテリー残量が 10% ほどでバー表示は赤くなったので「ポケモンGO」をしながら、かつ充電して歩きました。

- 「ポケモンGO」対策でモバイルバッテリー「Anker PowerCore 10000」を購入&使用レビュー | なにごとも経験

スマートフォンのメーカーに問い合わせると、「月額のサポートプランに入ったらバッテリー交換してあげる♪」という、親切だか不親切だか分からない仕様だったので「じゃあいいです…」となり、モバイルバッテリーを別途購入することにしました。

それ以外の場合、相性により適切に充電できない場合があります。

バッテリーの箱の中身は「本体」「USBケーブル」「説明書」「携帯用ポーチ」。

ただ、60%~70%くらいで止まることがあるようなので、スマホの機種によってバラつきはあるかもしれません。

- 安くて優秀!モバイルバッテリー「Anker(アンカー) PowerCore 10000」購入レビュー – STUDIO SERO

バッテリーも性能は上がってはいるんですが、スマホの電力消費を効率化させても使うものは使う。

高機能化により多数のアプリが常駐できるようになり、さらにバッテリーの残量を削っていきます。

モバイルバッテリーが無かったので、車のシガーソケットから給電したり、させてもらったり、充電が残っているノートパソコンから給電したりと、色々と困ったことを思い出しまして、まぁちょっと気になる製品もあったし、いい機会でもあるので防災用品として新しいモバイルバッテリーを購入してみることにしました。

容量は10000mAhと家電量販店によく売っているものの倍くらいの容量があり面積はカードサイズで重量は180gという軽量設計になっています。

- Ankerの小型軽量モバイルバッテリー「PowerCore 10000」を買ってみた | 鑑人

これまでずっと使っていたモバイルバッテリーがついにダメになってきたので、 この間新発売になった世界最軽量というAnkerの「PowerCore 10000」を購入しました。

気になったのは… バッテリー充電用のケーブルのマイクロUSB端子が結構きつめだったこと。

最悪ケーブルだけ壊れちゃった場合、交換または低価格でケーブルだけ購入できると嬉しいです。

容量もできるだけたくさん欲しいし、大きくなくて軽いモバイルバッテリーをお探し中の方には、ぜひおすすめしたい製品です。

- 【レビュー】Anker PowerCore 10000を購入!ちっちゃいぜー! – 6 Men Standing

これまでもAnker の モバイルバッテリー Astro E3 第2世代 10000mAhを使用していましたが、 数ヶ月から明らかにバッテリーの持ちが悪くなってしまったので、 ちょこちょこ新しいものを買おうか考えていました。

買い替えが必要になったとは言え、3年近く使用してそれまで十分に満足していたことと、 他にもAnker製品を使用していて概ね満足しているので、 次に買うのも他社で余程いいものが見つからない限りは、 Ankerのものにするつもりで以前からAmazonでチェックしていました。

頻繁に新製品が出て、デザインが良くなったりサイズが小さくなったりするので、 その度に買おうかなと思いながらも、もう少し待てばもっといいのが出るかも、 と思って先延ばしにしていましたが、 ついにそれまで使用していたAstro E3がまるで使えなくなってしまったのでいよいよ買い替えとなりました。

今回Powercore10000を選んだのは、何と言ってもサイズ感! 以前使用していたAstro E3と容量は同じでサイズが極めて小さくなりました。

- 大容量 モバイルバッテリー Anker Power core 10000 を買いました。 - Tezlog 買った、体験した、考えた、生活の感想とか記録とか

※実はAnkerのモバイルバッテリーは2つ目で、PowerCore 20100も所有していますが、重くて持ち歩きがキツイためにAUKEYのモバイルバッテリー10000mAhを使っていました。

モバイルバッテリーは、ついつい本体の充電を忘れてしまって使いたい時に使えない…なんてことが多いですし、充電器だとコンセントが使えないカフェでは文鎮と化してしまいます。

AnkerのPowerCore Fusion 5000はコンセントに繋いでいて、充電ポート側にiPhoneやiPadなどのスマートフォンやタブレットが接続されていれば、まずはそちらを充電し、満充電になった後に本体の充電を開始するという優れものです。

これであれば、普段はコンセントに挿しっぱなしで本体も充電しておいて、持ち運ぶ時はコンセントから外せば常に満充電で使うことが出来ます。

- 便利すぎてAmazon売り切れ!Anker「PowerCore Fusion 5000」の仕様や使い心地レビュー | レビューログ

最近はiPhoneの電池容量が増えたので充電するためには比較的電池容量の多いモバイルバッテリーが必要となり、尚更だ。

見た目が格好いい「LED Wheel」は採用されず、従来の縦型のLEDで電池残量を確認することができる。

Androidユーザーであればまだしも、iPhoneは使えないので容量がほとんど変わらずに56g軽くなった「Anker PowerCore 10000」の方がオススメなのだ。

充電しながらiPhoneを使いたい時は手に収まる「Anker PowerCore 10000」の方が使い勝手が良いというメリットもある。

- 【レビュー】「Anker PowerCore 10000」は1台は持っておきたい超小型モバイルバッテリー | gori.me(ゴリミー)