モバイルバッテリー

Anker

PowerCore Fusion 5000

レビュー

モバイルバッテリー充電用のmicroUSB端子と、スマホなどを充電するためのUSB端子2つを搭載。

実際にモバイルバッテリーとして最新スマホ「Huawei P10」「Zenfone Zoom S」を充電してみたところ。

コンセントにつないでUSB充電器としてスマホを充電することももちろんできます。

これからはAnker PowerCore Fusion 5000とスマホを充電するためのケーブル1本を持ち歩くだけで済みます。

- あまりの人気に完売続出の「Anker PowerCore Fusion 5000」レビュー、スマホ充電器とモバイルバッテリーが究極合体 | BUZZAP!(バザップ!)

PowerCore Fusion 5000は、モバイルバッテリーにACプラグが備わっており、モバイルバッテリーだけでなく充電器として利用できる事が特徴の製品。

本体はケーブルレスで充電可能なので、持ち運びケーブルは端末に合ったケーブル1本を持ち歩けば良い。

勿論、PowerCore Fusion 5000本体にもinput用のMicroUSB端子を備えているので、従来製品と同じようにMicroUSBケーブル経由での充電にも対応している。

この事からより高速な充電を行いたい場合、コンセントに本体を挿さずにPowerCore Fusion 5000単体からの給電が必要。

- Anker「PowerCore Fusion 5000」レビュー。モバイルバッテリー×充電器が合体した人気製品 - ガルマックス

PowerCore Fusion 5000 2-in-1モバイルバッテリー搭載USB急速充電器 新しい充電のあり方へ PowerCore FusionはUSB急速充電器の信頼性とモバイルバッテリーの利便性を完璧に組み合わせました。

フルスピード充電技術 Anker独自技術のPowerIQとVoltageBoostにより、スマートフォンを始め、タブレット端末、GPS搭載機器、ゲーム機やその他USB接続機器へのフルスピード充電を実現します ( Qualcomm Quick Chargeには対応しておりません)。

家の中でも外出先でも コンセントからPowerCore Fusion本体とその他の機器を充電できます。

そのまま持ち出せば外出先であっても、iPhone 7を約2回、その他スマートフォンを1回以上フル充電が可能です。

- Anker | PowerCore Fusion 5000

まず、前回の記事を読んでない方のために書いておきますが、この製品は大容量モバイルバッテリーと2ポートUSB急速充電器がひとつになっている便利なアイテムです。

この製品が便利な1つ目のポイントは…電源タップに直接挿す事でモバイルバッテリーの充電が出来る事です。

コンセントに挿しながらスマホを接続した場合は、スマホから先に充電され、iPhoneの充電が完了したらモバイルバッテリーの充電器に切り替わります。

Amazonで1000人以上が評価したAnkerの4ポートUSB急速充電器を買ってみました。

- 【レビュー】Anker PowerCore Fusion 5000 便利すぎると話題のアイテムを購入しました!

なお、アンペア数はコンセント接続時よりもモバイルバッテリーの方が大きくなっているが、iPhone 7 Plusの入力は最大2.1Aまでの対応となっているため充電時間は変わらない。

当然、3Aの入力に対応するデバイスならばモバイルバッテリーから充電した方がフル充電になるまでの時間は短くなる。

急速充電器とモバイルバッテリーの一体型、折りたたみコンセントプラグ、充分な5,000mAhのモバイルバッテリーなど、ここまででも充分に満足している「Anker PowerCore Fusion 5000」だが、MacBookの充電ができれば旅行や出張時に使う充電器として決定版になる。

充電する場合はMacBookをスリープ状態にする必要がある、充電スピードも決して速くはないが、それでもたった1台の充電器でスマートフォンとMacBookが充電できるのは非常に便利。

- Anker PowerCore Fusion 5000 レビュー、1台2役のスマホ充電器・モバイルバッテリー|携帯総合研究所

従来ならモバイルバッテリーと充電器2つを別々で携帯しなければありませんでしたが、この商品はどちらの役割もするので1つ持ち運ぶだけで済んでしまいます。

ちなみにコンセントとUSB機器を同時につないだ場合、基本的にUSBに接続した端末が優先で充電されるようになっています。

ただ「ノートPCとかタブレットを何回も充電したい」という方は、モバイルバッテリーと充電器両方持つか、他社製の10000mAhがおすすめです。

今までは普段も旅行にもモバイルバッテリーと充電器を2つ持ち歩いていましたが、こちらの商品を購入してからは1つだけ持ち歩くようにしました。

- 1台2役で持ち運びに便利なAnker PowerCore Fusion 5000をレビュー - 黒トイプードルのぶろぐ

90度回転させるタイプの一般的な収納ですので、とても簡単に操作ができます。

一般的なモバイルバッテリーと同じようにUSBケーブルを経由して充電することも可能になっています。

5000mAhという容量だけ見ると特別安くはないですが、コンセントに直接挿せるというメリットを考えると、良い買い物だったと感じています。

プラグが搭載されているモバイルバッテリー自体は他にもありますが、5000mAhという容量と2500円という値段を考えると、この商品のコスパはかなりいいと思います。

- コンセントに直接挿せるモバイルバッテリー「Anker PowerCore Fusion 5000」購入レビュー - 非常口へようこそ

※実はAnkerのモバイルバッテリーは2つ目で、PowerCore 20100も所有していますが、重くて持ち歩きがキツイためにAUKEYのモバイルバッテリー10000mAhを使っていました。

モバイルバッテリーは、ついつい本体の充電を忘れてしまって使いたい時に使えない…なんてことが多いですし、充電器だとコンセントが使えないカフェでは文鎮と化してしまいます。

AnkerのPowerCore Fusion 5000はコンセントに繋いでいて、充電ポート側にiPhoneやiPadなどのスマートフォンやタブレットが接続されていれば、まずはそちらを充電し、満充電になった後に本体の充電を開始するという優れものです。

これであれば、普段はコンセントに挿しっぱなしで本体も充電しておいて、持ち運ぶ時はコンセントから外せば常に満充電で使うことが出来ます。

- 便利すぎてAmazon売り切れ!Anker「PowerCore Fusion 5000」の仕様や使い心地レビュー | レビューログ

容量こそ5000mAhと控えめですが、最大の特徴は、折りたたみ式のプラグが内蔵されていること。

旅行時や電源のあるコンセントを活用したい場合など、モバイルバッテリーとACアダプタの両方を持って出かける機会というのは少なくないと思います。

そんな時、「PowerCore Fusion 5000」なら、外ではモバイルバッテリー、ホテルやカフェではACアダプタとして使えますし、もちろんPowerCore Fusion自体の充電も単体で可能。

荷物の数が減るだけでなくサイズ自体もコンパクトがさらに良いですね。

- コンセントに直接挿せるモバイルバッテリー「Anker PowerCore Fusion 5000」が在庫復活!

モバイルバッテリーとUSB充電器が一体化した超便利アイテム『[5,000mAh]Anker PowerCore Fusion 5000』をAppBank Storeに再入荷しました。

家はUSB充電器としてコンセントに挿して使い、外出するときはそのまま持ち出してモバイルバッテリーとして使えるANKER史上最も万能性の高いバッテリー。

レバーをプッシュすると、カードが整列して飛び出すアルミ製のケースです。

AppBankの事前登録サイト『ゲームコネクト』 最強馬を育て上げよう! 本物と見間違える美麗3Dの競馬ゲーム「ダービーストーリーズ」。

- 【超便利】モバイルバッテリーとUSB充電器が一体化した『Anker PowerCore Fusion 5000』を再入荷しました! | AppBank – iPhone, スマホのたのしみを見つけよう

Ankerのモバイルバッテリーと急速充電器の機能を兼ね備えたハイブリッド製品「powercore fusion 5000」を購入しました。

そしてこちらがモバイルバッテリー&急速充電器の機能を備えたハイブリット製品「powercore fusion 5000」。

しかし、今回の「powercore fusion 5000」はコンパクトで、持ち運びに十分なバッテリー容量を積んでおり、とても高い完成度のアイテムになっています。

ようやく自分の理想に近いコンパクトでほどよいバッテリー容量の製品を手にすることができました。

- Ankerの「powercore fusion 5000」の 購入レビュー!1台で2役の便利アイテム | SmartParty.jp

Anker PowerCore Fusionは、コンセントから充電できるモバイルバッテリーというか、バッテリーを内蔵したUSB充電器というか、とにかくモバイルバッテリーとUSB充電器の両方の機能を持った製品です。

この状態でスマホとかをつなぐと、普通のUSB充電器のようにスマホの充電が始まります。

旅行にいくときとか、モバブも持ってくし複数ポートの充電器も持っていくじゃないですか。

5.8インチ有機ELディスプレイでFace ID対応。

- モバイルバッテリーとUSB充電器が1つになった「Anker PowerCore Fusion」レビュー – でこにく

USBの差し込み口は2個ついており、合計で3A出力することができます。

PowerCore Fusion 5000はモバイルバッテリーと電源アダプタの機能があるため、別々に持ち運ぶ必要がなくなりました。

これ一台あればコンセントからもモバイルバッテリーの充電ができますし、スマートフォンの充電もできるため旅行などで重宝すると思います。

モバイルバッテリーと電源アダプターが2in1になっているのは予想以上の便利です。

- 【レビュー】Anker PowerCore Fusion 5000を購入してみた。持ち運びもこれ一つで便利

いままで、中蓋なんてあったっけ? 内容物は、メッシュポーチ、MicroUSBケーブル、PowerCore Fusion 5000本体、マニュアル類です。

ここまで、両製品のUSBポートの位置と、プラグの開き方を見てきました。

一方、PowerCore Fusion 5000はPowerIQによりデバイスに最適な電流を流すので、1Aを超えて供給してくれます。

荷物も減っていいことづくめのように見える、ACプラグ内蔵のモバイルバッテリーですが、僕は出張や旅行のときにしか持っていきません。

- ACプラグとモバイルバッテリーが合体!出張や旅行で大活躍のAnker PowerCore Fusion 5000をレビュー! | makkyon web

モバイルバッテリー市場は、“特別な機能”を搭載しているものを除けば、星の数ほどもある種類から、容量と販売価格で見比べるような市場へと成熟してきた。

今回は、“特別な機能”の代表格、AC充電器一体型の製品の便利さを、あらためて紹介したい。

充電器が一体となってるため、いちいち別の充電器とケーブルを持ち運ぶ必要がないばかりか、通常のモバイルバッテリーと同様にUSBポートからの充電にも対応する。

この便利さを多くの人に知れ渡れば、ほかの容量の充電器一体型モバイルバッテリーや無停電の電源としても使えるタイプも登場するかもしれない。

- バッテリーはAC一体型が便利~Anker「PowerCore Fusion 5000」 - ケータイ Watch

このモバイルバッテリー1つと、端末にあったコードを持っていれば、外出先で充電に困ることはなくなると考えたからです。

コンセントがないところでだって、モバイルバッテリーなので、充電することはできます。

そのため、このモバイルバッテリーも第2形態、第3形態と徐々に進化していくことでしょう。

Ankerのモバイルバッテリー「PowerCore Fusion 5000」は、すべての人にオススメできるアイテムだと思っています。

- Anker PowerCore Fusion 5000 レビュー!未来に期待したい最強モバイルバッテリーの第1形態! | ぞのドットコム - 好奇心をくすぐるブログ

なんといっても魅力は「モバイルバッテリ」と「USB電源アダプタ」がひとつになっているところ。

私は「USB電源アダプタ」として捉えていて、会社に基本的に置きっ放しにしています。

なので、2ポートのUSB電源アダプタとして普段はコンセントに挿しっぱなしにしておいて、スマートフォンやタブレットなどを同時に充電したいときなどに使っています。

まあ「USB電源アダプタ」の機能がないので、その差です、と言われたらそれまでではありますが、後継モデルを出すならぜひ改善してほしいです。

- 【プチレビュー】「モバイルバッテリ」と「USB電源アダプタ」が合体して超便利 Anker PowerCore Fusion 5000 - みんろぐ

そういうユーザーであっても10,000mAh超の余裕ある容量のモバイルバッテリーを持ち歩けばウォールチャージャーが不要になったりしますし、いや、いちいちコンセントを探す必要が無いのですから、適切な容量のモバイルバッテリーだけを持ち歩く方がよっぽど便利でしょう。

AC充電可能なモバイルバッテリーを求める人って、出先での電力消費の大きい傾向な人だと思うんですが、PowerCore Fusionの5,000mAhという容量は頼りなく感じるんじゃないかな?って思います。

昨今では5000mAhという容量はモバイルバッテリーとしては控えめな容量だという事もあって、同容量帯のモバイルバッテリーはUSBポートを一基しか備えていない事が多いのですが、ANKER Fusinは2ポートあります。

PowerCore Fusionは普通のモバイルバッテリーと同じようにMicro USBで充電可能なのですが、この場合でもパススルー機能が働きます。

- ウォールチャージャーとモバイルバッテリーの合体したANKER PowerCore Fusion 5000が旅行用にいい感じ – Captain's Log, Supplemental

PowerIQとは、各USBポートに接続されたスマホやタブレットを自動検知してデバイス毎に適した最大のスピードで急速充電してくれるという優れもの。

通常は、モバイルバッテリー+USB電源アダプタ(又はチャージャー)+microUSBケーブル+Lightningケーブルと4つを持ち歩く必要がありましたが、「PowerCore Fusion 5000」+Lightningケーブルの2つだけでOK! ノマドワーカーと言われるようなカフェで仕事をしている人にとっては荷物が減るので有り難いですね。

この「PowerCore Fusion 5000」は、本体自体を充電する為にACアダプタに接続する必要がありません。

・充電してそのまま持ち出そう:コンセントからお使いの機器とPowerCore Fusion本体を充電すれば、最大3回分の充電容量をいつでもどこでも持ち歩くことができます。

- Anker PowerCore Fusion 5000 USB急速充電器/モバイルバッテリー ブラックの人気通販 | AppBank Store

こちらのバッテリーは、容量5,000mAhの手頃な容量のモバイルバッテリーで、大きな特長として折りたたみ式のプラグでAC接続が可能となっており、外出先でモバイルバッテリーとして使用するほかにもコンセントに差して通常の充電器のようにも利用することができます。

汚れても目立ちにくい黒くてマットなボディで、電源ボタン横にはLEDインジケータが搭載されており、バッテリー残量を3段階の青い光で把握する事ができます。

5,000mAhという1日分くらいは持つ手頃で丁度いいバッテリー容量と、邪魔にならないほどのサイズ感に加えて、直接コンセントに本体をさしこんで充電ができるので、「モバイルバッテリーを持ってきたけどモバイルバッテリー自体を充電しておくのを忘れた」というトラブルにも対応する事ができます。

旅行時などの荷物が少なくなるのも利点ですし、AC充電器とモバイルバッテリーをそれぞれ買うなら、こちらを1つ買う方が断然オトクかもしれません。

- 【レビュー】AC式充電器とモバイルバッテリーがひとつになった「Anker PowerCore Fusion 5000」 – oresamax.com