モバイルバッテリー

Anker

PowerCore Speed 10000 QC

レビュー

「Anker PowerCore 20100」 値段は少し上がるけど、容量は2倍! フル充電してこれを持ち歩けばいくら使っても減らないし、何日も充電できなくても大丈夫! 354 gだけど基本バックに入れてるだろうし! ・・・絶対無理。

充電も早く、2ポートあるので他のUSBも挿すことが可能。

【追記】「QCは電圧を変化させてるので5V給電オンリーのiPhoneだとPowerIQのみで十分」と教えて頂きました。

ですので、普通に「iPhoneで充電した場合はこの速さ」というので見て頂ければと思います。

- 【実測!】Anker PowerCore Speed 10000 QC が便利過ぎる!!超速充電!! | のり部屋

PowerCore Speed 10000 QC より速く充電可能な大容量モバイルバッテリー 最新規格の全てを搭載 PowerCore Speed 10000 QC は最新の充電規格Quick Charge 3.0に加え、Anker独自技術PowerIQとVoltageBoostを採用し、あらゆるUSB機器にもフルスピードで充電が可能です。

ほとんどのスマートフォンを3回以上、タブレット端末には約1回のフル充電が可能です。

独自の温度管理テクノロジーを搭載 PowerCore Speedは、高温を検知し自動的に熱を下げるAnker独自の温度管理テクノロジーを搭載。

最高の安全性 サージプロテクターやショート防止機能、温度管理などの優れた機能を搭載し、お使いのあなたとお使いの機器を保護します。

- Anker | PowerCore Speed 10000 QC

さらに、旧モデルである「Anker PowerCore 10000 Quick Charge 3.0」では非対応だったAnker独自技術の充電電流自動調節機能であるPowerIQと充電電圧自動調節機能であるVoltageBoostにも対応し、あらゆる機器に最適な状態で効率的な充電が可能となりました。

「PowerCore Speed 10000 QC」はQuick Charge 3.0、電流・電圧自動調節機能に対応しているが、「cheero Power Plus 3 10050mAh」は電流自動調整機能のみ。

Apple方面のユーザーが全くメリットを享受できず、実質的にAndroidデバイスユーザーのための技術となっているQuick Charge 3.0の搭載がウリの機種であるため、Androidデバイスユーザーだけが購入を検討する価値のあるモバイルバッテリーといえます。

Quick Charge 3.0対応のモバイルバッテリーとしては最小・最軽量、なおかつ安価なので、対応デバイスを持っていれば魅力的な選択肢になるでしょうね。

- 「Anker PowerCore Speed 10000 QC」QC3.0に対応したクラス世界最小、最軽量のモバイルバッテリー

Anker PowerCore 100000は10000mAhの大容量バッテリーを搭載しながらも重量は180gで世界最軽量・世界最小のモバイルバッテリーです。

大容量ながらも2000円台で購入可能でコストパフォーマンスに優れています。

PowerCore 10000に付属するUSBケーブルは充電する用途であれば十分です。

例えばポケモンGOなどのゲームをしながら充電したい場合はUSBケーブルは別途必要です。

- 徹底レビュー!Anker PowerCore 10000 コスパの良い最軽量・最小のモバイルバッテリー | コストモバイル

QC対応ポートでQC非対応機種を充電すると1A/5Vで充電され、充電速度が遅くなります。

PowerCore+ 10050 QC3.0 +シリーズなので耐久性のある航空機用アルミニウム合金などの業界最先端の素材と電子回路のみを用いて設計されていますがSpeed 10000QCと比較して少し重く、600円高いです。

この20000代以上は2台同時充電が標準ですが大きく、重く、カバンなしでは厳しくなってくるのでその辺を十分考慮する必要が出てきます。

PowerCore Speed 10000QCと比べると メリット ・容量が3400mAh大きい ・ポートが1つ多い ・耐久性が高い デメリット ・105g重たい ・発熱抑制機能がない ・充電出力が少し弱い ・1000円高い という感じなので2台同時充電の需要がないならとりあえずPowerCore Speed 10000QCを選んでおけば良いかなと思います。

- Anker(アンカー) モバイルバッテリー比較表で自分に最適なものを選ぼう! | はな雑記

それがUSB充電器「Anker PowerPort Speed 5」とモバイルバッテリー「Anker PowerCore Speed 10000 QC」、そして「Anker PowerLine Micro USBケーブル」3点セット。

当時使用していたスマートフォンはバッテリー容量が小さいものだったから、これで1回分のフル充電が可能だった。

10000mAhというのはiPhone 7を3回以上充電することが可能な容量であるから、1泊の出張や旅行の時にも対応できるだろう(もちろん宿などで電源は確保できるだろうが)。

この製品の特徴はQuick Charge 3.0に対応している点。

- 【レビュー】Anker PowerPort Speed 5はPowerCore Speed 10000と相性抜群! - 意識高い系のブログ

PowerCore Speed 10000 QC は最新の充電規格Quick Charge 3.0に加え、Anker独自技術PowerIQとVoltageBoostを採用し、あらゆるUSB機器にもフルスピードで充電が可能です。

新しい規格「Quick Charge 3.0」にも対応してました。

私も10個すべてのブログで、サブディレクトリ方式を使ってます。

おでんでん { Windows7にて、バッチファイルの黒画面を表示させないように する必要があり、本記事を参考にさせてもらいました。

- 毎日の持ち運びバッテリーはこれに決定!Anker PowerCore Speed 10000 QC 10000mAh 大容量モバイルバッテリー | パソコンが便利で楽になるものを紹介しています [あまおとろぐ]

◆手のひらサイズのコンパクトボディ これが今回レビューするモバイルバッテリー「Anker PowerCore Speed 10000 QC」の外箱。

クアルコムの「Quick Charge 3.0」に対応していることを示すロゴがプリントされています。

中にはAnker PowerCore Speed 10000 QC本体とトラベルポーチ、microUSBケーブル、利用ガイド、2つ折の紙が入っています。

また、Buzzap!で検証してみたところ、1つ前の規格となる「Quick Charge 2.0」対応機についても、急速充電できることを確認済み。

- 外出先でも即座に充電、QC 3.0対応で安価な小型モバイルバッテリー「Anker PowerCore Speed 10000 QC」レビュー | BUZZAP!(バザップ!)

急速充電技術「QuickCharge 3.0」対応、かつ、10000mAhという容量でありながら、コンパクトなモバイルバッテリー「Anker PowerCore Speed 10000 QC」を購入しました。

普段は「Anker PowerCore 10000」を使用しているのですが、10000mAh1つだけだと心許なかったことや、QC対応で高速に充電できるモバイルバッテリーも持っておきたいなーと思い、購入に至りました。

Quick Chargeだけでなく、Ankerの独自技術PowerIQとVoltageBoostにも対応しているのでQuickCharge非対応の機器に充電する場合でも効率良く充電することが可能になっています。

モバイルバッテリーからスマートフォンへの充電はQuick Charge3.0に対応していますが、モバイルバッテリー本体への充電は最大5V 2Aとなっており、Quick Chargeには非対応となっています。

- QuickCharge 3.0対応の10000mAhモバイルバッテリー「Anker PowerCore Speed 10000 QC」レビュー | droSma

普段からモバイルバッテリーには目がないハマコーだけど、そのジャンルでは最先端を行くAnker社から、世界最小最軽量で、さらにQuickCharge3.0に対応した最新製品が発売されたので、いそいそと購入しました。

例えば、対応機種のXiaomi Mi5であれば、60分の充電ですっからかんの状態から、ほぼフル充電可能なスピードです。

現在、QC3.0に対応しているスマホはまだまだ少ないんですが、QCは後方互換もあり、QC2.0対応のスマホは非常に多く有るので、今後の展開も含めて幅広く活用できそうな規格です。

長く使える製品ですし、スマホを2〜3回ほど充電できれば良いぐらいの使い方であれば、完全にフィットする製品だと思います。

- 世界最小最軽量でQC3.0に対応の最先端モバイルバッテリー「Anker PowerCore Speed 10000」レビュー

先週にAnker PowerCore 20100を購入したのですが、なんと購入した3日後にその上位機種のAnker PowerCore Speed 20000 QC (Quick Charge 3.0対応)が出たということで、スマホもquick charge対応なのでこちらのほうがいいだろうと早速購入しました。

セット内容は本体 充電用USBマイクロケーブル 説明書1 説明書2 メッシュケースです。

Quick Charge2.0対応 スマートフォン 充電時間 ここで本題ですが、20000 QCがQC対応端末に高速で充電でいるのかどうかを確認してみました。

IQポートの充電よりも30分以上短縮して満充電できるのは電気消費量の多いZ5 premiumに使用するには非常に便利だと思います。

- Anker PowerCore Speed 20000 QC (Quick Charge 3.0対応 Power IQ搭載 ) のレビューと PowerCore 20100との比較

スマホをQC3.0対応の「Xperia XZ」に機種変したので、モバイルバッテリーも新しいのを購入しました。

動作確認と測定にはAmazonでwavesが販売しているQC3.0対応のUSBチェッカーを使っています。

QC非対応機器でもQC3.0対応ポートからの充電が可能ですが、PowerIQポートを使うことで5Vでの充電が早くなります。

「Anker PowerCore Speed 10000 QC 」は、Anker独自技術PowerIQとVoltageBoostを搭載しており、QC非対応の通常のUSB充電機器にも安全に高速充電が可能となっています。

- モバイルバッテリーAnker PowerCore Speed 10000 QC を購入 : らいっちの買ったもの

モバイルバッテリーの新製品と言ってももうたくさん持ってるしなあ…とあまりピンと来ていなかったのですが、今回のANKERの新モデルはQuickCharge対応で10000mAh以上のモバイルバッテリーとしては世界最小とのこと。

世界最小ということなので、手元にあった他社の容量の近いバッテリーと並べてみました。

出力が1ポートなので、日常的に色々な機器を充電するつもりで持ち歩くには向いていないかもしれません。

最新の「QuickCharge 3.0」やおなじみのAnker独自技術「PowerIQ」「VoltageBoost」に対応しているので、高速な充電が可能。

- 世界最小!「Anker PowerCore Speed 10000 QC」レビュー

充電時のリップル電圧をリアルに測定するため、充電時と同じ 2.0A の抵抗負荷を与えた時のリップル電圧(ノイズ)をオシロスコープで計測した。

本製品は QC(Quick Charge)3.0規格対応品。

QCの電圧コントロールに追従させるための設計なのか、有機ポリマーと思われる 100μ16V のコンデンサが 2個搭載されている。

QCの高電圧充電時の波形は未検証だが、充電しながら音楽再生することの多いユーザーにはオススメの一品となる。

- アマゾンの高評価モバイルバッテリーAnker製『Power Core Speed 10000 QC』は本当におすすめ? ガチ検証した結果… - ライブドアニュース

こちらの特徴として3つの充電ポート(出力側)があるので、3台同時に充電することができること。

それと、モバイルバッテリーへの充電(入力側)も2つあり、短時間で満充電にすることもできるので、出かける直前に「あ! 充電するの忘れてた!」となっても満足のいく状態まで充電することができます。

ちなみに僕のGALAXY S6では家庭で使っているドコモ純正の急速充電器ポータブルACアダプター「kuruko」を使っても『急速充電中』とは表示されません。

それと、この2つを充電するために僕が使っているのが、こちらの商品です。

- 【レビュー】モバイルバッテリー小さくても大容量!コンパクトサイズでおすすめはコレ | ドラログ!

こちらの製品は、「iPhone」等のスマートフォンや「iPad」等のタブレットはもちろんのこと、USB-Cポートを搭載する「MacBook Pro(2016)」への充電も可能です(注:実際に試してみました)。

但し、2つの入力ポートを使えばという条件付きなので、本体への充電スピードにこだわるのなら2本挿し、別に普通に充電できれば十分というのであれば1本挿し、と目的に応じて使い分けましょう。

これまでの「MacBook Air」や「MacBook Pro」のポート(マグセーフ)だと、普通のモバイルバッテリーから充電することが出来ませんでした。

何かの拍子に停電になったとしても、iPhone7が7回も充電できる大容量ですので、復旧するまでに使い切ることもなさそうです。

- モバイルバッテリー「Anker製 Power Core II 20000」レビュー。MacBook Proも充電出来た! | コツメカワウソ.COM

PowerCore Speed 20000 QC より速く充電可能な超大容量モバイルバッテリー Anker: 1000万人以上が支持するブランド ・業界最先端技術による製品 ・18ヶ月保証 ・99%の高評価 最新規格の全てを搭載 PowerCore Speed 10000 QC は最新の充電規格Quick Charge 3.0に加え、Anker独自技術PowerIQとVoltageBoostを採用し、あらゆるUSB機器にもフルスピードで充電が可能です。

スマホはXperia Z4(2930mAh、Quick Charge 2.0対応)を使っていますが、バッテリー本体のQuick Charge用ポートに接続すれば、ドコモのACアダプタ05とほぼ同じくらいのスピードでスマホの充電ができています。

ちなみに10000mAhの方のレビューにもありましたが、ドコモのACアダプタ05でこのバッテリー本体の充電をしようとすると接続が切れてしまい、充電できませんでした。

電池残量が50%を切ると不安になってしまうタイプなので、このぐらいの容量があると安心です。

- [評価・レビュー いいね!] Anker PowerCore Speed 20000 QC (Quick Charge 3.0対応 Power …:人気の携帯電話・スマートフォンバッテリーに関連してレビュー・評判をマジに報告します!

バッテリー容量は10000mAhと中容量とそこそこなものの、「iPhone 7」を「iPhone 7」を3回、「Galaxy S6」を2回以上充電することができるパワーを持つ。

また、QC3.0の他にもAnkerの独自技術である「Power IQ」や「Voltage Boost」を搭載しているため、充電する端末に合わせた最適な電流を流し、かつ急速に充電することができる。

QC3.0に対応していないiOS端末であっても最速で充電することが可能だ。

「Quick Charge」を採用した10,000mAhクラスの製品の中でも世界最小サイズであるとのことなので、カバンの中に入れても邪魔になることはなさそうだ。

- 【新製品】Anker、QC3.0対応モバイルバッテリー「PowerCore Speed 10000 QC」にホワイトモデルを追加 | CoRRiENTE.top

こちらのモバイルバッテリーの特徴は、残りの残量が1%単位でわかるということです。

ほとんどのモバイルバッテリーは4段階表示や5段階表示と非常に大まかで、あとどれくらいモバイルバッテリーの容量が残ってるかというのが分かりづらいんですね。

こちらの商品の最大の特徴は、本体にライトニングコネクタ(iPhone5以降の小さいUSBコネクタ)とmicroUSBコネクタが付いてるということ。

また、上記で紹介したモバイルバッテリーは物によって1度の充電にUSBポートを2つ使うことによって2倍の速さで充電ができるものもあります。

- 海外旅行に便利なオススメのモバイルバッテリー6選! | 海外旅行の準備をわかりやすく解説するブログ

「Anker PowerCore Speed 10000 QC」は、Quick Charge 3.0に対応する10,000mAh以上の容量を備える製品として世界最小・最軽量のモバイルバッテリー。

ポケットにも入るコンパクトサイズながら、iPhone 7なら3回以上、Galaxy S6なら2回以上のフル充電できます。

バッテリー容量とコンパクトサイズだけでなく、急速充電にも対応。

Anker独自の急速充電技術、Power IQとVoltageBoostに加えて、今季、国内で発売されたスマートフォンでもXperia XZ / X Compact、Zenfone 3 Deluxeなどが対応する「Quick Charge 3.0」をサポートしているため、あらゆるUSB機器にフルスピード充電が可能です。

- 2,999円、Amazonベストセラーの「Anker PowerCore Speed 10000 QC」が再入荷|携帯総合研究所

このQC3.0は最大24Wの出力を可能とした規格で本来のUSBで企画されている5V以上の電圧を供給出来る様にしたものです。

但し全てのUSBデバイスで24Wの給電が出来るかというとそうでは無くUSBデバイス側でもQC3.0に対応している必要があります。

むしろコンパクトなサイズであるがために私がメインで使用しているiPhone6S Plusよりも横幅が小さいので充電しながらの手持ちは少し辛いかもしれませんね。

モバイルバッテリーとしての実際の給電能力に関しては別途検証をして投稿したいと思いますが、年末に向け某テーマパークに家族で出かけ夫婦(iPhone7、iPhone6S Plus)で終日ポケモンGOで待ち時間の暇つぶしを行い充電を行なったのですが、感覚的にはバッテリ容量の半分しか消費しなかったです。

- ポケモンGOのブームは去ったけど。。 モバイルバッテリー Anker PowerCore 10000 QC – Pumi Gadgets

以前から使っていたモバイルバッテリーが劣化してきていたので、小型で高性能なやつを探しているとモバイルバッテリーの新星→ANKERのAnker PowerCore 10000がコンパクトでなおかつ、軽いということで早速Amazonでポチりました。

2016年8月末時点で最小・最軽量の10000mAhの大容量を実現しており、フルスピード充電技術:Anker独自技術PowerIQとVoltageBoostにより、お使いのすべての機器に対し、最大2.4Aで急速充電も出来るとのこと。

簡単な話、みなさんが使っているスマホ・電子機器に対して最適な電圧で充電が出来ますよ!ということ。

実際に充電をするとこのように青のランプが点灯して、今現在どのくらいの容量が残っているか簡単に判断できます。

- 【レビュー】Anker PowerCore 10000を今更ながらレビュー 圧倒的コスパ最高! - celvie(セルヴィ)

「Anker PowerCore Speed 10000 QC」という商品名で高速充電規格「Quick Charge 3.0」に対応した製品です。

重量に関しては、制御基板が複雑になったためか、180gから198gに若干増加していますが、たった18gの増加でQuick Charge 3.0に対応しているのは魅力的に感じました。

Quick Charge 3.0対応したモバイルバッテリーとしては世界最小・最軽量とのこと。

ただし、Quick Charge2.0に対応した機種でも2.0相当の速度で高速充電可能です。

- Anker「PowerCore Speed 10000」を発表!Quick Charge 3.0に対応した世界最小サイズのモバイルバッテリー | ネタンク

QualcommのQuickCharge 3.0にも対応しており、対応機種であれば約35分で最大80%までの充電が可能です。

また、QC非対応機種でも、独自技術のPowerIQとVoltageBoostを使って急速充電が可能になっています。

コンパクトさだけならQCのない前モデルの「Anker PowerCore 10000」のほうが軽量かつコンパクト(約92 × 60 × 22 mm、180g)だったのですが、QC対応の機種も増えてきてますし、価格差もほとんどないので新しいほうを選んでおけば間違いないですかね。

Galaxy Note8背面を透明にする方法。

- Anker、QuickCharge 3.0に対応した10,000mAhのモバイルバッテリ「Anker PowerCore Speed 10000 QC」を発売 – Dream Seed

アンカー・ジャパンは、スマートフォンの急速充電規格「Quick Charge 3.0」に対応した容量1万mAhのモバイルバッテリー「Anker PowerCore Speed 10000 QC」の販売を開始した。

「Anker PowerCore Speed 10000 QC」は、クアルコムが開発し一部のスマートフォンに搭載されている急速充電規格「Quick Charge 3.0」に対応したモバイルバッテリー。

また、ほかのAnkerのモバイルバッテリーと同様に、独自の急速充電技術「PowerIQ」と「VoltageBoost」を搭載しており、Quick Charge非対応の機種にも急速充電が可能。

モバイルバッテリー本体を充電するための入力は5V 2Aに対応。

- Anker、Quick Charge 3.0対応で1万mAhのモバイルバッテリー発売 - ケータイ Watch