交換レンズ

Nikon

単焦点レンズ AF-S DX NIKKOR 35mm f 1.8G

レビュー

開放F値が1.8とかなり明るいレンズなので、背景のボケを上手く出すことができます。

また、非球面レンズを採用しているため、収差(光の焦点のズレの大きさ)が非常に小さく、写真の演舞まで精細に撮影することができます。

夜景の場合は、光が一点に集まりにくく、分散してしまうため、収差の少ない非球面レンズを採用しているレンズをおすすめします。

そんな人は、レンズキットにはない「AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G」のような単焦点レンズに挑戦し、さらにもう一歩上の撮影表現を身につけましょう。

- ニコンの単焦点「AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G」は初心者におすすめ | RentioPress

デジタル一眼レフカメラ最大の魅力は、撮影用途に合わせてレンズを交換できることだろう。

しかし35mm F1.8 Gが出たことにより、ついに上記のエントリーボディで、単焦点レンズの楽しさを気軽に味わえるようになったのだ。

つまり35mm判でいうところの標準レンズ(焦点距離50mm)と同じような使い勝手が体験できるわけだ。

キットレンズだけでも綺麗な写真を撮ることは可能だが、単焦点レンズには、キットレンズとはひと味もふた味も違った写真を撮影できる力がある。

- 特別企画:「APS-C専用単焦点レンズ」のススメ(ニコン編) - デジカメ Watch Watch

D3300のダブルズームキットについてきた2本のレンズはAFの時にはフォーカスリングを調整することができませんので、オートかマニュアルかがハッキリ分かれています。

複数の単焦点レンズがあれば解決できるのかもしれませんが、レンズ交換の間にシャッターチャンスが…、といったこともありえるかもしれませんね。

開放f値が大きなレンズとなってくるとこれ以上に感度を上げる必要が出てきます。

DXフォーマット専用ということもあり、価格もカメラの交換用レンズとしては安価です。

- 【Nikon】AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G | 人の目線に近い単焦点レンズ! | Jolly-Life.Net

それが単焦点レンズの視界が予想以上に狭かったということ。

50mmレンズというのは、Nikonのレンズでは35mm換算だと1.5倍の75mmということになるため(この概念をレンズを実際に買うまで理解していなかった)、室内撮りだと結構厳しい(「35mm換算」についてはこちらのページに詳しい)。

しかし、本体と同時にレンズを3本も買っていたので、さすがにすぐ購入する勇気はなく、まずはあるもので我慢、ということにした。

今回の製品ラインの方が1グレード上のせいか、50mmレンズより35mmレンズの方が大きい。

- Nikon D7000用 35mm 単焦点レンズ AF-S DX Nikkor 35mm f/1.8G を購入!かなり良い!! | No Second Life

このレンズでは、江ノ島の左下のあたりの点光源がやや変形していますが、開放でこれですから、全体的に見れば優秀なレベルと言えるのではないかと思います。

街中でのスナップで被写体との距離感や画角が「ちょうどよい」と思わせてくれる35mmレンズですから、自分の足を使って被写体へ寄ったり離れたりしながら生み出していく写真には、撮る者の意思がしっかりと写り込みます。

指2本分ある幅広のピントリングは縦位置でも横位置でも安定した操作が行いやすく、そのままマニュアルフォーカスへもスムーズに移行できます。

DXフォーマットではフルサイズ換算52.5mm相当になり標準レンズのような使い心地ですから、入門機を手にした方の「はじめての単焦点レンズ」としてもおすすめ。

- Nikon(ニコン) AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED 実写レビュー | フォトヨドバシ

リーズナブルでありながら、デジタル専用設計ということもあり、開放からシャープな画を描いてくれます。

明るい開放F値のおかげでシャッタースピードを上げられるので、室内外を問わず手ブレの心配もずいぶんと軽減されます。

ズームがなければ難しいシーンを除いて、自分が動けばどうにかなってしまうシーンであれば、これ1本でヌケのよい画をものにすることができるとあって、ズームレンズから単焦点レンズへと進む第一歩にはまさにうってつけでしょう。

こんな気軽に使えるレンズを取り揃えておけば、これからの写真生活がますます楽しくなること請け合いです。

- Nikon(ニコン) AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G 実写レビュー | フォトヨドバシ

キットレンズでは得られない背景のボケと、描写力や解像度の違いが初心者でも分かるレベルで、私はこのレンズを購入してからは、ほとんどこのレンズばかり使うようになり、キットレンズの出番は激減。

シンデレラレンズって言うと、描写力が良い!画質が良い!低価格! って事ばかり目に付きますよね。

しかし私がこのレンズで1番良いなと思った部分は、被写体に寄れると言う事。

私はこのレンズがとても気に入っていましたので、フルサイズ機に乗り換えた時に似たような焦点距離でフルサイズに対応した、50mm f/1.8を購入したのですが、こちらは最短撮影距離45cmでした。

- 単焦点の良さが分かるNikonのシンデレラレンズ「AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G」のレビュー&作例

歪曲は1.7%前後の中程度のタル型で、これはこの焦点距離の単焦点レンズとしては予想よりも少し大きい。

F2.8まで絞ると輪郭は目立たなくなり、ボケはかなりスムーズになるが、ハイライト部分のボケには色ズレ(軸上色収差)が目立つ。

最近のニコンのレンズは、 ボディ内補正やソフトウェアによる後処理を視野に入れて設計されている気がします。

そうそう、距離表示が無いばっかりに、天体写真では使いにくいんです(^^; ライブビューでピンを拾うにしても、かなり明るい星がないとダメなんで、苦戦します。

- ニコンAF-S DX NIKKOR 35mm F1.8Gは開放からとてもシャープなレンズ - デジカメinfo

「標準レンズ」というのは、画角が「対角線46°・水平40°」になるレンズのことです。

従来からある35mm版フィルムカメラやフルサイズのイメージセンサーを持つデジタル一眼レフカメラでは、焦点距離50mmのレンズを付けたときにこの画角になります。

これらのモデルに使用する「標準レンズ」が、この35mmの焦点距離を持ったレンズということになります。

これで、ニコンの全てのレンズ交換式カメラに対応した標準レンズを手に入れたことになります。

- 我が家に3本目の「標準レンズ」が来ました。AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G | 夏はクマノミ