交換レンズ

SIGMA

標準ズームレンズ 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

レビュー

一つ目は、APS-Cサイズセンサー専用であること、二つ目はF2.8通しの標準ズームレンズであることです。

「F2.8通し」というのは、ズームをした時にもレンズの明るさが変わらないということを意味します。

安い一眼レフのレンズキットのレンズでは、ズームをした時にF値が上がって暗くなってしまうので、常に明るく撮りたい時には、この「通し」という点が非常に便利です。

キットレンズしか使ったことがない方、または標準ズームでいいレンズが安く欲しい方、シグマ好きな方は是非チェックしてみてください。

- 【レビュー】コスパ良すぎなレンズ、SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSMを購入! | すたぶろ

標準レンズからステップアップという方も多いです。

迷った結果、最終的に導きだした答えは両方とも買うということでしたw1世代前のレンズを購入したのですが、基本性能は同じらしいです。

日は落ちてネオンや街灯の明かりのみでしたがF2.8通しのレンズですので安心して撮影することができます。

結婚式は暗いシーンから明るいシーンまで状況が一気に変わることが多々ありあらゆる場面で安定的に写真を撮ることができる17-50mm F2.8 EX DC OS HSMをメインのレンズとして選択するのは正解でしょう。

- シグマ17-50mm F2.8 EX DC OS HSMのレビュー! | デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座のあおぞらレフ

所有しているレンズで一番高額なレンズはCanonのマクロレンズの5万円くらいの物で高額レンズもないし、プロテクターってなんか画質が変わってしまう気がして一度も購入した事がなかったのですが、これはさすがに77mm径と大きいレンズなので、後々絶対面倒臭い事になるのが分かりきっていたから、さすがに買いました。

それと、私はRX100持ってるので、別にこのレンズは必要なかったかなと。

デジイチ初心者で、暗い標準ズームレンズに明るい安い単焦点レンズくらいしか持ち合わせていない方にはオススメできます。

私の場合は用途がほぼ部屋の中での猫撮り(猫ブログ用)で、50mmの単焦点レンズも持ってるから別に要らなかったかな。

- 瀬戸弘司さん絶賛のシグマレンズ17-50mmF2.8EX DC OS HSMを購入 - ステマなし

所有する標準ズームの開放値の暗さや、手ブレ補正が搭載されていないことに不満を感じるユーザーにとって注目のレンズだ。

従来なら手持ちでは厳しいかなと思ったような条件の撮影での安心感はこれまで以上に大きく、実際手ブレをよく抑えている。

蛍石に近い光学特性を持つFLDレンズ2枚とグラスモールド非球面レンズ2枚、ハイブリッド非球面レンズ1枚で色収差および歪曲収差など補正する。

本レンズは、明るい開放値と高い補正効果の得られる手ブレ補正機構を搭載し、さらに良好な描写特性でこの上ない1本といってよいものである。

- 交換レンズ実写ギャラリー:シグマ「17-50mm F2.8 EX DC OS HSM」 - デジカメ Watch

マクロレンズということもありますが、50mmマクロはコントラストが高めです。

あと、こちらは色温度をRAW現像時に揃えたんですが、明らかに50mmマクロのほうが青みがあります。

こういった具合で、ごく一般的な単焦点レンズであれば十分勝負できるズームレンズということが確認できたかと思います。

やや大柄なレンズですし、最初に購入するであろう標準ズームとまるっきりカブってしまう焦点域ではありますが、それをお蔵入りさせてしまうだけの性能を持った最新レンズだなぁという感想でありました。

- SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM レビュー 単焦点比較編 | MacBSの日常生活的日記

F2.8を生かしたシャッター速度やボケなど、大口径標準ズームの醍醐味を手軽に味わうことのできる高品位ズームである。

まあ標準ズームなので望遠ズームほどの手振れの恩恵を受けることは少ないかも知れない。

室内では自在に画角を変えてボケを生かしながら子供を撮ったりネコを撮ったり、外に持ち出せば夕方でもシャッター速度が稼げてOSと相まって手振れを防ぐ撮影が可能な高性能ズーム。

キヤノンマウントでお安く手軽で明るいズームを探している人ならば、ズームリングの回転方向の同じシグマが良いと思うのですがいかがでしょう。

- SIGMA 17-50mm/F2.8EX DC OS HSM(実写と感想): ちぇり小屋