交換レンズ

Canon

EF50mm F1.8 STM

レビュー

新しい「EF50mm F1.8 STM」は、5群6枚のレンズ構成自体はこれまでと同じとするものの、そのほかの部分は大きく手が入り時代に即したものとなった。

鏡筒のデザインテイストは、「EF40mm F2.8 STM」など最近登場した単焦点レンズに準じたものである。

鏡筒の大きさやレンズ構成などほとんど変わらないのに、質量が30gアップした大きな要因がマウントのマテリアルだ。

メーカー希望小売り価格は税込2万1,060円と先代の倍ほどとなってしまったが、デジタルカメラに最適化されたコーティングや質感の高まった外装、滑らかなAFのSTMなどその仕上がりから万人が納得することだろう。

- 交換レンズレビュー:EF50mm F1.8 STM - デジカメ Watch

動く被写体にも素早く追随して(と言ってもここではお婆ちゃんの歩行速度ですが)、開放F1.8のこの立体感。

最短撮影距離が45cmから35cmに変更になりましたが、ここが10cmも短くなると撮れる画もまったく変わってくるわけで、これは大きな変化です。

とにかくこの50mm、「標準レンズ」なんて呼ばれて初心者向けの顔をしているクセに、実はすごく難しい。

初めてレンズ交換式のカメラを買う時、今は多くの方が標準ズームつきを選ばれますが、その後、交換レンズを買い足す人って、実は意外に少ない。

- Canon(キヤノン) EF50mm F1.8 STM 実写レビュー | フォトヨドバシ

標準レンズで1/10秒で撮影するところを、このレンズなら1/100秒で撮影することが出来ます。

canon単焦点レンズEF50mm F1.8 STMを装着してからは、もっと寄れたら・・・と思うことはほとんど無くなりました。

canon単焦点レンズEF50mm F1.8 STMは、レンズフード、レンズケースは付属していません。

canon単焦点レンズEF50mm F1.8 STMはキットレンズからのステップアップに最適です。

- EF50mm F1.8 STMの購入レビュー | デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座のあおぞらレフ

2つの写真は同じ距離から撮影していますが、香炉の見た目サイズが違いますよね。

もちろんいいレンズで迫力のある写真が撮れるんですが、実は50mmのレンズは実際に使ってみると使い道が制限される可能性が高いんですよ。

1本のレンズでなんとかしようとしたときに、50mmだと全体の様子が撮りきれないという場面がでてくるということですね。

やはりボケ具合でいくと50mmのF1.8は相当背景がボケるので被写体を強調する効果は高いですね。

- 【単焦点比較レビュー】EF-S24mmF2.8STMとEF50mm F1.8は結局どっちがいいの?! | へんもぶろぐ

撮影時点ではEF50mm F1.8 STMの補正データが用意されていなかったため、ボディならびにDigital Photo Professionalのレンズ光学補正はオフになっています。

従来のEF50mm F1.8 IIは、ボケがやや硬いところがあり、コントロールしにくいところがあったが、比べると、EF50mm F1.8 STMは、円形ボケが得やすいだけでなく、ボケ方自体もやわらかくなっていて、ボケを生かした写真が撮影しやすくなっている。

また、最短撮影距離が従来よりも10cm短くなったことも、使い勝手をよくしている部分だと感じた。

EF50mm F1.8 IIと比べると、倍近い価格となっているが、比べる製品が約25年前に発売されたものであることと、金属マウントやSTMを新たに採用したことを考慮すると、コストパフォーマンスの高さは継承されていると言っていいだろう。

- キヤノン「EF50mm F1.8 STM」実写レポート! “撒き餌レンズ”がついにリニューアル! - 価格.comマガジン

160gの重量は標準単焦点としてはとても扱いやすい軽量なレンズで、フットワークを活かした撮影に向いている。

新規に買う分には安いフィルター径になるのでお手頃だが、「EF50mm F1.8 II」からの買い替えユーザーの方はフィルターを買い換えるかステップダウンリングを購入する必要があるので気をつけよう。

より高価で高性能のシグマ 50mm Artは究極の50mmと言うことが出来ますが、そこまでの性能が必要ないならばEF50mm F1.8 STMは安価でコンパクトな素晴らしいレンズです。

サードパーティ製のレンズを含めた場合に現行のAF対応の標準単焦点としてはベストな選択肢になる高性能レンズ。

- 大人気のEF単焦点レンズ EF50mm F1.8 STM【評価・作例】 | とるなら~写真道楽道中記~

わずか160gという軽量・コンパクトさと、F1.8という明るさが特長の標準単焦点レンズです。

また、絞りを5枚羽根から円形絞りの7枚にしたことで、背景を円形で美しくぼかし、被写体を際立たせる撮影表現が可能。

APS-CサイズのCMOSセンサーを搭載したEOSシリーズに装着した場合には、35mm判換算で焦点距離イメージが約80mm相当となり、ポートレート撮影にも最適な一本です。

EFレンズの画期的な描写性能、優れた操作性能を格納した技術について、以下のリンク先で説明しています。

- キヤノン:EF50mm F1.8 STM|概要

個人的にはこのような軽くて低価格なレンズに金属マウントは必要ないんじゃない?とは思います。

撮影はEOS 5D MarkIII、RAWで行い、Lightroom上でレンズ補正(歪曲、周辺光量補正)のみ行い他は初期設定のまま書き出しています。

ということで、このレンズはF2.8くらいまではユルユルの描写で、ボケた柔らかい写真を楽しむために使うようなレンズですが、F4~5.6くらいまで絞ると別物に変わります。

↑これは旧型50mmF1.8 II によるものですが、外周部がグルグルしたようなボケが出てきます。

- 進化してた激安撒き餌レンズ! キヤノン EF 50mm F1.8 STM 比較レビュー | studio9

周辺光量落ちは、多くの大口径レンズの常で、このレンズも開放時のかなり強烈な周辺光量落ち(-2.56EV)に苦しんでいる。

昔ながらの50mmの単焦点は、開放でかなり甘く、絞ると極めてシャープになる傾向があるが、これはEF50mm F1.8 STMにもほぼ当てはまる。

倍率色収差は、周辺部で平均0.5ピクセルかそれ以下で、良く補正されていて、問題はない。

旧型のEF50mm F1.8 II も良いレンズ(特に絞ったときには)だったが、EF50mm F1.8 STM は旧型から多少の改善が見られる(光学系よりも機械的な改善の方が大きい)。

- キヤノンEF50mm F1.8 STM は鏡筒の造りが大幅に改善 - デジカメinfo

これを買わずして一体なんのために一眼レフを買ったのか、というほど有名なレンズEF 50mm F1.8 II という20年間ずっと売れていたレンズがあったのですが、STMレンズとしてリニューアルされました。

ところが、今回のSTMレンズ化によって、動画撮影時のモーター音がまぁ静か!ゆっくりフォーカスが変化していくので、とても静かでモーター音が気にならないレベルで撮影出来ます。

結構、近づいて撮ることあります、50mm単焦点ですし。

と、ここから様々なレンズに手を出してしまうレンズ沼にハマっていってしまう人が非常に多いこと。

- [画像レビュー]撒き餌レンズEF50mm F1.8 STMはやっぱり買い一択 | ゼロサイトコム

旧 EF50mm F1.8 IIがまき餌レンズ、神レンズ、シンデレラレンズと言われる理由は、実売価格9000円で、美しい背景ボケを得られるからでした。

価格は1万6000円となり、キヤノンSTM単焦点レンズ群の標準価格帯となりました。

※F1.8というのはレンズの明るさを表す数字のこと。

この数字が低いほど価格は高くなります(例外もある)またF値が低いほど大きな背景ボケ、暗い場所でも手ぶれやノイズを抑えた写真を撮ることができます。

- EF 50mm F1.8 STM 神レンズではない?Kiss X7 に装着して分かった3つのこと

ロングセラー商品だった先代の『EF50mm F1.8II』はCanon一眼レフユーザーなら誰もが知ると言っていいほど有名なレンズ。

今回新しく生まれ変わった『EF50mm F1.8 STM』、なんとレンズ構成は今までと全く同じという事を聞いて驚きました。

そして最短撮影距離はなんと35cm!一般的な50mmレンズより10cmも被写体へ寄ることができます。

これまでに紹介した3本(24mm、35mm、50mm)には、同スペックのニコン純正レンズがあり、それぞれを比較する楽しみもありましたが、焦点距離20mmでF1.4の大口径を誇るのは本レンズだけ。

- マップカメラ | KASYAPA | 292:25年ぶりのリニューアル『Canon EF50mm F1.8 STM』 | Canon

新撒き餌レンズも神レンズとなるのか!EF50mm F1.8 STMのレビューをまとめてみた。

Canonの一眼レフユーザーなら誰もが知っているであろう、「神レンズ」ことEF 50mm F 1.8 Ⅱが25年ぶりにリニューアルされました。

旧型のレンズが人気だったことから新型のレンズのレビューなどもすでに多く記載されています。

旧型のレンズはたしかに安くて画質もそれなりに綺麗でしたが、APS-Cのボディのカメラに装着すると50mmという焦点距離は結構使いにくいことも多いです。

- 新撒き餌レンズも神レンズとなるのか!EF50mm F1.8 STMのレビューをまとめてみた。 - darakeru

届いてから丸1日カメラ片手にいろんなものを撮ってみたのですが、とにかく今までよりさらに写真を楽しめちゃうレンズですね。

そしてこのF値が低いレンズは、明るい写真が撮れる(暗いところでも写真が撮りやすい)というのと、もう1つはボケが作りやすくなり立体感のある写真が写せるという2つの利点があります。

この2つの利点の後者「ボケが作りやすくなり立体感のある写真が写せる」というのが単焦点レンズの最大のウリにして一眼レフカメラの能力をさらに引き出してくれる要素なんです。

その2つの要素を考えた時ちょうどいいのが最短撮影距離35cmつまりこのレンズでした。

- 【単焦点レンズ】Canon EF50mm F1.8 STMを買ったら写真がもっと楽しくなった【レビュー】 - あしたしぬかもよ?

しかし一方で、ズームレンズでは得られないボケの表現力と、絞り込んだ際のシャープな描写が実売1万円程度で楽しめるため、単焦点レンズの入門用として人気を集めていた。

7枚羽根の円形絞りを新採用したことで、玉ボケは従来よりも自然になった。

次の写真は、絞り開放値を選択し、AFで撮影したもの。

40ミリという焦点距離は中途半端に感じられるかもしれないが、扱い方によって35ミリと50ミリ、どちらの効果も出すことができる。

- 交換レンズ百景:レンズ沼に誘う新型の“撒き餌レンズ”を試す——キヤノン「EF50mm F1.8 STM」 - ITmedia デジカメプラス

絶妙なボケ味のある写真を撮ることのできる単焦点レンズだが、5D mark4に合う単焦点レンズとして注目されているのはEF50mm F1.8 STMだ。

長いあいだ非常に人気のある単焦点レンズとして知られてきたEF50mm F1.8 IIの新型として発売された新レンズになる。

またAF時の耳障りなモーター音に関しても、今回の単焦点レンズでは大きな改善が行われているため、仮に動画での撮影であってもピント調整の音が録音されてしまう心配はほとんど必要ないと言える。

最短撮影距離は35cmに調整されており、さらに最大撮影倍率も0.21倍へと変更されているため、これまでより被写体に近づいて撮影をしたいという方にはうってつけだろう。

- EOS5D mark4と単焦点レンズEF50mm F1.8 STMレビュー|EOS5D mark4の評価と口コミ

比較画像を出したかったんですが、EF50mm F1.8 IIで撮った写真に丸ボケが写ってるのがありませんでした…。

EF50mm F1.8 II が実売価格で1万円を切っていただけに、新レンズのお値段が気になります。

キヤノンが誇るコストパフォーマンス抜群の標準単焦点レンズ「EF50mm F1.8 II」が消えてしまうのは本当に残念です。

新レンズ「EF50mm F1.8 STM」も25年後に同じように評価される素晴らしいレンズであってほしいと願っています。

- EF50mm F1.8 STMがついに登場!最強の撒き餌レンズが四半世紀ぶりにリニューアル! - あめたまびより

僕自身、標準レンズが好きなこともあり、これまでさまざまなマウントの標準レンズを紹介してきた。

どれもそれぞれ魅力があったが、このEF50mm F1.8 STMこそ多くの人に良さを知ってほしいレンズだ。

1987年3月にEFレンズが登場したときのラインアップは、今に比べるとずいぶん寂しいものだった。

デビュー時のEFレンズがすべて現行品ではなくなった今、改良を経たとはいえ、このレンズはEOSの歴史とともに歩んできた貴重な存在といえる。

- キヤノン「EF50mm F1.8 STM」、最短撮影距離の短縮で使い勝手も向上 - 日経トレンディネット

キヤノンには、一眼レフのカメラにはまる人(いわゆるレンズ沼)の半数以上が通過するという、素晴らしい写りと安すぎる値段設定を備えた入門レンズ「EF50mm F1.8 II」というものがあります。

実はこのレンズとX2はおいっこにゆずってしまったのですが、恐らく5D3で使ったとしても十分に満足することができたレンズだと思います。

これにより、旧型レンズよりも10センチさらに近寄って撮影できるようになったわけですね。

ほか、レンズコートが昨今のデジタルカメラ向きになるなど、細かい部分も変更されていますが、おおよそは上記のポイントをおさえておけば大丈夫でしょう。

- キヤノンEF50mm F1.8 STMがリニューアル発売!あなたを沼へと誘う入門レンズ! [エアロプレイン]

外観も一新され、梨地塗装に金属製のマウントになったことで高級感がぐっとアップしました! 引き換えに約130gから約160gと30gほど重くなりましたが、それでも十分な軽さだと思います。

旧レンズの「EF50mm F1.8 II」は、フィルム時代のレンズだったためにコーティングが古いものでした。

コーティングによるコントラスト、色の変化、ゴーストやフレアには間違いなく強くなっており、絞り羽の枚数が増えたことでボケ味なども変化はしていることで画質以外の画作りで大きく変化しています。

現状のエントリー層はAPS-C機が多いため、それらのユーザーにとっては換算80mmは若干画角がせまいく、2本目の単焦点レンズにちょうどよいレンズでしょうか。

- キヤノン EF50mm F1.8 STM vs EF50mm F1.8 II 仕様比較。Canonの “50mm f/1.8” 新旧モデルの違い | かめらとブログ。

いやー! 25年前に発売され、現在9000円程度で購入できるレンズでこんなにきれいな写真が撮れるんですよね…。

そういえばレンズやカメラを選ぶとき、よく出てくる言葉が「35mmフルサイズ」と「APS-Cサイズ」・・・これっていったいどういう意味? ここではこれらの違いについてご紹介していきましょう。

大体見えてる視界そのままぐらいを一枚の写真に収めることができます。

私が愛用しているEOS Kiss X7は、当時世界最小最軽量の一眼レフカメラとして販売しており、その軽さが最大の特徴 この組み合わせは、X7を持っている人であれば最高の組み合わせなんじゃないかと考えているんですよねぇ。

- Canon 「EF50mm F1.8 STM」を検討していたら「EF-S24mm F2.8 STM」を購入した話 – Punksteady

今回、購入したCANONの「EF50mm F1.8 STM」の価格は約1万4千円ほどとレンズにしては安い方ではあるが、かなり期待を込めて買ったものなので実際に撮影した写真も交えながらレビューしていきたいと思う。

駆動音は、従来の機種と比べると静かになったとのことで、実際に使ってみても音はあまり気にならない。

最短撮影距離は35cmで、焦点距離は50mmだが、APS-CサイズのCMOSセンサーを搭載したEOSシリーズに装着した場合には約80mm相当となる点には注意が必要だ。

今回、紹介した単焦点レンズは1万5千円以下で購入することができるので、初心者にも手を出しやすいレンズではないだろうか。

- CANONの単焦点レンズ「EF50mm F1.8 STM」を使ってみたのでレビューする | デジグ!-digital good-

そんなレンズの後継機種という事で、既にAmazonのレンズ部門売り上げ1位になっている超人気レンズの「EF50mmF1.8STM」です。

ということで、これくらいの距離で撮影するならばF5.6か、場合によってF8.0位が望ましいかと思います。

ただ、10万円近くする高級レンズと比べると、オートフォーカスが合う時間などが遅く感じました。

後は手振れ補正機能は無いので、シャッタースピードは1/60切ると手ブレしやすくなってきます。

- 「EF50mmF1.8STM」使用レポート!キヤノンの新レンズを早速使ってみたぞ! | むねさだブログ

なぜ即予約したのか? それについては、旧レンズとなるEF50mm F1.8Ⅱから大きな進化を遂げたEF50mm F1.8 STMの実力を紹介することで理由を語りたいと思います。

この「絞り羽根枚数7枚」によって何が嬉しいかと言うと、ボケのある写真を撮る時に円形ボケに近い写真を撮ることができます。

(公式HPより) これを見ると分かるように、EF50mm F1.8 STMの方がボケが円形になっていて柔らかく綺麗な印象を演出できています。

「EF50mm F1.8Ⅱを使ったことのないキヤノンユーザーはいないんじゃないか?」ってくらい多くの方に使われたと想像しています。

- 私がキヤノンEF50mm F1.8 STMを即決めした3つの理由 | ファインダーワールド